FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ラグーン5巻感想と色々 

ブラック・ラグーン 5 (5) (サンデーGXコミックス) ブラック・ラグーン 5 (5) (サンデーGXコミックス)
広江 礼威 (2006/03/17)
小学館
この商品の詳細を見る

   「俺はそこで、すべてを見届ける。」

前回「レヴィがおとなしくなった」的なこと書きましたが、やっぱりダメでした。彼女は牙を研いでいただけなんだ。怖いお姉さん路線炸裂のブラック・ラグーン5巻です。
もうムチャクチャですよ。主人公補正が強すぎて笑えてきますね。映画とかでどんな厳しい状況でも絶対に主人公は殺されない、っての。最初からレベル100ですよ。
でもそれが最高。ゲームの無双シリーズみたいな爽快感。強い主人公っていいよね!
5巻前半では4巻で敵だった銀次と共闘。「ガンマンきどり」を二人でフッ飛ばします。
その際、銀次さんは弾丸を剣で斬っちゃます。ベタだ。超ベタだ。ベタすぎて漫画でみるのは新鮮だ。るろ剣か!!と思った。ああ、でもそれがいい・・・!!それを見てゾクゾクしちゃうレヴィ。怖ぇよ姉さん。
共同戦線を張ったものの、やはり敵同士。戦局は銀次、雪緒サイドにとっては辛いものに。
そこでロックの登場。無謀にもボスのバラライカに説得を試み、なんと成功します。「いい悪党になるぞ、・・・お前は」と褒め言葉まで頂いてます。なんという燃え展開。ロック、気合十分だ。
というわけでロックは雪緒さん(敵サイド)を守ろうとし、それが成功した・・・
と、思ったんですが。あちらさんもハイソウデスカとできる状況ではなかった、と。
燃え展開の連続の最後にあったのは、何も守れなかった現実。
そしてそれを夕闇で見続けていく、という決意を固めたロックでした。
というわけで4巻、5巻で長く続いた日本編は「ロック」のための物語。
ただドンパチやるだけが男の格好よさじゃないんだぜ、ということですね。
静と動。銃と剣。黒と白。シブいアクションシーンも今回凄かったです。かっけー・・・。
怖いお姉さん路線復活ですが、ちゃんとロックのこと気にしてあげてるよなぁ、レヴィ。
巻を重ねるごとにレヴィはかわいくなってくし、ロックはかっこよくなっていく。
この巻は敵と味方だけでなく、第三勢力の存在もあったりしてストーリーが複雑だったりしました。アクションはスピーディなのに対し、それ以外の部分が目に見える動きが少なく、小説を読んでいるような気分に。まぁそれが欠点というわけではありません。むしろ僕はOK。
しかし・・・前評判からバッドエンドだと知ってたのにやっぱりヘコむなぁ・・・。
切なく重厚な物語でした。やっぱり好きだわこの漫画。悪役のかっこよさを堪能できます。

「ブラック・ラグーン」5巻 ・・・・・・・・・★★★★☆ 9
この結末は辛すぎる。幸せになってほしかった。でもこの容赦の無さが大好きです。

思ったんだけど、ある程度気に入った作品しかこうして感想書いたりしてないので、この採点制の意味が無いな。まぁその中でも滅多に10点はつけたりはしませんので、そういう目安に。

ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ
戦線スパイクヒルズの7巻にも、JASR○Cについての軽い批判がなされてました。
どこでも煙たがれてるような気がしますねぇJASR○C。しょうがないのかな。
フロンティアワークス制作で「初音ミク」がアニメ化!?
すでに漫画化は確定済みですが・・・アニメってそんな早くできちゃうものですかね?
噂、とのことですが少し期待。学校で黒蜘蛛さんがミクミク言ってるので喜びそうだ。

今日は日記というほどのモノはかけませんが、ちょっと色々ありました。
漣の学校、高校1年は3階にいて、ベランダにいって下を覗き込むと、よく中学3年の男ドモが2階から身を乗り出してるのが見えたりします。
と、今日はなぜかその中3たちは上を見上げる形でこっちを見てました。
んで、俺がいつもみたいにベランダ出て下を見てたら、目が合って・・・・・・
爆笑されました。
それをみた周りのクラスメート男子も大爆笑。
俺は笑うべきなのか分からなかったけどとりあえず笑っておきましたww
まぁねぇ、いきなり豚のような男が顔を出したら笑うよなぁwwwとwww
・・・・・・・・・話は変わりますが、今週の土曜日は校外模試です。
しかし模試模試模試模試やりすぎて、校外模試の重要性というか、緊張感が全くありません。
もうどうにでもなれやー、みたいな感じです。いや、だめだろ常考・・・。
それとなんか同窓会とかなんとかやることが決定したらしいです。結構頻繁に会ったりする人も結構いるんですがね。まぁ当日になったら騒ぎまくってるんだろうなぁと思います。はい。でも会場がカラオケだったりしたら俺パスな。
ではではー。今日もどうでもいいことばっかりでした。

続きを読む ≫

キミキス東雲先生版2巻感想

キミキス-various heroines 2 (2) (ジェッツコミックス) キミキス-various heroines 2 (2) (ジェッツコミックス)
エンターブレイン (2007/09/28)
白泉社
この商品の詳細を見る

   「三ヶ月も・・・離ればなれになっちゃうから・・・」

なんというエロス。しかし、それの上行く可愛さ。表紙いいねぇ。
オムニバス形式で進む恋愛漫画、キミキス東雲先生版、2巻です~。
この漫画、1巻ごとにヒロインがリセットされるオムニバス形式をとっていて。
1冊で1つのシナリオを読みきれて、内容以上にスッキリできます。
幼馴染のお姉さんがヒロインだった1巻。2巻ではサッカー大好きスポーツ少女です。
ストーリーは王道展開。「恋のコーチになって」はなんかもう読んでて「があああああああ」と叫びたくなってくるほどの赤面率。あ、俺がだよ?俺きめぇwwww
絵のむっちり感が凄いですねぇ。どんなシーンでもちょっとエロく感じてしまう。
お気に入りは図書館での勉強シーン。がんばって暴走を抑える主人公。キモい。
ヒロインから受け取ったジュースを間接キスだとうろたえる主人公の表情。キモい。
面白いんだけど・・・主人公がたま~に見せる表情がなんとも言えずに好きになれませんでした・・・。
男からみて、ちょっとムカつく男主人公、っていうのかな。
ついでに女の子たちも。デフォルメ化が微妙におかしくて、たまに「ん?」な顔をしてる時があったり。・・・漣が敏感に反応しすぎなのかもしれませんがね。
内容もこれといってつっかかる部分もなかったです。ゲーム版のラストシーンは大好きだったのですが、漫画版ではアレンジされてて残念。
絵はやっぱりいいんですがね。キスシーンは流石と思いました。
まぁこの漫画はストーリーではなく、キャラ萌えありきな漫画かな。それだけにヒロインの可愛さはもの凄いですよ。キス直前でわたわた慌ててたり。
・・・いやしかし、なんともキスキス連発しすぎて書いてて恥ずかしいぞ、この感想・・・。

『キミキス』2巻 ・・・・・・・・・★★☆ 5
女の子の可愛さはいい。ストーリーには期待せずに。
しかし流石はエロ漫画家。擬音だけ抜き出すとホントにエロマンガですよコレ。

続きを読む ≫

ブラック・ラグーン4巻感想と色々 久しぶりの土曜休みが・・・

4万ヒットしました。ありがとうございます~。お世話になってます。
ブラック・ラグーン 4 (4) (サンデーGXコミックス) ブラック・ラグーン 4 (4) (サンデーGXコミックス)
広江 礼威 (2005/07/19)
小学館
この商品の詳細を見る

   私はな、どこまで地獄の底釜で踊れるのか、それ以外に興味はないんだよ。

変わらぬハードボイルドっぷりで走り抜ける海賊達。4巻では日本に上陸です。
これまでの撃って殴ってぶっ殺すな、お祭り騒ぎっぽさは少し薄まった印象。
日本人ヤクザとロシア人のイザコザに巻き込まれていくお話です。
アクションシーンは少なめですが、これまでのお話の中でもかなり独特の雰囲気を醸してます。
この巻の見所といえば、銀次が敵地に乗り込むところやお譲が友達と別れていくシーンなど、なかなかいいシーンがありますが、レヴィのチャンバラシーンがお気に入り。
これまで「強い女性」として描かれ続けていた彼女が、この巻では明らかに違っている。
ロックの「銃」として大人しく指示に従ったり、ロックのことを気にしてあげていたり。
決して恋愛関係にはなりそうにありませんが、仕事仲間としての信頼関係が強固になったかな。
4巻は5巻に続く「日本編」のツナギとなってますので語る部分は少なめ。
じわじわ盛り上がるテンションが最高。5巻がとても楽しみ。買ったけど未読なのです。

『ブラック・ラグーン』4巻 ・・・・・・・・・★★★☆ 7
つなぎの巻なのでこれくらい。でも面白い。1枚絵も格好よければ動きも格好いい。

ヤフオクで女児ショーツ70枚競り落とした
このスレを喜んでブログに張る自分に泣いた。なんというド変態。
しんのすけ「おらのお弁当がないぞ…」
腹筋いてぇよwwwでも切ないよwwww・・・・・・あー。
アニメ製作者が、アニメの違法アップロード&ニワンゴに問題提起
問答無用でタイーホってのもどうかと思うけど、確かに製作者側からすれば辛いよなぁ。
利用者側の僕がいえることじゃないですが、高いんですよDVD。滅多に買えないよDVD。
でも本当に好きな作品はちゃんと買ってますよ。

校内模試がありました。例の如く華麗に散りましたがそれはもうデフォ。
毎回のようにこの惨状なのでダメージは微々たるものです。
ちなみに化学のテストや数学の単元テストなども続々帰ってきて、そのそれぞれで面白い点数を獲得。いや、笑うしかないよ?だって点数見てその瞬間に吹いたからwww
・・・・・・さて、やっとこさやってきた明日の土曜日休みですが、
数学の校内模試過去問題の追試プリント、あまりにも酷すぎた点数に対して課せられた大量の化学の課題、毎週のように登場する英語の長文プリントと月曜日にやるらしいなんだかよく分からない原稿用紙4枚分の論文?というか主張作文みたいなアレ。と、書いてたらげんなりくる程の量が。やる前から死亡中です。因果応報。しかし俺はめげない。・・・・・・CLANNADを全クリするまではな。
まぁこんな量も、もっとハードな高校だったら毎週なのかね。みんな大変だ・・・。
さてグチだけじゃあつまらないのであとは軽く行きましょう。
・・・・・・と思ったけど軽いもなにもなく、ネタ自体が枯れてました。
書くことないのなぁ・・・・・・。あ、BUMPの新曲出ましたね~、・・・ってトコか。
とことんつまらなくなっていく日記。果たして続ける意味はあるのだろうか・・・・・・。
まぁそこまで暗くはなってませんけどねww
ではでは。

続きを読む ≫

レンジマン5巻感想

レンジマン 5 (5) (少年サンデーコミックス) レンジマン 5 (5) (少年サンデーコミックス)
モリ タイシ (2007/10/18)
小学館
この商品の詳細を見る

   「私だったら、こんな風に笑えるかな・・・」

ふぉおお、きましたよ!個人的にトップレベルの萌え漫画、レンジマンですよー!!
ちなみに表紙は女装した主人公です。誰もコイツになんか興味ねぇ。神は黒髪ストレートにアリ。
少年サンデーに連載されている作品ですが、常に影が薄く、先日打ち切られた作品。泣いた。
内容は戦隊モノですが、あんまりその要素を強く意識して描かれているワケでもなく、そもそもこの作者は本当に戦隊モノを描きたかったのだろうかね、と勘ぐってしまう僕ですが、好きなんですねぇコレが。だってこの作者が書くラブコメが最高すぎるんだ。
この巻では見事にバトルはスルー、一巻丸ごとラブコメってます。分かってますね。
ついに自分の恋心を認め、攻勢に出るヒロイン・風香・・・。しかしそうとは知らない主人公・錬児の手によってまるで女の子として扱われない仕打ちを受け、涙ぐみまくる・・・・・・。可愛すぎるwwww
暴力ばかり振るっていた風香が、こんなにもしおらしく悩みまくる姿は、それだけでグッと来ますね。これがギャップね。う~ん、素晴らしい神展開。初期は惚れっぽい主人公が色んな女の子にアタックして自爆する展開だったので、その延長でヒロインにほれるのかな~、なんて思っていたら、まさかヒロインが主人公を先に好きなるとは。なんてこったい。
そのヒロインってのが黒髪ストレート派の漢達を大熱狂させる素晴らしき娘でして。
まぁ読んでみれば分かるんですが、ソフトツンデレ?っていうのか分からんけどとにかくイイ!!
あと、あんとなく絵柄が変わった気が。アクが弱まったかな。見やすくなりました。
とにかくヒロインの挙動に悶えるがための漫画。心理描写も上手くて、読むのが楽しい。
でもまぁ・・・なんですかね。やっぱり打ち切られたからでしょうか。
展開がとても早足になって来たかなぁと思います。まったりした雰囲気は十分ありますが。
キャラの可愛さはトップレベルですが、漫画としてはちょいと微妙かも。
コマ割とか時々変な気がするし。そこは大ゴマにしとけよ!!・・・みたいな。まぁいいけど。
・・・僕はことあるごとに「黒髪ストレート最高」と書き込みますが、あくまでオプションです。
やはり女の子に一番大事なのは「恥じらい」です。こんなこと大真面目に書く俺超キモイです。

『レンジマン』5巻 ・・・・・・・・・★★★ 6
ついにきましたヒロイン覚醒。でももう打ち切られてしまいました。マジで残念。

続きを読む ≫

電波的な彼女2巻の感想

電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫) 電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫)
片山 憲太郎 (2005/03)
集英社
この商品の詳細を見る

   「大変な誤解ですね。わたしは、主に仕えることを生き甲斐とする常識人です」

「電波的な彼女」シリーズ2巻目の感想~。・・・このタイトル、絶対に何かのパロだと思うんだけど、なんだっけ・・・・・・・。CMかなんかで見たんだけどな・・・・・・。
まぁそんなのは置いといて、今回も前回に引き続き、やっぱり後味悪いお話でした。
1巻の後味最悪な展開も、、読みやすいシンプルな文体もそのまま。
今回は「眼」がキーワードというところ。
30人以上もの幼児たちの眼球を2つともえぐっていく連続事件に、主人公が突っ込むお話。まぁ案の定、犯人捕まえて事件解決!・・・なんて明るいお話なんてなりませんでした。薄暗く、粘っこい、不愉快な事件内容。最低だ。そもそも「幼児の」って前提で何かもうアウトぎみ。色々と。
んで、この作品の魅力は、やっぱりキャラにあるかと。
タイトルどうりの電波っぷりを発揮するヒロイン・雨のインパクトはやはり凄い。
主人公を「主」として、静かに傍らにい続ける。
2巻からの新キャラ、雪姫のキャラもなかなかに良くて、残酷な事件と絶妙なバランス。
1巻ではなんかただ影の薄い主人公って感じに思ってしまいましたが、2巻でやっと立ち位置が見えてきました。外見は不良、性格は中途半端。でも、異常者だらけのこの作品の中で、唯一読者が感情移入することができそうな感じ。
あと、これは完全に個人的な話ですが、・・・作品ごとに「温度」ってあるじゃないですか。それが、漣と完全に一致しているような気がする。この経験は半分の月以来2度目。
さっぱりとしていますが、ドロドロした何かを確実に心に残される作品でした。
実は解決法なんてなかった、という事件の真相は、読んでてホントに嫌な気分になりました。
俺が言うとどうも変な意味に捉えられがちですが、子供は好きなので、マジで嫌。
まぁでも、小説ってのはある意味フィクションと割り切れるから、救いがあるよね。
・・・・・・雨に属性付加でさらなる攻撃力アップに成功したラストシーンにもえた。

「電波的な彼女 ―愚か者の選択」 ・・・・・・・・・★★★★ 8
キャラの立ち具合が素晴らしい。みんな変態。そして残酷。今回も読みやすいです。

HomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。