FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[漫画]待ちきれないんだ、体が熱くなりたがっている!『ボールルームへようこそ』3巻

ボールルームへようこそ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)ボールルームへようこそ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/11/16)
竹内 友

商品詳細を見る

   私を花にしてください

「ボールルームへようこそ」3巻!先月出ました。
いやぁアツいアツい!めっさ熱いですね3巻!!ゾクゾクしっぱなし!
いつも熱気たっぷりな表紙イラストも、今回はライバルとのバトルのような構図になっています。内容とあっている上にこの緊迫感スゴい。ピリピリくるな!
平凡な中学生がダンスに出会い目覚め、大会に出るまでになった本作。
3巻はまるっと「天平杯」での激闘が描かれており、テンション高いまま!
まさに今勢いがある漫画だと思うのですよ。そんな漫画の感想。



主人公・富士田はあたらしいパートナー・真子と組んで天平杯に出場。
この大会にはいろんな人間の、いろんな感情が入り乱れていて
一言では語り尽くせない味わい深さがあります。
この大会の中で、主人公・多々良はリアルタイムでどんどんと成長していく。
多々良の覚悟や意識がどんどん研ぎ澄まされて、1人の男になっていく様子は問答無用で心を高ぶらせますよ!

ボールルーム31

体が熱くなりたがってる!名言ですよね。
なんて良い表情しているんだ。怖いくらい。でもこの闘志むき出しっぷりが素敵。

初心者も初心者、ほとんどの人がその名を知らない多々良。
最初は注目をあびない彼とは逆に、強大なライバルは存分に実力を振るう。
体力。テクニック。その他たくさんの、ダンスを踊るために大切なこと。
それらが周囲と劣っていることが、まざまざと見せ付けられる。
わかりきっていたことだけど、この晴れ舞台でそれを強く意識させられてしまうと、そりゃ泣きたくもなるよな。

ボールルーム33

このシーンがすごく好きで。
「なんで僕―――もっと早くダンスに会えなかったんだろう」
不甲斐ない。情けない。自分に想いを託してくれたライバルに、自分の手をにぎってくれるパートナーに。いろんな無念さがグルグルと頭をめぐるんだ。
「もっと早くダンスと会いたかった」なんてその競技を愛していなければ出せない言葉だ。でも愛してるだとかそんな理由より、もっと凶暴な感情が胸を暴れる。
もっとうまくなりたい。もっと戦えるようになりたい。
そんな言葉が体の底から叫ばれているんだなぁ。



ライバル、賀寿は審査員からも注目されている選手。
これがまたいけ好かないヤロウで、いい感じにヒールなんですよね!
あーコイツ見返してやりたいなぁ、って思いは読んでいるこちらでも膨らむ。
けれどコイツと1人で戦う実力は、多々良にはまだ無い。
ならばどうする?ってところで発想が切り替わる。そこからの展開が、この3巻の最大の見どころでもあるんじゃないかな、と。
こっから更にテンションは上がるのみ!コミックスを持つ手にも思わず力がこもる!

いやしかし、この巻のヒロインは真子ちゃんですねえ。
ヒーローの対義としての、主役という意味で。
3巻の終盤の活躍の華やかさは当然のこと、それまであった「相手の邪魔にならないように踊る」という考えを捨て挑む多々良とのダンスは、ドラマとしての見ごたえ十分。
「私を花にしてください」なんて、この娘が言ってくれるのかと!
「私をみろ!」と踊りで語るような強さを手に入れた。美しくなろうとする意識を持った。

「私を花にしてください」
「応えるよ、応えさせて!」

の流れにはゾクゾクゥッ。多々良は胸のうちでそう返して、そして行動で示す。
「花と額縁」女は花、男は額縁。花を華麗に飾り見せてやるのが、男。
多々良が見せつける、彼なりの「花と額縁」の姿。要注目ですよ。

ボールルーム32

で、相変わらず観客のリアクションも上手いこと描かれていて。
衝撃と賞賛が少しずつ広がっていく様にも大興奮。観客がうまく描かれていると、競技漫画はさらに魅力的になるんだなぁ。



そんな「ボールルームへようこそ」3巻でした。
あー面白いなー!テンションが上がる。ダンスってこんなに熱く激しいんだ。
作品のキャラクターと同じく、こちらまで血がたぎってくる!
なんだろう。引きずり込まれるみたいに作品の空気に自分が染められてしまう、そんな漫画。悔しいときには全力で悔しがるし、楽しむときは全力で楽しむ。
いつだって全力で、持てるもの全部をしぼりつくして燃え上がる。これだけ全力でやったら結果はどうあれ後悔ないだろう、と読んでるこっちは思っても、それでも悔しがって、そしてやりぬいていく強い人たち。心にアツいものを持っている人たちが全力を出し切って戦う姿が、この作品の大きな魅力。

3巻はストーリー的にも大きな盛り上がりがありました。
多々良たちの覚醒に、自分でもびっくりするくらい嬉しがったりしてw
あんなビクビクしていた多々良たちが、フロアを煽るようなダンスまでしたりして!お前ら生き生きしすぎィ!読んでてニヤニヤしてしまう!
無力感を覚えまくったからこそ、余計に「頑張らなくちゃ」とトバしすぎたり、そんな失敗もありました。でもそれを踏まえて、花開いた。

ダンスという題材からイメージされる優雅さは、この作品においては皆無、とは言わないけど薄い。なにより前に立つのは、決意を持つ人たちの力強さ。
男も女も関係なく、バチバチと闘志がはじける。
燃え上がりむき出しになった対抗心。見た目優美なダンスの中に、人間たちの凄まじい激情がほとばしる!はぁ、4巻が待ち遠しい!!

『ボールルームへようこそ』3巻 ・・・・・・・・・★★★★☆
真子ちゃんかわいいなブヒョーとかも思いつつ読みましたが
そういうぬるい楽しみは吹き飛ばされそうな迫力!熱気!テンション!



余談ですが、「ボールルームへようこそ」3巻のオビでこんなのが。

ボールルーム34

わぁい、紹介してもらえました。
ということでITmedia eBook USERさんで自分が執筆した記事でも本作に触れてます。
漫画ブロガーが本気で教えたい “今年出たすごい1巻”
まだ読んでない方はよろしくでっす。ボールルーム含む5作品を紹介しています。

本当に余談でした・・・。
ボールルームはどんっどん面白くなっていますね。本当に今勢いがあります。

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

11  07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク