FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

期末試験勉強とアニメ紅の感想

来週は火曜日から金曜日にかけて期末試験。
しかしながらイマイチやる気になることができずにネット漁り・・・。
大体範囲広いわ教科多いわで酷いですよ。なにやれってんですか。

紅の最終回を見ました。
最初っから原作ガン無視状態なアニメでしたが、最終話はさらに飛んでいきましたw原作では紫を救出後、2人でまた日常へ戻る・・・という感じ。アニメでは紫が本家に残り、一族の負の連鎖を内側から断ち切るために戦うという感じでした。つまり2期へ続ける気なんてまったくナシ。原作2巻以降も完全ムシ。カッチリとアニメの中で物語を完結させてきました。
個人的意見ですが、1クールのアニメ作品として見るなら、いいラストだったと思います。
ただやはり原作モノなんですから、もう少し歩み寄ってもよかったんじゃないかなとも。。。ま、オリジナル展開がスベらなくてよかったですが。
あちこちで言われていたとおり、最終話ではところどころ矛盾点がありましたね。「俺はころさない!」とか言いながらその30秒前には本気で殺そうと敵に飛び掛ったりしてましたからねw
いやしかし、大好きなアニメでした。
穏やかで耳に残るBGMもよかったですが、やはりプレスコですね。声優の演技に合わせてアニメが作られているんですが、これが凄くよかった。一体感パネぇ。こういうアニメは初めてでした
紫は真九郎と離れて戦っていくことを決意しましたが、それは少し残念でもあったし、とてもうれしくなった結末でした。というのも、やはり原作を知る人間としては、ランドセルな紫やら「私達は相思相愛だ!」な紫やらを見たかった…!(死ね)けれど、この結末は、物語としては正しいものだなぁと思います。紫の強い意志がひしひしと伝わってきた最後のセリフ合戦はなかなかの見ごたえ。・・・でも、もうちょっと九鳳院の異常性を強調させるべきだった気も。
親父さんに抱きかかえられている紫のシーンが印象的でしたね。少し不安もあるけれど、彼女の未来はきっと明るいものになるだろうと思えるものでした。
しかしその後に続いた真九郎のモノローグ「夢を見たよ・・・」は聞いててちょっと悲しくなっってしまったなぁ・・・。なんかもう一生二人は会えない気がしてしまって。

まぁそんな感じで、まとまってはいませんが・・・紅の感想終わります。
いい作品でした。売れるアニメの王道路線にカケラも乗っかってないような内容でしたがwでも自分は好きですよ。ラストはもうちょっとスッキリできるものにして欲しかったですが、それもまたよし。真九郎も紫も、強くなれました。

ではでは。

続きを読む ≫

疾走する思春期のパラベラム1巻感想と色々

「かのこん」がDVD補正ですんごいことになってるらしい。みてえええええ。
疾走する思春期のパラベラム (ファミ通文庫)疾走する思春期のパラベラム (ファミ通文庫)
(2006/09/30)
深見真

商品詳細を見る

   汝、平和を望むなら戦争に備えよ。

思春期の少年少女が、腕をデッカい銃器に変えてドンパチやるアクションライトノベル。

単純明快、絵になる設定ですね。イラストと、この設定を読んで購入決意。
ただ、熱血というよりはむしろサッパリした作品だと思いました。
まずよかったのは、その読みやすさです。非常に読みやすかったです。ただ、あまりにもスーっと物語が綺麗に進みすぎな気がしました。というか、全体的に淡白すぎたような?wラスボス登場とかもあっさりしてました。ミスリードを誘う流れをワンクッションおいてもよかったかもしれませんね。
あと、タイトルが「思春期」なんだから、キャラがもっとウジウジ悩みまくってた方がいいかもと思います。主人公のトラウマが終盤のキーポイントになっていましたが、これがちょっと拍子抜け。もっと凄いのを想像していました・・・。トラウマを題材にした作品なんだから、もっとドギツいのでもいいんじゃないかなと。・・・ヘンな作品の読みすぎですか?俺。
その他キャラ作り、設定などはいいかと。ヒロインが独特でなおかつ可愛いのは○。バカっぽい娘だなぁw2ch語使いなヒロインってのも新鮮wでもなにやら裏がないようなないような。
文章は先に書いたとおり非常にシンプルで好印象。ただ、もっとじっくり描いて欲しかった箇所もアリ。バトル描写はそれなりで、熱いです。
あと、イラストのクオリティがハンパねぇでござんす。うなじさんのイラストは大好物ww
ツッコミどころをあげるとすると。
「お前のスペシャル・ショットは、そんなにスペシャルじゃない」
復活した主人公がカッコ良く言い放った一言。・・・・・・個人的意見ですが、まったくかっこよくないwwむしろちょっと笑ってしまったwwもっと他に言うことないでしょうか?w
・・・そんな感じの一冊。明らかにシリーズ化を見越した終わり方をしており、案の定?現在4巻まで出ています。面白い!と言い切れる作品ではありませんでしたが、盛り上がりそうな予感はするので、多分2巻も買うと思います。

『疾走する思春期のパラベラム』 ・・・・・・・・・★★★☆
かる~く読めるアクションライトノベル。内容はそこまで軽くないけどw 

週刊新潮、“秋葉原事件の容疑者を「神」と崇める2ちゃんねる”を批判

2ちゃんねるこわいです><
やっぱり怖い「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」が新連載開始
グロ注意。・・・・・・ん~、ちょっとヤリすぎな気もするけど、楽しみです!
 

3人の子を持ち40代も後半にさしかかろうかというのにも関らずニコ厨な我が親父殿がやたらプッシュしてる動画。いいから見てみろと言って来るのでまぁしぶしぶみてみたわけですが・・・なるほど、たしかにかっこいい。でも見てのとおり、素晴らしく過疎ってますwもうちょっと伸びてもいいと思うんだけどなぁ・・・ということで張ってみました。

テスト一週間前になりました。
さすがにそろそろ取り組んでいかないと間違いなく終わるので、更新少なくなります。
んあー、中間終わって3週間くらいしかたってないと思うのにもう期末ですか・・・。
まぁ文句言う前に教科書見とけって話ですがw
ではでは。

続きを読む ≫

とある魔術の禁書目録7巻感想と色々

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈7〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス)〈7〉 (電撃文庫)
(2005/11)
鎌池 和馬灰村 キヨタカ

商品詳細を見る

   「お前の幻想は終わっちまったよ」

なんか最近話題になりやすい禁書目録の7巻。ん~、このシリーズは読み始めるととまらなくなるけれど、読み始めるまでが長くかかってしまいます・・・なんでだろ。いまだに心のどっかでとっつきにくさを感じているのかも知れません。
まぁ自分語りはイタいのでやめて、7巻の内容へ。
今回の新キャラはシスター・オルソラと、ローマ正教シスター集団など。物語のしょっぱなから学園都市を離れ、集団行動に移ります。
これまで上条がひとりで敵に突っ込んでいくパターンが多かった禁書目録シリーズですが、今回はちょっと違うバトルが展開されました。組織戦です。熱いです。
ひとりひとりの決意と情熱がひとつになり(結果的にだけど)教会で集結するシーンとか、もう熱すぎですよ!!やっぱり集団戦は燃えます。インデックスも戦闘に参加し、ステイルや天草式の面々も参加。対するは200人以上のローマ正教のシスター軍団。
三人称の語り口で物語は進んでいくのですが、水が熱されてやがて沸騰するような、じわじわとした盛り上げ方はやっぱり上手い。231P~262Pの流れなんか、読んでてゾクゾクきます。
ラノベだけど、どこまでも少年漫画な作品だなぁと改めて感じました。
しかしやっぱりこのシリーズは難点も多い。
まず専門用語も多く、ギッシリページに文字が詰められていて読みづらい。
伏線をしこんでくるもののつなげ方がおざなりで、こじつけのような印象が残ってしまう。
毎巻新キャラ投入してくるのですでに7巻目にして少々混乱中・・・など。まぁキャラ多すぎな件に感じては、今回の7巻の美琴や一方通行らのように、関係ないキャラは素直に省いてくれているので、一冊の中でゴチャゴチャになるような事態は避けられてます。
それと今までの禁書は「敵にもこうせざるを得ない事情があったんだ」的救いを出してくるのですが、今回はまっとうな悪役が出てきてよかった。モヤモヤするものがなくすっきりできました。・・・まぁちょっとかわいそうではあるけれど・・・。
というわけで7巻でした。もしかするとこれまでで一番面白かったかも?w
別々の組織の立場や考えが明かされ、少しずつ動き出してきました。期待。

『とある魔術の禁書目録』7巻 ・・・・・・・・・★★★★
今回は珍しく集団戦。非常に燃えた一冊。オルソラは再登場して欲しいもんですな。
 
日清「カップヌードル」値上げで売上は半減
「マイフレンド」やら「ニュータッチ」やら、聞いたこともないような会社の激安インスタントラーメンが家にあります。でも旨さはそんなに変わらないかも。焼きそばは日清のが旨いのですが。

「俺なんでこんな物に金使ってたんだろう」と思うもの
ポケモン、デビチル、遊戯王、DMと色々カードゲーム集めましたが、いったん冷めるとすっごく空しくなる。でもたまーにまた集めたくなってしまうのが恐ろしい。

さて、個人的に応援してる作品「ヒャッコ」が10月からアニメ化。
それに伴い4巻には、アニメと同キャストのドラマCD付き限定版4巻が出るとか。
さらに某掲示板で情報投下されたのでこちらも。

631 :作者の都合により名無しです:2008/06/19(木) 21:15:39 ID:pUk/wgug0
今までに入った情報をまとめると、

・10月発売のヒャッコ4巻に初回限定版としてドラマCDが付く
・ドラマCDのキャストはアニメ版と同じく、平野綾 折笠富美子 根谷美智子
・アニメは10月開始、全13話
・脚本は全話富沢義彦が担当
                        こんなところです。

・・・・・・・・平野綾が来た時点で、放送後にらきすたのパクリだのなんだのとネットで叩かれる様子がめちゃくちゃ浮かぶのですが・・・・・・・・・・。そうでもないかな?製作の日本アニメーションさんはワリと硬派なトコらしいので、へんに技巧凝らしたようなつくりにはしてこないかなぁとは思いますが。
ヒャッコの良さといえば、なんともいえないノスタルジーを感じさせてくれる作風だと思いますので、ヘンにOPEDでダンスとかされるとちょっと嫌かなぁと。いや、踊るのが悪いことではなく、合わないかなと思うだけです。まぁ原作からしてちょっとオサレ成分もある作品なので、アニメでもオサレで爽やかな雰囲気が残ればいいかなw
秋以降のアニメには、禁書やらヒャッコやら夜桜やらラインバレルやらと、好きな原作のアニメ作品が揃ってきてるので、情報が来たらめざとくチェックしたいと思いますw
ではでは。

続きを読む ≫

原作CLANNADプレイ感想①

PCソフト、CLANNADの感想①。ネタバレありです。
8,9ヶ月だらだらとやり続けていましたが、そろそろまとめようかと。
ちょっと長くなってしまっているので↓↓↓ 

続きを読む ≫

フェアリアルガーデン1巻感想と色々

フェアリアルガーデン(1) (BLADE COMICS)フェアリアルガーデン(1) (BLADE COMICS)
(2008/01/10)
桜野 みねね

商品詳細を見る

   ごめんね こんなことしか言えなくて ごめんね

(守護月天が非常に有名ですが、個人的には打ち切り漫画であるヒーリングプラネットの方が好きだったりする)桜野みねねさんが、色々と経営がヤバそうなブレイドで現在連載している作品。
心を閉ざした少年×花の妖精のボーイミーツガールです。
妖精であるクレアのキャラは、月天のシャオを大人しくさせたような感じ。
というか結構月天的要素を見つけることができるのですが、非常にシンプルで落ち着いた感じにまとまってるように思います。
この作品は、ぜひとも何度か読み返して欲しい。
最初はただ儚げにしか感じなかった作品の空気が、だんだんと変わっていきます。
僅かに熱を帯びてゆき、しかし切ない感触が増していく。
実に味わい深い作品だと思います。3,4話はそういうのを特に感じました。
みねねさんの作品は、コメディという土台で作品のテンポをよくしようとしてるけど、隠し切れないほんの少しの切なさが滲んでる感じがあって、それがとても好きだったりします。
現実に閉じ込められている閉鎖感とか、言葉に表せない感情とか。
伝えたくても伝えられない、どうればいいのか分からない、あのもどかしさ・・・。
まぁ難しく考えなくても、読んでて非常に癒される作品であるのは間違いありませんw
クレアのかわいさが主人公の心を確実に溶かしていってるのが分かって、読んでてニヤニヤしてしまいますww
・・・と、内容はとても好きなのですが、表紙イラストがちょっと失敗してるかもなぁ・・・。
ただでさえマイナーなのに、地味な色彩で目を引かない!
せっかくカラーが綺麗な作家さんなんですから、もっとドーンと押し出してもいいんじゃないでしょうか。まぁハデハデだったらそれでなんかイヤなんですけどw

というわけで切なげな癒しボーイミーツガール作品でした。
・・・今回の作品はちゃんと完結までいってくれると願ってます・・・。

『フェアリアルガーデン』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
グッと強く惹きつけられるものはないものの、やさしい雰囲気の作品です。


[エロ注意] 女子高生の夏服が見たい!
>>163、197が好きすぎる。脳汁でまくり。一応共学に通ってますが、なんかね。 
「加藤に共感した」と大量殺人予告した少女(17)を特定。書類送検へ
やっぱり捕まりました・・・。やっぱり、分かってこういうことやってるんでしょうか。 
 


ソウルイーター面白かったですねー。
先週と今週の、第一話を除くと一番すきなエピソードだったかも。
マクロスはまだまだだけど、紅も佳境だし、今期アニメは個人的にアタリ多かったなぁ。
まぁマクロスは2クール、ソウルは4クールだし、まだまだやるんですがw
夏アニメはともかくとして、秋にやるアニメがとんでもない量になりそうです。
原作漫画をモトから持ってる作品に関しては、なんとか最後まで見ていきたいと思ってますが、それにしたって量が多い。ちょっとはスルーしないと時間がなくなるかも。今以上に忙しくなるのは分かりきってるし。
さて話変わりますが、最近pixivっていうサイトに登録したんですが。
そこでブラック★ロックシューターというキャラのイラストがたくさんあって、しかもそれが超絶かっこいいのばっかりで、なんじゃこりゃーと思ってたんですが、ニコニコで流行ってるキャラだったんですね。

でも、ケチつけるわけじゃないけれど、やっぱり自分は、生身の人間の声で曲を聴きたいなぁ~って思ってしまう・・・。映像も凄く凝ってて曲調もいいと思うし、バックで跳ね回るピアノとか聞いてるとこりゃすげえwwとか思うんだけど、どうもこの無機質な声がいまだに完全には受け入れられない・・・。だからミクが流行りまくった時期から、ニコニコには行かなくなったのかも。ついていけない感が強くなってきてしまった。なんか叩かれそうなこと描いてますが、俺は古い人間なのですね。
いやいやだがしかしですよ、BRSというこのキャラ、滅茶苦茶好きだわwwwwかっこいい!
あー、やっぱニコニコはどんどん進んでいくんだな~って思いましたとさ。
よし、BRS画像がんばって収集するぞ~。
ではではw

続きを読む ≫

HomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク