FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[漫画]毛を巡る暴走思春期じょりじょりラブコメ『スイートプールサイド』

スイートプールサイド (少年マガジンコミックス)スイートプールサイド (少年マガジンコミックス)
(2011/08/09)
押見 修造

商品詳細を見る

    …太田くん…剃ってくれない…?

押見修造先生の「スイートプールサイド」全一巻。
去年の夏に出ていたんですが買っておらず、今更ながらに読了。読んだらこれがまた面白いんだ・・・。「惡の華」にドハマりしてるのでこちらも早くに読んでおくべきだった。
「惡の華」と内容の繋がりはありませんが、雰囲気が通じ合うものがあるかも。
こちらも思春期の男の子と女の子とグラグラする心理描写が魅力的。
しかしジャンルがよくわからない。これはなんだ・・・剃毛ラブコメ?



体毛が薄いというか無いことが悩みの中学生・太田。
彼と同じ水泳部で同級生の後藤は、逆に女の子なのに体毛が濃いことが悩み。
ふとしたきっかけで後藤の秘密の悩みを知ってしまった太田は、ときどき学校で後藤の体毛を剃ってあげるという謎の関係性を築きあげる。

スイート

毛が濃い、なんて女の子にとってはきっと誰にも知られたくないプライベートすぎる大問題。
しかし相手のほうから「私の毛を剃って」と頼まれるこの意味不明な、でもすごくワクワクしそうな物語のスタート地点。
女の子の毛を剃るというのも、彼女の身体に触れるというのにも、刺激が強すぎる行為ですよ。思春期男子の心臓は爆発寸前というヤツです。
その興奮たるやこうした文面だけでも相当なものだけれど、本作は漫画としてそこの描写をじっくりやってのけているのでもうドッキドキしまくり。今まで味わったことのない興奮にゾクゾクしつつ没頭する少年もうまく描かれています。
この青くささ、照れくささ、そしてスパイスのようにきいた罪悪感、いい雰囲気だ。
見てはいけないものを見ている。してはいけないことをしている。それを自分だけは許されているというのは・・・なんだろう、「なんかエロい」。
通常有り得ないシチュエーションだからこそ、禁忌的で甘美な興奮がありました・・・。

スイート2


まぁそういういい興奮だけでなく、女の子に生えるワキ毛をみてごっそり萎えまくる主人公の描写にもありましたが、そういうショックを受けるのも、そこからの少年の成長へつながる。
成長というか、マニアックな性癖を開花させかねませんが!

「毛の悩み」を軸に展開していくのも、思春期らしくていいなぁ。
体が大人になっていくこの時期、みんながみんな多分気にしている。「自分の体って、どこかおかしくないかな?」と。子供の頃からの明確な体の違いって、たしかに、毛だ。
だから「毛のコンプレックス」という要素だけでも、この時期特有の悶々とした感情がうまく閉じ込められているというか、象徴的に描かれている。昔を思い出していろいろシンクロするなあ。
加えて主人公・太田が得る興奮は、実に思春期らしいときめき。
女の子の身体。自分より先に迎えている第二次性徴。
主人公にとってふたつの未知が、眼前にあるという事態。それが彼に恐ろしいくらいのドキドキを与えるんですね。

それを踏まえてのラストも素晴らしかった。思春期の少年少女の背中を押す。
陰毛を綺麗なものとして、剃らないことを選択した印象的な結末は、「大人になることに怯えなくていい」と言っているかのようで。
変化を受け入れれればいいんだ、という優しいメッセージが込められているように感じます。



そういえば、女の子たちって中学生のころ毛の処理ってどうしてたんだろう。
昔は当然生えてないもんだと思っていた俺も、今は色々察せるようになりましたので、これは純粋に学術的興味です(キリッ
という訳でそんな作品です、「スイートプールサイド」。
思春期を描いた作品が大好きな自分はジャストミート。これだよこれ!言葉に出来ないような、得体のしれない興奮に胸高鳴らせる感じ!大好物!
毛がテーマの作品ということでかなり独特ですが、しかししっかりとそれを生かした作品であり納得させられます。単なるアイデア先行のイロモノではない。
そしてこんなことやっておいて、ちゃんとラブコメになってるというのもすごいなw

あとがきにもありましたが、思春期には「なんかエロい」の「なんか」が大切なのかもしれない。そういう正体不明な、でも本能に直接訴えかける何かに戸惑いながらも飲まれていく様子というのは、やっぱり自分のツボらしいです。
現在の押見先生の絵柄とはまた違っていますが、この時から作風は確立していたのだと分かりますし、絵も悪くはありません。むしろキャラ絵とか十分にかわいいくらい。
表題作ともう一つ、「超常眼球 沢田」という作品も収録。
これも思春期の性欲丸出しでとても楽しめる。全力でバカやってるなぁとw
一冊トータルでとても楽しめました。思春期漫画が好きな方なら。

『スイートプールサイド』 ・・・・・・・・・★★★☆
かつてヤンマガで連載された押見先生の連載デビュー作。未体験の興奮!

[漫画]乳に幸あれ。『揉み払い師』3巻

揉み払い師 3 (少年サンデーコミックス)揉み払い師 3 (少年サンデーコミックス)
(2012/03/16)
空詠 大智

商品詳細を見る

   俺はプロだ。揉むべき乳は揉む!

「揉み払い師」3巻が出ています。
サンデー流「To LOVEる」かなと思う積極的なエロ描写をシリアスギャグに放り込んだ作品。3巻はストーリーが盛り上がりましたが、同時に乳揉みもヒートアップしまくりでしたな。
しかしオビにも単行本説明にも本編にも書かれていませんが、ここで一旦の区切り・・・みたい。
まぁ打ち切りというわけでもなく、「週刊の企画準備に入る」ために揉み払い師の連載がストップしているようです。HP まさか週刊に移転するのか・・・この作品が・・・?

まぁ感想でも、って感想と言ってもだいたいやってることは1巻から変わらないので、もう書きたいこと書きつくしちゃった感じですね!ということで今回さらっと行く感じ。

おっぱい揉んで問題解決!期待の新シリーズ 『揉み払い師』1巻
揉むだけじゃない!おっぱい舐めて除霊だ! 『揉み払い師』2巻



第9乳から第12乳の4話を収録。前半はいつもどおりの1話完結のおっぱい揉んで人助け編、後半は小波の失われた記憶に関係するエピソードに入っていき、物語はクライマックスに向かいます。
一応の一区切りを迎える一冊ではありますが、内容はいつもどおりなので一安心。
読みながら「ひでぇ漫画だなー」とツッコみながら楽しむ作品で、その魅力を失わぬままむしろアクセス踏んでラストにまで突っ込んでいきます。

様々なタイプの女の子、様々なタイプのおっぱいと向き合い活動してきた主人公・小陰。
第9乳はこれまで意外となかった2人同時除霊で魅せる一話。お気に入りです。
2人ともサイズはやや控えめ。2人一緒に高まっていく様子にごちそうさまですと。

揉み1

空詠先生の描きたい乳揉みシーンを実現させるための物語、とも言えるであろうパッション溢れる本作ですが、今回もやたらと力が入ってて笑うw
「2人の感覚をあわせなければ払えない」とかなんとか理由を作って姉妹をふたりとも脱がしてしまうあたり、実にこの作品らしいアグレッシブな押しを感じますね!

今回も色々と笑わせてもらいましたが、この作品のポイントである「シリアスな笑い(バクマン。風に言うなら)」が一番輝いていたのがこのシーンかもしれない。

揉み2

「お前は逃げろ。いいから行け!」(胸を揉みながら)

こんな謎すぎるシチュエーションが当然のようにシリアスに繰り出されるのがこの作品。
最終話なんて、20ページにもわたって実の妹の胸をいじくり倒すという壮絶さ。
少年漫画としてはどう考えてもやりすぎな感じなんですが、まぁToLOVEるとかもタガが外れすぎてますよね。でもこんなのが少年誌のお色気漫画スタンダードになられても困るというかw
でもこういういかにもネット層に面白がられそうな作品が、いまいち話題になっていなかったというのもなかなか寂しいかも。ネットで受ければいいというものでもないけれど。
ともかく、この作品らしい最高にバカっぽいラストを楽しませてもらい、満足。



そんな「揉み払い師」3巻。一応、一区切り。
一見ちょっとシリアスな状況において、「おっぱいを揉んで除霊する」とアホとしか思えない要素を入れることで自分からチャカしてみせる作風が好きでしたねえ。
セリフ回しも秀逸で、いちいちニヤッとさせられますよ。
今回で好きなのは「俺はプロだ。揉むべき乳は揉む!」。なんだこの潔さ。
頭からっぽで楽しめる作品でした。深みはそんなにありませんが、それでいい。

それで、これからどうなるかですねえ。
3巻のオマケページには、その他の払い師が何人か掲載されています。
連載に使えそうなアイデアをこうして放出するということは、週刊用に動いている企画というのは「揉み払い師」ではないのかもしれない・・・?
ただ、最後に出ている「もう1人の揉み払い師」が今度の主人公になる可能性もありそう。
今回の3巻で小影たちの旅は一旦の収束を迎えますし、主人公交代が有りそうな線か。
なんだかんだで気に入ってしまった作品なので、どう展開していくか楽しみです!

『揉み払い師』3巻 ・・・・・・・・・★★★☆
第一章完結、という感じ。こんなに壮大な乳揉みシーンもそうそうお目にかかれない。

[日記]まどか☆マギカ展in名古屋に行ってきた。

まどか☆マギカ展に行って来ましたよ!!!

まぁこのイベント、もう終わってしまっているんですけどもね・・・(25日までだった)。
3月24日に名古屋に行きまして、お昼ごろからイベントに参加しました。
どうせなのでなんかレポート的なものでもと。
写真いっぱいありますけど性能ショボい携帯カメラなのでつまり画像もカス。
かなりざっくりとしたレポート的更新に。

続きを読む ≫

[漫画]近くて遠いせなか合わせ 『せなかぐらし』2巻

せなかぐらし (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)せなかぐらし (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2012/03/12)
カザマ アヤミ

商品詳細を見る

   どうしよう 可愛い…

カザマアヤミ先生の「せなかぐらし」2巻が出ています。
前回に「ひとりみ葉月さんと。」1巻で更新したので、どうせなら続けてこっちもと。
今度はちゃんと表紙で顔が出たよ!やったね巡くん!そして菓奈ちゃんのふとももが相も変わらず眩しい。今度は裏ふともも!カバー裏のオマケ漫画には笑わせてもらいましたw
さて、では2巻の感想にでもー。1巻の感想はこちら。



戸惑いながらも距離を縮め、良き隣人として絆を深めていったのが1巻の内容。
ただし主人公・巡はそれだけでない感情を抱きつつもある・・・といった具合で、ラブコメとしてニヤニヤできましたが、まだまだ破壊力あるイベントを温存している感はありましたよ。
しかし続くこの2巻。キましたよ、キましたよ!ラブ盛り上がって来ましたよ!明らかにラブ>コメ。待ってましたと叫びだしたい展開がぞくぞくと。
いろいろとモメたり悩んだりしていた2人でしたが、そんなことを繰り返してたらどんどん近づいて、そして相手が気になりだして・・・と。

せなか3

こんなうれしいこと言われたらねえ。そりゃ落ちるというものか・・・!
菓奈としてはそこにはなんの裏もないセリフでした。彼女は恋愛的な意味では巡を好きにはなっていないし。けれどこのセリフからにじみ出る全幅の信頼。
1巻の最初のころを思えば、「ここまで来たか・・・」とある種達成感w
もとから彼女を女の子として意識しまくりだった巡も、この回くらいから完全に自分の気持ちに気づきだし、悶々とし出します。
まぁねえ、ラブコメは相手を意識しちゃってしょうがなくなってからが本番ですよ!
さて一方の菓奈の方はというと・・・

せなか2

こっちも深まってる!深まってるぞー!
ある程度お互いの気持ちが恋愛的にあったまってきて、更に美味しくなって来てますな。
菓奈も2巻から巡のことを意識しだし、またなんで自分がドキドキしちゃってるのかも分からないような様子も見せています。恋に戸惑う女の子というのもまた素晴らしい!
2巻ラストの第14話を読んでる時の俺のテンションと言ったら、何だったんだろう・・・。



ラブコメ的な盛り上がりも素晴らしかったわけですが、作品のメインテーマでもある「背中合わせ」、そしてガラス越しであるシチュエーションの見せ方も光っていたと思います。
部屋を隔てる壁がスケスケのガラス、という奇妙な生活をスタートさせた2人。
だからこそ普通じゃありえない接近の方法ができてそこにドキドキさせられる作品で、でもどんなに近くてもガラスで見えてしまっていても、2人の間には壁がある。

せなか

いろんな場面でこういうガラス越しの2人が描かれます。もどかしい距離感を何度も意識させられてしまう、いい要素ですねえ。
なんでも見えてしまう開放的なものに見えて、お互いの気持ちや表情をこっそり隠しもするガラス。そして14話でもありましたけど、ふと近づきたくなった時には、1人だけの気持ちではそれを許さない壁としても立ちはだかる。
そういう意味で、やっぱり今回の第14話の展開は興奮するしかたなかったw
第2話では「お互いあそこを絶対に開けないってことでどう?」と菓奈から提案したのにね!
こんな場面ではあるけど、開けてしまったらこれからどうなるんだろうなーという興味も。盛り上がりすぎて歯止めが効かなくなったらどうするんですか!いけませんよそこはきららフォワードです!
というか、お風呂上がりの女の子とこんな距離感で会話できちゃうシチュって犯罪的に魅力的なんですけど!

しかしガラス越しというのはやはりステキなものだなぁと。
近くて遠い。ガラス越しだからこそ気楽に背中合わせができるってこともあるだろうし、でもガラス越しだから触れられないってのもある。
それまで特別抵抗なくガラス越しに背中を合わせていても、ガラスがないと背中をあわせるのにもビックリしちゃって緊張しちゃってドキドキしちゃって(第11話にて)。
これだけいい見せ方をしてくれる作品なのだから、これから先にどうこの設定を生かしたイベントを描いてくれるのか、楽しみ。



そんな「せなかぐらし」2巻。
完全にスイッチ入ってテンション上がりまくる一冊でしたよ!
相手を好きになってから、恋心持て余しちゃってもうどうすりゃいいんだーみたいに悶絶してる人たちを見て自分も悶絶するのが1番楽しいですな!うん!
1巻の時点ではまだまだ途上段階だった2人の関係も成熟し、しかしここからどう揺らいでいくのか分からない段階にやってきました。3巻でも身悶えするような展開が来るだろうな。
しかし欲を言えばもう1話収録してほしかった。こんなところで半年くらいお預けなんて・・・ツラすぎる・・・!!(なら雑誌買え
そうそう、巡にお礼言われて照れてしまう恵麻ちゃん(妹)もたまらん可愛さ。
それに煎餅アイスは気になるな・・・。ググったら本当にヒットしましたが。
まぁともかく、ガラス越しの半同棲ライフ、盛り上がってまいりました!しかしこの生活にもタイムリミットがあって、それが迫りつつもある。さてここからどうなるか。

『せなかぐらし』2巻 ・・・・・・・・・★★★★
主人公もヒロインも2人揃って悶々しだして自分も笑顔。後半からの気分の盛り上がりが異常。

[漫画]25歳の、はじめて。『ひとりみ葉月さんと。』1巻

ひとりみ葉月さんと。(1) (ガンガンコミックスJOKER)ひとりみ葉月さんと。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2012/02/22)
カザマ アヤミ

商品詳細を見る

   恥ずかしいの やなんだってば…

カザマアヤミ先生の「ひとりみ葉月さんと。」1巻が出ています。
僕らを狂乱の渦に巻き込んだこっ恥ずかしい恋愛オムニバス「はつきあい」
その「はつきあい」から飛び出した新しい連載作品が今回の「ひとりみ葉月さんと。」。はじめてのお付き合いというテーマは変わりませんが、尺が長くなるので単独作品にしたという感じか。
基本1話完結だった前作とは違い、本当にじっくりと「はじめてのお付き合い」が描かれていく本作。やっぱりニヤニヤしちゃうんだよなぁ、カザマアヤミ先生だもの。みつを。



葉月さん25歳!恋人いない歴25年!OL!
「だって一人が楽しんだもの」でソロライフ漫喫しまくりな葉月さんです。なんだろう、すごく他人ごとじゃない。そんな彼女に妹さんがいきなり男の子を連れてきました。

葉月さん3

いきなりすぎる!
「とりあえず恋しちゃえばいいんじゃない」的に相手を連れてきて、そして流れるままにそのまま二人っきりになってしまう葉月さん。
交際相手(会ったばかりだけど)の男の子は幸丸くん、17歳。
恋愛経験はないらしい彼に、葉月さんはついつい大人ぶってしまいます。
色々知ったかぶったり、大人の余裕をムリヤリ演出してみたり。
慌ただしく初交際をスタートさせた葉月さんをニマニマしながら見守るってのがこの作品のメイン。はー、大人な女の人がバタバタしながら「お付き合いってどうすればいいんだろう」とか悩んでる姿とか実にオイシイですよね。


「ドキドキして心臓に負担かけたり、恥ずかしい思いするなんて、そんなの正直 めんどいっ」と実に共感してしまうモノローグをオープニングから披露してくれた葉月さんですが、彼女は交際を通じて明らかに変わっていきます。
最初こそ大人ぶって恋愛上級者のフリをしだしてしまいましたが、ボロが出ちゃってどうしようもなくなり、これが初めてのお付き合いだと告げてからが、本当のはじまり。
というか、この25歳かわいすぎな!情けなくなって泣いてしまう不器用さ。

葉月さん2

最初にも書きましたが、「ひとりみ葉月さんと。」では「はつきあい」では出来なかったことも多分に盛り込まれています。初々しい2人が織り成す物語が、実に丁寧に描かれていきます。
突然付き合いだす馴れ初めこそ性急なものでしたが、だからこそか、2人の絆を深め方は見ていて微笑ましい限り!
ちょっとずつ、恋愛濃度の高いイベントが増えて行くんですよね。
だから最初から強いインパクトがあるわけではないかもしれませんが、読み進めるに従って心にしみる。どんどんこの2人を好きになる。そして1巻のラストではテンション最高潮に。
本当にはじめてのおつきあい。何度も会って、何度も話して、そのたびに深まっていく気持ち。
それをお互いが実感しながら進んでいくお話。ああ、もう、なんて微笑ましいのか!!!
ジリジリと心が近づいて、飛び上がりそうなくらい緊張したり、爆発しそうなくらいにドキドキしたり、これまで味わったことのない興奮を味わって顔真っ赤にして。
かわいいなあかわいいなあかわいいなあ!って風にゴンロゴンロしてしまいました。



ほか、個人的に嬉しかったのは「はつきあい」9話の市ヶ谷さんが再登場したこと。
葉月さんと市ヶ谷さんは勤め先が同じという設定で、「はつきあい」を先に始めた先輩として、葉月さんにいくつかアドバイスを送ります。
市ヶ谷さんは個人的にもかなりお気に入りだったキャラなので、再登場は非常に嬉しい!
そして微笑ましいのは、恋に不慣れな女性同士の、初々しい感動にあふれたコイバナってヤツでございますよ!こっちが照れますわね!

葉月さん4

市ヶ谷さんも順調にお付き合いを続けていることも伺え、更に嬉しいわけです。
「ね、ヘンなの」「もう大人なのにね」のラストに心震わされたので、彼らが未だにきっとこっ恥ずかしい中学生みたいな恋愛をやってるかと思うと、「もいっちょ市ヶ谷さんメインで!」と気分も盛り上がってくるわけですが、それを言い出すと俺ははつきあいヒロインそれぞれで長期連載読みたくなるのでどうしようもないね!話ズレました。
ともかくそんなわけで、市ヶ谷さんの魅力も炸裂してるので、当然のことながら「はつきあい」ファンもオススメというわけです。



歳の差、不器用な年上女性とかわいい要素が合体した、ウブすぎるラブコメ作品。
大人なのに落ち着きなくて子供っぽくて、子供がするような恋模様を繰り広げて・・・葉月さんを見てるだけでこっちもニヤニヤしながら悶絶するってぇもんですな。
最初「恥ずかしいからイヤ」と恋愛を遠ざけていましたけど、読み終えてみれば彼女の変わり様は素晴らしい。ダルッダルな一人身生活送ってた葉月さんも「これはこれで」と好きでしたが、しかし恋に落ちてからの彼女の顔は、恋する女の子ですなあ。かわいさ突き抜ける。

葉月さん1

恥ずかしいのはイヤ。イヤ、だけどがんばる。にげない。もっと近づきたいから。
葉月さんは見てて面白いし可愛いし、相手の幸丸くんもすごくいい子で。
読んでてストレスがなく、純粋に2人の恋を見ながらニヤけられます。
そう長い連載にはならない予定とのことですが、これから葉月さんがどうなっていくのか。幸丸くんとどんなイベントが巻き起こるのか。まだまだ彼女を見ていたくなります!
はつきあいはエピソードごとに素晴らしい盛り上がりが用意されていましたが、本作ではこまめに盛り上がりを作っています。最高の盛り上がりはやはりまだ来ていないんだろうと思いますが、1巻だけでも十分に楽しませてもらいましたし、1巻でこれなら2巻は一体どうなるんだよと!楽しみ!

『ひとりみ葉月さんと。』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
顔真っ赤にしてバタバタする25歳の葉月さんに要注目。2巻にも期待ですな。

HomeNext ≫

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク