FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アニメ]ヱヴァ破見てきました~

20090629231520.jpg

偶然にも休みが月曜日に入り、土日月の3連休。
ぶっちゃけあんまり勉強進まなかった(明日やる、明日やるって)のですが
まぁそんなことよりヱヴァですよ!「破」ですよ!
いかさんが公開初日に観にいったそうで、事前に見所っぽいシーンを少しだけ教えてもらっていたんですが、実際見たらビックリですよ、見所多すぎて。
いかさんも「まさに'破'だった」と仰っていましたが、まさにソレ。
新キャラもメチャクチャ目立っていたし、もちろん新エヴァにも大満足・・・!
というかなんちゅー展開だ。テレビシリーズをガン無視ですねもうww
後半は衝撃的な内容の連続で、是非劇場でこの衝撃と興奮を味わって欲しいなぁとw
「序」は一度見れば十分(というと失礼かもしれないけども)だったのですが
今回の「破」は、せめてあと1回は観にいきたいと思わせられる作品でした!
というか破の内容がコレって、綾波でヒロイン固定って感じですねw
前シリーズと比べると、随分と綾波が「生きてる」なぁと思いました。
あのクライマックスのシーンは、製作陣が出したひとつの答えのようにも感じましたです(あの熱血アニメチックな箇所)。
マリちゃんもかわいかったなぁ・・・キャラデザ的にはすっごいあざといけどw


んで画像右下のは、夏休みに公開される細田監督最新作「サマーウォーズ」前売り券特典。
こちらもとても楽しみですw
今回のヱヴァで予告映像が劇場で流れることを期待してたんですけど、なかったです・・・残念。マクロスFは流れてテンションあがりましたがw



見終わって劇場を出ると雨が降っていました。
急いでメイトに行って季刊エス最新号を確保。今回はこの一冊のみの買い物。
ついでに3階へ行って見たら・・・アマガミドラマCDが売り切れ中・・・。
ん~・・・金銭的に余裕がないので、今回のは見送ろうと考えていたのですが・・・
こういう状況をみると、どうしても手に入れたくなってしまうのが悪い癖です・・・。

んでこっちに帰ってきて、レナウナさん家でふにゃふにゃPS3で7時ごろまで遊んでたら
雨がエラいことになりまして・・・ビニール袋を借りてカバンは守りましたが、傘がなかったので自分はビッタビタになりました・・・帰ったら親が「お前バカじゃん」みたいな目で見てきました。
でもさ・・・雨に濡れながら自転車漕いでると
・・・ちょっと青春っぽい空気に浸れるよね・・・。
まぁ俺が雨ン中で自転車こいでても、ハタからみれば「なんか豚がアホなことしてるぞ、ワロス」って感じですがww 「※ただし」ですねw

続きを読む ≫

[日記]まさかのサイン色紙当選ワロタ

20090625171609.jpg

なんかですね。
ガチで当たってしまったんですよ。

サイン色紙が。

漫画家さんの。

「抽選で一名様にあたる!」ってヤツが。


20090625171819.jpg
やべえええええええええええええええ

超絶マイナー誌とはいえ、まさかホントに当たるとはwwwwwwwww
こうなってしまったからには、どの作品のが当たったのかいやらしく自慢もしたいんですが
現在発売中の雑誌に名前がのっちゃっているので・・・。
流石に見ず知らずの人に特定はされたくないなぁ・・・というわけで
一応、どんな感じか小さく載せてみますが、全部は載せれませんorz
流石にこれでは特定されないでしょうw
大丈夫・・・だよね・・・?
20090625171828.jpg
とりあえず、こんど額縁でも買ってきて家に飾ろうと思います。



ポスター19枚詰め合わせ「神のみぞ知るセカイPOSTERS!」
もう人気爆発って感じですね、神汁。今週号からの新ヒロインにも期待です。かわいい。
ブレイクブレイド 6巻オビに重大発表アリ
うわ、これはまさか・・・・・・。
大事にメディア展開して欲しい作品なのになぁ・・・時期尚早でしょう。
まぁまだアニメ化とは決まっていませんが、「ヒャッコ」「にゃんこい」といった他フレコミ作品のアニメ化発表方法そのままだし・・・。まぁとりあえず
来い!サンライズ!(なんだかんだで期待しちゃってる)

続きを読む ≫

[本]週刊少年ジャンプ 長期連載作品について適当に

そういえば
少年ジャンプを毎週かかさず読んでるのに、まとまって感想書いたことありませんでした。
なんでまぁ誰得って感じですが、漫画の王道、ジャンプについて。
今回は09年30号現在での長期連載陣に限定しようと思います。
適当に書こうと思ったらずいぶんと長文になってしまいましたが・・・。

ONE PIECE

まさに生ける伝説。
550話も連載していて、普通の長期連載なら間違いなくダレているであろうこの時期に、
なんでこんなに面白いんだよと。
特にここ1年くらい、一週先の展開すら読めないという恐るべき状態にw
ここまで続きがきになる作品も他にありませんねww
ジャンプ手に入れたらまっさきに読む作品。
売り上げ、内容、評価の全てが完璧!
まさに日本一売れてる漫画雑誌・ジャンプの看板です。

NARUTO

チビッ子たちを熱狂させるThisIsNinjaManga。
海外人気ならトップにある漫画なんじゃないかなぁ。
ただ、個人的には一部で終わっとけばよかったのにと思っている作品です。
特に一部後半、中忍試験終了後から感じているのですが
バトルに入ると途端にテンポが悪くなるのをどうにかしてほしいw
あと、絵もなんだか嫌にこなれてきてしまった感じ。初期の方がすきですわ。
過去に一度、下書き状態で本誌に掲載されたことがありましたが
そのときの方がよっぽど迫力があっていい絵でしたww

とまぁ悪く言ってしまいましたが
ときたま凄く盛り上がるシーンを描いてくれるんですよね、NARUTOは。
アニメが人気になったころ、自分も例に漏れず大ハマりしておりましたが
ふとあの時の懐かしい感覚を思い出させてくれる瞬間があります。

BLEACH

「なん・・・だと・・・」等の名言で知られる死神漫画。
バトルマンガとしては、いちいち技が大掛かりすぎて全然盛り上がりませんが
キャラの良さ・格好いい構図を組み立てるセンスは抜きん出てると思いますw
卍解シーンなんか、どのキャラのどの刀の姿を見ても「ああ、こりゃカッケぇわ」と感じるw
ギャグもなにげに面白いw
女性人気が高い作品ですが、中2病を患った永遠の少年達にも大人気。
狙ったキャラばかりなのに、それを違和感無く読ませられるのは作者の技かな。
ちなみに好きなキャラはマユリ・コン。

こち亀

なんかドラマ化しちゃうらしい国民的長寿漫画、こち亀でございます。
自分はたま~にトイレで読むぐらいですが、地味に面白いってのを延々と繰り返してきたのがこの作品なんだろうなぁと思います。そうして出来たのが今の地位。
ジャンプの漫画で好きな漫画3あげろって言われたら、今の中高生はたぶんこち亀は入れないんじゃないかな。一応読むし、まぁまぁ面白いと思うけど、別段好きじゃないって人が多数だと思う。
でもこち亀は、もはや載っているだけで効果がある漫画。
今のジャンプを全然知らないオジサンも、こち亀なら知っているわけですよ。
だって彼らが漫画を読んでいた時代にも、この作品は存在していたのだから。
普段漫画を読まないオジサンが、ふと駅の売店や飯屋のレジ横でジャンプを見かける。
「ああ、ジャンプかぁ。そういやこち亀ってまだやってんのかな」
と、手を伸ばすこともしばしばでしょう。完全に推測ですがw
というわけで、連載記録を伸ばすことも大事ですが
ジャンプにおいてこち亀は、なくてはならない漫画なんだろうと思っています。
普段ジャンプを読まない世代にも、ふと手にとってもらえるようなキッカケになるからです。
だからこそこんなに続いているんでしょうね。
そこら辺が、やはりこの作品の凄さなんだろうなぁ。

ドラマ化は正直コケると思うけど・・・。

銀魂

実はジャンプ漫画で一番好きかも知れない・・・。
自分はちゃんと単行本1巻を買えましたが、どうやら当時結構な騒ぎになっていた様子。
この漫画は見所は、作者独特のテンポいい会話とギャグ、多いのに一切カブらずそれでいて濃いキャラクター、そしてときたまシリアス編に入ってみせる彼らの江戸っ子ぷり。
とくにキャラクター同士の会話が秀逸で
虚勢を張り合ってるうちにお互いドツボにはまっていく様子が最高におかしいww
ギャグ編とくらべてシリアス編は叩かれがちですが
シリアス編で出てくる身をよじるくらいクサいセリフも大好きなのですよ俺。
今はもう単行本を買うのはやめてしまいましたが
個人的には、この作品がなくなったらもうジャンプ卒業かなと思っています。
それくらい大好きなのです、銀魂。
老若男女、幅広い読者層に受けるであろう、傑作。
10巻までがピークだと思っていますが、まだまだ面白い。
腐女子がたくさん付くのも納得です。男から見てもカッコいいもんコイツら。

家庭教師ヒットマン REBORN!

格好良い・・・。
センスある画面作りや技、戦う男たちの姿は、確かに格好良い・・・。
ただ、いまだにムリヤリ人気取りに行った感が払拭されていない漫画ww
好きな漫画かと聞かれれば間違いなくNOです。
別に腐女子向け漫画を嫌っているわけではないんですが・・・どうにもこの作品は・・・。
初期のギャグマンガ路線をリアルで見てきているので、どんなに今シリアスな展開になろうとまったくハマりこめません。
リボーンが赤ん坊だと言う点も、緊張感が薄れる要員になってる気が。
世間的には人気はありますし、しっかりと読めば面白いかもしれませんが
現状自分の中では「イマイチな漫画」です・・・。
キャラはいいと思うのに、なんだろうこのスベってる感じ・・・。

D.Gray-man

昔は一生懸命コミックス集めてたなぁ・・・w
最近だともはや週刊連載とは到底呼べるものではないペースでの連載をしているDグレ。
ジャンプというよりむしろGファンタジー的な、中性ヨーロッパを模したガチファンタジーですね。
連載初期から新人離れした画力を発揮し、1巻発売時点ですでに相当な話題になっていた作品です。アニメもひっそりとですが良作として終了し(たらしいけど見てません)、ジャンプの主役とはいかないにしても、相当良い地位を占めている作品かと思います。
ですが、どうにもここ2年くらい、連載ペースが激落ちしてしまってますねw
モトから好きだっただけにこのペースダウンには少々がっかり。
さらにレベル4登場以降、それまで以上に展開が迷走している感じもあります。
この作品は絶対に長引かせずに終わらせるべきものだと思いますので
気持ちの良い終わりをむかえてくれるのをただ祈るばかりですw
週刊連載がキツいなら、SQ移籍なり月イチ連載化なりすればいいのになぁ。

あと髪が短くなってからのリナリーが微妙だって言うやつ、前でやがれ。
・・・教団ぶっこわれてからのリナリーは可愛いんだぞ、ボブっぽくて。

ToLOVEる

おっぱいおっぱい。
最近めだかボックスなんて、コレとスケットダンスを合わせたような漫画が始まり
存在が危ぶまれている気がしなくもない、ジャンプ伝統のエロ漫画枠w
かなり過激な脱ぎっぷりを披露してくれて大好きな作品ですが、ネチっこいいやらしさはほとんどなく、少年漫画としてのさじ加減は上手いこといってるんじゃないかなと思います。まぁ十分エロいんですけどw
しかし、最近なんかは特に掲載順位が下がってきていて不安ですね。
今後とも、思春期の少年達のハートを掴んで行って欲しい作品。

ただ、前作の黒猫キャラをそのまま持ってくるのは、ちとなぁ・・・。
ヤミちゃんは良かったけど、トレイン・・・。

ピューと吹く!ジャガー

ジャンプの最後尾を守り続ける長期連載。
何気に01年から連載しているんですねw
ネタにアタリハズレのある印象ですが、ハマるときはマジで噴出してしまうくらいに面白いw
色んなタイプのギャグ、絵柄で漫画がかけるし、読みきりの時に思ったけどこの人ホントはすっごい絵が上手いんですよね。でもジャガーはおちゃらけて書いてる。
もちろん面白い作品なんですが、それ以上にそのスタンスに高感がもてる作品。
ベテランの余裕もあるけど、チャレンジ精神旺盛というか・・・
まぁそんな感じ。たまーに読むの忘れるけど・・・orz


というわけで長期連載作品について触れてみました。
近いうちに全作品・・・はムリかもしれませんが、好きな連載に関しては記事作るかも。
だれも期待してないだろうけどw



劇場アニメ「劇場版マクロスF 虚空歌姫」が11月21日公開決定
これまたキツい時期に公開するなぁ・・・orz
いぬ×ねこ画像ください!
たまりませぬ。

続きを読む ≫

[本]うさぎドロップの悲劇

何気に11万ヒットしました。ありがとうございます。
もうすぐブログ開設から丸3年。
知り合いから「いつまでブログやんの?」と聞かれましたが・・・やめる理由がないw



あああああああああああああ!

俺の「うさぎドロップ」1巻が・・・

20090621234026.jpg

こんな姿にorz

もとはと言えば
何気なくおいた先にコーヒーがこぼれていないか確認しなかった自分が悪いんですが・・・
これはかなりショック・・・。
うさぎドロップの表紙は、多く流通しているコミックスによくある表面をツルツルに加工した紙ではなく、紙っぽい手触りをあえて残しているものです。
よって、一度コーヒーがついたら2度と戻らない・・・。
がんばって拭き取ろうにも、拭いているうちにボロボロになってしまいそうで止めました。
「どうしてこうなった!」と泣きながら踊りだしそうでした。

20090621234209.jpg

しょうがないので1巻を買いなおしてきました。(おい
漫画とは言え、学生にはイタい出費です。
今後は気を付けなければ…。
ちなみに汚れてしまった方はリビングの本棚に寄付しました。

続きを読む ≫

[本]惑星のさみだれ7巻 感想

さみだれ7表紙惑星のさみだれ 7

   ヒーローになるチャンスだ

ドラマCD化もされて波に乗ってる「惑星のさみだれ」。「わくせい」じゃなく「ほし」。
ホントだったら購入後すぐにでも感想を書こうとするほどに大好きな作品ですが
アワーズの感想を書くとき、さみだれのところは特に力が入ってしまうので
いまさら書くこともないんじゃないかなぁ・・・と思っていました。
思っていたんです、発売からしばらくたってまた読み返してみると
もう面白すぎて「感想を書かないわけにはいかねぇな」となり、こうして書いていますw
この面白さを上手く伝えられないことがもどかしくて悲しいです。

さて、上にも書きましたが、各話の感想は毎月のアワーズ感想でやっているので
詳しい内容は→のカテゴリのところの「本の感想 雑誌」からです。
一度書いたことをまた長々とやるのも微妙なので、今回はこの7巻というひとつの流れの中での見所についてつらつらと。

まずは、これは欠かせないでしょう。夕日と三日月の再戦です!
死亡した天才・半月の騎士の願いにより技を受け継いだ夕日。
にも関わらず彼は3巻後半で、半月の弟である三日月に完全敗北しているのです。
「半月のようにならなければ」という焦り。天才の技に頼り切った戦い方。
思えば黒竜をめぐって白道さんと戦ったときも、彼女にフルボッコにされてましたね。
一巻末で半月たちにも、その戦い方が攻められていました。
・・・メインの泥人形戦ではそれなりに活躍しているので忘れがちですが
これまで対人戦では負けっぱなしだったんですね、主人公の夕日は。
ところがどうですかこの7巻はww
結末は言いませんが、もうアツすぎですよこの回は!
1巻の頃の夕日とはもう別人です。
多くの騎士と出会い、死に触れ、強さを知った彼は、ようやくひとつ壁を打ち破ったのです。
これまでを思うと、涙が出てきそうになるくらい感動的なシーンです・・・。

そして後半は完全に太陽サイドに物語は移ります。
前半で夕日が「大人」として成長したとすれば、後半では太陽が「大人」を知るエピソードです。
さみだれ7
ここを読んだとき、ゾワッと一気にトリハダがたちましたw
あまりの展開のアツさからかか、キメ台詞の恥ずかしさからかはわかりませんがw
7巻の副題は'大人'です。
大人が目指す「大人」。子供が目指す「大人」。
大人ってなんだろう、なんてヤボなことは聞かずとも分かるでしょう。
半月が語った「大人像」は、彼が死んでもなお彼らの中に引き継がれているのです。
いろんなサイトさんでも触れられていることですが
この作品のテーマに一部に、「大人」と「引き継がれていくなにか」があると思うのです。
これだけ青臭いテーマを、これだけ熱く読ませてくれる限り
まだまだ自分はさみだれファンであり続けると思いますw
水上先生の作品はほかに「サイコスタッフ」しか持っていませんが、もっと集めたいw

「惑星のさみだれ」7巻 ・・・・・・・・・★★★★
面白いなぁとしみじみ。普段こういったマイナー漫画を読まない人たちにも
どんどん読んでほしい傑作です。終わりも近そうだし、集めるなら今ですよ~。

続きを読む ≫

HomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。