FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[日記]伊勢に「半分の月がのぼる空」聖地巡礼に行った話。

おお・・・久しぶりにカテゴリを「半分の月がのぼる空」にするな・・・!
今回はいつもの漫画感想じゃなくて、レポ更新みたいなことをします。

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
(2003/10)
橋本 紡

商品詳細を見る

中学時代に読んで、未だに愛している「半分の月がのぼる空」という作品がありまして、好きすぎて実写映画の撮影にエキストラ参加しにいったりしたんですけども、その「半月」の舞台が伊勢市。
今回は別件で伊勢に行くことになったんですが、しかし伊勢に行くからには半月の聖地行かなきゃだよなと、ふらふら~っとうろついてきたのです。
2度目の伊勢訪問でしたが、今回も非常に楽しかったです。とゆことで以下画像たっぷりレポ。
 

続きを読む ≫

[日記]映画『半分の月がのぼる空』感想。

ネット開通きたああああああああああああああ

今日の午前中に開通工事がありました。
もうある程度PC内も整理しましたし、ほとんど以前使ってたPCと同じ感じに。
ただOSが7なため、XPの感覚でやってるとできないことも結構あったり…。
OS的には進化したはずなのにできないことがXPよりあるって、変な話だ。
まぁこれに慣れていかないとな。

さて、では一発目は
映画版『半分の月がのぼる空』についての感想。
大学入学式が4日に名古屋でありまして、その帰りに行ってきました。一応さらっと感想。






しかしこれ、ネタバレすると完全に面白みがなくなるなぁ…。
というわけでわかりやすいネタバレはしません…すいません。
原作との相違点を挙げていこうにも、そもそも根底から違いすぎ
シナリオはもちろん、キャラの性格もポジションも、名前すらも。

しかしこれが意外にいい

全然違う作品と言ってもいいくらいなんですが
限りある時間、大切にすべきもの、したいもの、淡い恋―――。
上手いこと出来てると思いますよ~。
原作では上手いこと暗喩的に用いられていた「銀河鉄道の夜」が
映画でも非常に効果的な使われ方をしていて、好きな人にはたまりません。
映像的には、ホームビデオで撮影したかのような、微妙なピンボケや揺れ、はっきりと映らない色彩に聞こえづらいセリフなど、意図的でしょうが、一映画として自分は好みでした。
BGMを気にする余裕はちょっとなくて残念でしたが
アコースティックのささやかな、映画に合ったものだったと思います。

夜に伊勢の町を友人とともに走る裕一から映画はスタート。
順調に亜希子さんにつかまって順調に里香と出会って順調にパシられます。
砲台山へ登って絆を強める二人でしたが、(ここらへんから原作から変わる)
そのことで病状を悪化させる里香。医者は裕一との面会を禁止。
会えない裕一に里香が亜希子さんを伝って渡した一冊の本、銀河鉄道の夜。
夢中で読みふける裕一。復帰した里香とセリフを言い合ったりしてラブちゅっちゅタイム満喫。
そして里香は制服をかりて裕一の学校の文化祭にやってくる。
突然のトラブルで台の主人公・ヒロインが裕一と里香になったりと楽しむ2人。
拍手喝采の舞台を降り、余韻に浸る部員たちだったが、しかし舞台裏で倒れる里香。
心臓がもろいため失敗のリスクが高く、医師が手術を引き受けたがらないなかで
東京に手術を受け持つという医師がいるという話がでた。しかし失敗の可能性も高い。
里香は、失敗して死ぬくらいなら、この病院で裕一とずっと一緒にいたい思いがあった。
しかし裕一は里香を送り出す。死を待つばかりではいけないから。
たとえ離ればなれになろうとも、彼女の生を願うから。…里香は決意する。
そして裕一の退院日。真っ白の世界へ踏み出していく裕一と、見送る里香の構図。
それから病院内に戻る里香だが、その様子を見た夏目が彼女を呼び止めると……

こっからがこの映画のミソ、というかトリックですかね。
原作既読者は、まさかこうくるとは、とビックリすると思います。
自分もびっくりして、感動的なシーンなのに超ニヤニヤしてましたww
半月たる根本をひっくり返す大仕掛けです。しかし、なるほど、ともなります。
原作でもポジション的にそんな感じでしたからね(ネタバレはしません)。
持っていき方がすごい鮮やかでした!

さてちょっと不満な点。
なんで脇男性キャラがみんなDQN風なんでしょうか…。
これが今のリアルな若者像、ということでしょうが
ここはやはり、ぱりっと真面目そうな雰囲気でやってほしかった。
夏目と対面するあの少年も、言ってることは最高だし根性あると思うけど
「え、こいつがいうの?」と思ってしまった俺はちょっと捻くれてるかw
山西・司も、なんか妙なことになってて笑ってしまいましたw
でも序盤格好いいシーンもありましたし、結構両待遇。

夏目の慟哭シーン、泣きました。
というか終盤の泣き場面ラッシュ、もうたいへんでした。
みくちゃん(違うかも)も、ちょっとびっくりです。やりやがった。
ベッドの中語り合う所や、ラストの病室シーンも、鮮明に眼に焼きつきました。
エキストラ参加もするくらい映画化にテンション上がってた自分ですが
実は結構心配してました。どんなふうに仕上がってるんだろうと。
見終えた今、それは杞憂だったと言えます。

公開前からネガキャンが絶えない流れだった本作。
たしかに、原作と比較すれば、まったく違った作品になっているとは思いますが
描かれているものは近いように思います。

生きる者を、描いているからです。
あるはずのない、けれどみなが目指す永遠を描いているからです。

いい映画だったと思います。

原作を気にしすぎては集中できないんで、開始5分であきらめるべきです。
そして夏目が出てくるシーンはかなり注目してみると、より楽しめるかと。


以上。
完全版も、ゆっくりじっくりと、読み進めています。

[本]半月、電撃缶詰に里香登場などなど

タイトルどおりです。
昨日は電撃文庫の新刊発売日で、俺が
「はああぁ~今日こそフィアたんに会えるよ~今回は和服おぱんつか~最高ぐひゅひゅひゅ」
とかやりながらシーキューブ9巻を購入し、帰宅したところ、
電撃文庫新刊に必ず挟み込まれているチラシ、通称「缶詰」に・・・

20100310164434.jpg

あっかんべーする里香が!

恐らく映画公開にあわせたものでしょうが、まさかここでも半月新イラストが見れるとは!
これは立ち読みでも見れるものなので、気になる方はチェックどうぞ。

・・・まぁ電撃の公式でも見れますけどね。



もうひとつ。
電撃の公式HPが更新され、来月頭発売の半月完全版の表紙も発表。
http://dengekibunko.dengeki.com/img/sp_img/cover_hantsuki.jpg
見づらいですが・・・真っ白な背景の上に左向きにうつむく裕一・・・でしょうか。
それと見た目それほど厚くないんですが・・・果たして上下巻でどれだけ収まっているのか。
映画見に行った足で購入してこようと思います。
下巻は5月25日発売!



それと先月の電撃MAGAZINEで掲載されたイラストが
クリアファイルになっているようです。
おいおい、俺もう前売り券買っちゃったよ、どうすんの。
ま、まぁ・・・これはちょっと考えておきましょう。もう手元にあるイラストですし。
2枚あっても見に行く時間があるのかなぁ・・・という点で不安でもあります。



山本ケイジ 「わたしの1億」エッセイ
最後にもういっこ。こちらにも書下ろしイラストが掲載されております。
なにやら裕一は里香とのナニカをお願いしまくっておりますが・・・なんでしょうねww
それにしても里香は・・・どこまで純粋なんだ・・・!裕一!隣を見習え!


・・・というわけでここ最近のニュースみたいなのをずらっとやりました。

続きを読む ≫

[本]卒業式だよ! 『電撃文庫 MAGAZINE Vol1.2』

トリビア見て呼吸困難に。やっぱ面白いなー。でも後半失速した感あったかも?
電撃文庫 MAGAZINE ( マガジン ) 2010年 03月号 [雑誌]電撃文庫 MAGAZINE ( マガジン ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/10)
不明

商品詳細を見る

さて毎度遅れ気味ですが今回もご報告。
俺がこの雑誌をとりあげるということは、そこに半月関連があるってことです!

そろそろ卒業シーズンということで
今回のイラストはみんなで卒業式を迎えた様子です!
もちろん我らが主人公も立派に・・・立派に卒業しています・・・!

20100226135804.jpg

⊂彡))Д´)パーン:

20100226135823.jpg

こっちこっち。んーいい笑顔!そしてコイツがいるということは!

20100226140259.jpg

里香もいるよー!!っと。
見開きいっぱいに描かれた大きなイラストですので、完全版を見たい方は購入を勧めます。
忘れてはならないあの初々しい2人もちゃんをいますので・・・!
あれ?なんでみんな一緒に卒業してんの?
なんて野暮な突っ込みはいらないんだ!

にしても、完結してから3年も経つのに、いまだにこうした新イラストが掲載されるとは
ファンからしてもやはり非常に恵まれた作品ですよ、本当に。
映画も楽しみにしています。なにやら後半はオリジナルらしいですが、さて・・・。

続きを読む ≫

[日記]半分の月がのぼる空 完全版発売決定!

ソース
http://dengekibunko.dengeki.com/i/tankobon.html

というわけでメルマガにて正式告知。
前々から橋本さんのブログやらマガジンでのエッセーやらで前フリしていましたが
上下巻構成での完全版リリースが決定しました。

オリジナル版からかなりの修正が加えられるようで、無茶苦茶楽しみですw
しかし全8巻の文庫本をたった2冊に収めるなど、可能なんでしょうか・・・。
いやできたとしても、かなり分厚くなるのでは・・・。まぁ上下巻かはまだ変わる可能性もあるか。
本筋だけをまとめるならば、7,8巻は「雨」以外はスルーできる・・・か・・・?
と、まだ見えてこない点も多いですが、ひとまず発売されることは確実なので
今から発売日を楽しみに待つとします!
それとやっぱりハードカバーだから、ケイジさんのイラストは付かないのかな?
半月においてはやはりケイジさんのイラストがあってこそな部分もあるので
できれば、表紙だけでも書下ろしてくれると嬉しいですね・・・。


しかし・・・上手いな。
ラノベ→ハードカバーサイズの完全版(ここまで確定)→完全版の文庫化(たぶん)
やべぇ・・・稼ぐだけ稼ぐ気だよMW・・・。


続きを読む ≫

HomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。