FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクブレイド1,2巻感想と色々

ブレイク ブレイド 2巻 [Flex Comix] (Flex Comix)ブレイク ブレイド 2巻 [Flex Comix] (Flex Comix)
(2007/09/12)
吉永 裕ノ介

商品詳細を見る

   「100万人に1人の確率で生まれてくると言われる魔力をまったく持たない者―――ね」

ちょっと前に買ったんだけど感想書けてなかった作品。ネット掲載のロボット漫画。
ファンタジー漫画にしては小難しい感じはなく、サラリとした読み心地。
ですが設定などは非常に練りこまれており、深みのある世界観が魅力的です。

ストーリーを要約すると、まさに煽り文のとおり『選ぶべきは国家か、それとも友情か』
国家と友情をはかりにかけ、それに悩む人々の姿と、彼らの乗るゴゥレムの戦いを描いてます。
皆が「魔力」を持つ世界で暮らすライガットが首都に呼ばれ、今や国王となった昔の親友と再会して物語スタート。刻一刻と迫る敵国を率いているのが、親友のゼスであると判明。
親友と敵対する、というのがこの漫画のミソか。高い画力で描かれるゴゥレム同士の戦いも魅力。重量感あってよし、これってアナログで描いてるのかな。すげぇ・・・。
ロボットでただ戦っているだけでなく、乗り込む人間の苦悩がはっきりと描かれてますね。
味方だと信じた人間が敵となり、ライガットの、そしてゼス自身の友達を殺そうする。
国の言いなりになって親友を手にかけていいのかと悩むゼスと、それを迎え撃つライガットの苦悩・・・。2人の心情的な対比がよくできてるなぁと思います。
作画はなんの問題もないレベルで上手いと思いますが、たまに見づらい絵があったり。
ですがロボットアクションは大迫力で、こういった路線が好きな方ならたまらないでしょうw

また、男だらけのムサい状況に花を添える紅一点、シギュンの存在がありがたい。
彼女は国の王となった、ライガットの親友であるホズルの嫁さんであります。しかしそれなのに不可解な描写がいくつか。シギュンが指輪をあえてつけず、ホズルも指輪をつけてないことを強調するシーンもあったり。
20090219191614[1] ステキ人妻ヒロイン。
そしてライガットにヘンなこといわれて早々に立ち去るも、部下の人間に顔が赤くなってることを指摘されます。
人妻ヒロインかわいすぎでしょうコレは。
シギュンとホズルは政略結婚させられたのか?でもシギュンの家は裕福ではないと作中にも言われてた・・・。そこらへん、明かされるときがあるんでしょう。
人妻がヒロイン、それだけでもオラワクワクし(ry

・・もちろんゴゥレムどうしの戦いも、非常に面白い。迫力あるし、頭使って戦ってます。
それに加えて人々の苦悩がストーリーの核となっていて、より戦闘が白熱するのもいい。
出版社自体がマイナーですが、がんばってのし上がってもらいたい作品。
ネット掲載なので、公式をおいておきますね。第一話立ち読み可能ですー。
ふーむ、アニメ映えしそうだなぁ。やってくれないかな~・・・。

『ブレイクブレイド』1、2巻 ・・・・・・・・・★★★★
期待のシリーズ。大胆さと繊細さと、ロボアクションと心理描写と、なかなかに凝ってます。
将来性あるシリーズだと思いますよ。出版社がうまくやれば!



油絵風ハルヒ壁紙
ハルヒなんかは、めちゃくちゃかわいい娘がコスプレしてるみたい。リアルですね。
ふくよかなメイドを集めた「ぽっちゃりメイドカフェ」。外まで行列の人気店
「ふくよか」「ぽっちゃり」・・・。予想を軽く斜め上に行かれてしまったぜ。
俺が言えたことじゃないけどww

黒神1~3巻感想

黒神(1)黒神(1)
(2005/05/25)
イム・ダリョン

商品詳細を見る

   「大丈夫 死にませんよ  私は・・・元神霊ですよ?」

海の向こう、韓国の人が原作・作画担当のちょっと珍しい漫画。「黒神」です。
えぇ、はい。何もいうな。表紙の女の子がドストライクだったことはすでに理解してもらえるだろう。
SF・・・というかファンタジー漫画なのかな。ゲーム製作に熱中していた主人公の前に突然女の子がやってきて、突然やってきた男にその女の子が華麗に殴り飛ばされるところから物語りスタート。その後、その男が放った謎の衝撃波によって主人公の左腕がズパッと切断されます。うぉ、バイオレンスな展開だな。
女の子、元神霊(モトツミタマ)と呼ばれる人間を超越した存在とかなんとかで殴られてもピンピンしてました。
まぁ始めの方のストーリーを要約すればこんな感じ。
・・・3巻まで読んでの感想なんですが、ストーリーがとても複雑ですこの漫画。
専門用語もドンドン出てきて混乱してくるし、敵側の存在も思惑もハッキリしていないせいで、どうなるんだろうというドキドキ感よりも、どうなっちゃうんだろう・・・という不信感が先にたつ。
あと表紙の女の子・クロですが、この娘のキャラのどこかあいまい。
人を思いやるやさしいコなんだということは分かりますが、どうもそれを矛盾させるような行動も見える。
ヒロインの性格が定まっていない、というのは魅力あるビジュアルの効果を活かせてない気がします。
しかしこれは、物語が進んでいけば剥けていくこともあると思いますので、見守って行きたいです。
作画はもう文句なし。バトル描写はすばらしいですよ。「魅せる」バトルが描けてます。
ただ、戦うのがクロなので、基本戦闘中は殴られ蹴られのとてもかわいそうな状況に・・・。
そういうのは置いといても、女の子だとバカにしていた男共がクロにブッ飛ばされるのは非常に快感です!
女の子がボクシングで敵を倒していく、というナカナカに面白いですね。意外性あって、格好いいです。
ワリとクッキリした線の太い絵柄なので、常に緊張感持っているのもいいかも。バトルに関しては非常に上手。ただ、やっぱりストーリーが難点。これがもっとに良くなって「燃える」展開を作ってくれれば、この漫画はもっと面白くなってくれると思います。小難しい単語とか世界観とか置いといて、単純にスカッとするものが読みたいのですが・・・ムリかなぁ。
2巻ラストとかは「うわっ」と思ってよかったけど、あれはちょっと喜べる展開ではなかったし・・・。

『黒神』1~3巻 ・・・・・・・・・★★★
作画に関してはほぼ満点。しかし物語に難アリ。感情移入しやすいシチュ作りをしてほしいかも。

続きを読む ≫

ヒャッコ2巻感想と沙耶の唄の感想と色々

ヒャッコ2 FlexComix (Flex Comix)ヒャッコ2 FlexComix (Flex Comix)
(2007/11/12)
カトウ ハルアキ

商品詳細を見る

   「来い早乙女!! 受けてやるよォォォォ!!」

発売日当日に買いに走ったのですすが、どうもゴタゴタしてて感想かけてませんでした。
2巻発売に伴い、尊敬する漫画評論サイトのみなさんもこの作品のことかいてたり。
だんだんと盛り上がってきている印象のヒャッコ。面白さもあがってきてますよ。
内容としては、高校を舞台にした女の子たちのコメディ。魅力あるキャラが盛りだくさんですよー。
男もチマチマっと出てきてますが、その中でもやはり担任教師の傘先生が最高。
馬鹿みたいに賑やかなクラスに手を焼く、というありがちな立場ですが、あまりにかわいそうww
女生徒も、微ツンデレメガネ、ロボオタメガネ、実は美少女ネクラメガネ・・・あ、この子はメガネじゃなかった。
と、なんとなくメガネ成分が増してきたかな、と思います。
一番好きなお話は、ネクラな女の子が友達を作ろうとがんばるお話。
こういう「イメチェンしてみたら実はかわいかった」系は実にベタなものですが、やはりいいものです。
というかこういうオドオド系のキャラはかなり好きなんですね。ネギまだって本屋ちゃんが一番好きです。
・・・そんなことはどうでもいいな。・・・・・・うん。
この作者、「夕日ロマンス」でも思いましたが、なんかイラストとしてのセンスがいいと思います。
上手い下手じゃなくて(といっても絵が上手いほうだけど)、「おっ」と思わせる絵を描ける人だなぁ、と。
そう思ってwiki見てみたら「第11回 電撃3大賞イラスト大賞にて銀賞を受賞。」と書いてありました。
うへー、本物だったのか。いやでも、漫画もそうとう面白いですよ。
爆笑できるタイプの漫画じゃあないんだけど、ぬるま湯というには少しテンションが高すぎるような漫画。
ザクザクした不思議な絵のタッチは、ヘンに繊細なオタクっぽい絵柄とは違うものなので、そういうのが苦手な人にはお勧め・・・できる・・・かな・・・。
不思議な魅力のある漫画です。1巻のころに比べて、明らかに面白くなってきていますので、これからの成長にも期待ですね。

『ヒャッコ』2巻 ・・・・・・・・・★★★★
ページ数のワリには少し高いかなと思いますがそこは面白さでカバー。のんびりハイテンション(矛盾)漫画。

リトバスの18禁版は「リトルバスターズ!エクスタシー」
え・・・・・・・エく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スタしー・・・・・・・・・だとおおおおおおおおおおおおwww
住人たちの阿鼻叫喚に共鳴する漣です。
ゲームボーイがカラーになるらしい・・・・・
なぁ・・・・・・俺の弟が画面が二つあって折りたためるよくわからない機械でロックマンをプレイしてるんだが・・・。

もうすぐで2007年も終わりですねえ。
そういうえば中学を卒業したのも今年なんだな~、なんかもっと昔みたいだw 順調に年取ってるなぁ~、自分。
話は速攻変わって沙耶の唄について。・・・やっとクリアした~。4日かかりました。
んじゃま、イカさんにならって感想をば。ネタバレ。

グロい。・・・の一言で片付けるにはいろいろと惜しいものがあるゲームでした。
要するにヒロインは、どこぞの宇宙からやってきた謎の生命体だったというお話。
事故によってもたらされた障害によって、人が人ではなく、町が町でなく、全てがくるってみえるようになった主人公のお話。町は生き物の臓物をぶちまけて塗りたくったように見えて、人間はミミズと腐った肉で体全体が構成(触手つき)されてるような風に見えてしまう、狂気の世界。
そんな中、「沙耶」だけが主人公の目に普通に見える。主人公は彼女に救いを求め、愛してしまう。
・・・のがストーリーなわけですが、これがもうグロいエグい気持ち悪いでひどい有様。
主人公が見ている世界をバッチリ画面に示すおかげで、プレイしょっぱなから背景がグログロ内臓内臓。
障害により普通の食べ物がほとんど食べられなくなった主人公。ためしに沙耶が食べてるよくわからないものを口に運んでみると、それがとても美味!というわけで二人仲良くその食べ物を食べ始めます。・・・まぁそれが、沙耶が狩ってきた人間の生肉なんですが。
沙耶への愛と、それを邪魔する友人への殺意を募らせていく主人公。
エンディングはルート分岐して、3つありました。
ひとつめ。主人公がもとの生活を望み、取り戻したあとも、沙耶の唯一のよりどころとなることを決意する。
ふたつめ。友人を犯し、殺し、食す。最後に沙耶は「出産」し、世界は沙耶に飲み込まれる。
みっつめ。沙耶は死に、主人公も死ぬ。彼らを殺した男性は、これからも悪夢を見続ける。
・・・という感じ。
汚いし、醜い。でも、主人公と沙耶の愛のなんと美しいことか。
一番感動したのは、みっつめ。2人の死は壮絶なものでした。こればっかりはヤバいくらい涙腺が震えた。
漣は3,2、1の順番でENDしたのですが、この順番で正しかったと思う。自分の適当な選択に感謝。
序盤で世界と人の醜い部分をさとことんらけ出して、最後にはそれを全部掬い取るようなふたつめのENDが、真のラストとしてふさわしいのかもしれない。でも、ふたりのつながりが一生続くことが確定するひとつめや、死をもって愛を証明するみっつめも、すばらしかった。
感動作にふさわしい作品だった思います。
・・・ただ、漣は、序盤のヤバいグロ展開に引いてしまって、物語にうまく入れなかった・・・。
そこが残念だったかもしれません。ドブ溝の中にひとつだけ咲いたゆりの花。そんな美しいお話でした。
・・・・・・・・・・・でもちょっとエロはいらないなぁこれ。とくに遥関連。そこまではいらないっすww
短編モノですが、心にズシンとくるストーリーでした。BGMもかなり好きです。スリリングで。


ではでは。
そーいや冬休み入ってからぜんぜん勉強してない。

続きを読む ≫

クリスマスなんだけど特に何も感じない

そういえばクリスマスでしたね。まぁ俺にとってはどーでもいいイベントですが(´・ω・`)

さて、今日も何のこともなく本の感想書こうと思ってましたが、「せっかくニュージー行ったんならそのこと書けよ馬鹿野郎」と俺の心の中に住む南さん家の三女が言ったような気がするので適当にゴマかしながら書こう。・・・・・・あ、この前フリはウザかったですね。つーかイタかったですね。まぁそこは今日2学期期末テストと11月の校外模試の成績が返ってきた漣の動揺と思ってご容赦下さい。いや、むしろ死ねば良いよあの成績。

んなワケで、ニュージーランドへ語学研修を約3週間ほどやってきましたよー。
語学研修と言っても、ホームステイして、午前は英会話の勉強、午後はみんなに遊びにいくーって感じ。
10人ほどのクラス編成で、毎日3時間ほど学校に行きました。賑やかで楽しかったですよ。
午後からの遊びは、ジェットボートしたり乗馬したりカヌーしたり動物や買い物や見学に行ったり。
ホームステイ先には60ちょいのおばあちゃんが一人と、アラビアンの男性と、高2の日本人がいました。
その日本人の人がかなり優しくてお世話になりっぱなしでした(´・ω・`)
ちなみにその人、手荷物でエレキギター持って来てたようで、聞かせて貰いましたが、めちゃくちゃ上手かったです。話を聞いてみれば、バンドを組んでて、しかもミニアルバム製作中とか。聴きてぇぇー。
・・・その人とのつながりで、他の日本人の人やタイの人とかともちょっと話したり。
ニュージーランドは割りと日本料理店が多くて、タイの人と、高2の人3人と、黒蜘蛛さんとで行ったりしました。
んで、ナイスギタリストな先輩の友人がよく家に泊まりにきて、そのたび寝かせてもらえませんでした。翌日の学校はフラフラ。あのやろ、自分もフラフラになってたのにムチャしやがって・・・(AA略)
まぁそんな感じで過して、最終日にちまちまとアド交換して、シンガポールへ。
マーライオンの恐るべき・・・というほどでもなかったサイズと海の色にちょっとガッカリしながらレストランへ。
周りの人には不評だったようですが、シンガポールの鍋料理、個人的にはかなり美味しかったです。
しかしこのオマケのようなシンガポール観光、ニュージーランドとの時差によってみんなヘロヘロでした。俺のヘロヘロでした。その最悪の蒸し暑さとあいまって、いい思い出はあまりないですが、でもメシは美味かったですよー。はい。
そこから飛行機で7時間くらいだったか、そのくらいのーんびり過して、日の出みながら帰国。
なんだかんだで家に到着したのが土曜日の昼間だったかな。
研修、ここには書きづらいことも結構ありましたが、楽しかったです。
でも家が一番いいな。日、月で漫画読みまくってました。ふぅ。

・・・とこんな感じ。
今日から冬休みに突入です。・・・・・・読書感想文っぽい宿題まで用意されててゲンナリですが、実はそういうの書くの大好きだったりしますよ漣は。ぐへへへ、何で書こうか。橋本作品か、新海映画のノベル版か・・・。

ってな感じで今日は〆。
得るもの多いニュージーランド研修でした。また行きたいかもね。
ではでは。

続きを読む ≫

鋼の錬金術師18巻感想

鋼の錬金術師 18 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 18 (ガンガンコミックス)
(2007/12/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

   「あれが来る・・・・・・ 明かりはダメだ・・・ 影がっ・・・」

相変わらず表紙のデザインがかっこよすぎるのですこのシリーズ。鋼の錬金術師。
アニメ化してから相当経ちましたが、面白さを維持しつづけてるのは凄いと思います。
18巻では前巻からに引き続き、雪国「ブリッグズ」が舞台。スカーが好きなので、活躍するととても嬉しい。
ホムンクルスでは「傲慢(プライド)」が登場です。まぁ前から居たキャラなんですが。つか表紙みれば想像つkスカーとキンブリーの因縁、傲慢とホークアイの接触、我らがヨキさんの大活躍等、見所は多いです。
また、微妙に人間関係をハッキリさせるセリフが多くでてきた印象かな。
ホークアイの言葉で、ウィンリィを妙に意識しまくるエドや、傲慢との接触で脅えまくっていたホークアイが、マスタングの電話で心落ち着けた時の一言とか。じわじわ盛り上がってきてます。
だんだんと最終章へ進んで行ってる感じがしていいですね。
ああ、それにしても少将がかっこよすぎるんだってばああああああああ男前スギでしょうアレは!
それと毎度お馴染みなカバー裏漫画も今回はとくに面白かったと思います。絶望先生ネタかな?あれ。
ストーリー漫画は長引いてしまうと辛いものもあると思うので、あと2,3年には完結して欲しいかな・・・。
でもハガレンなくなっちゃうと、ガンガン自体がヤバそうだな・・・。ソウルイーターがアニメ化で人気でるかなー。

『鋼の錬金術師』18巻 ・・・・・・・・★★★★
ファンタジー漫画なのにふわふわした部分一切ナシの骨太漫画。相変わらずとても面白かったです。

HomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。