FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説]爽やかすぎるひと夏の恋愛劇 『潮騒』

転載記事。詳しくはこちらで→[告知]小説の感想記事に関して
少々の修正を加えただけです。昔に書いたものなので現在とはノリが違うのも多いかも。

潮騒 (新潮文庫)潮騒 (新潮文庫)
(2005/10)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


実は三島由紀夫初挑戦。
前知識として、彼の死に様や作品の傾向は頭に入っていましたが
この作品にはそれらから抱いてたイメージとは真逆。
清々しいほど美しく、純粋で直球な青春恋愛小説です。
なんと発表以来5度の映画化も果たしており、根強い人気を誇っているようです。


伊勢湾に浮かぶ小さな島「歌島」を舞台に、
漁師の青年真治と、海女の少女初江がいちゃいちゃしたりモメたりするお話。
人物描写も実に気合いが入っていて面白いですが
なにより素晴らしかったのは情景描写。
特に12章での蝶のシーンは読んでいてぱぁっと世界が見えた、というか開けたようで
その暗喩的な描き方も含め、実に印象的なワンシーンでした。
この他にも海や空、風や人や動物……
浜辺周辺の自然が鮮やかに描き出し、美しい孤島の風景が目に浮かびます。
どれもこれもか「生」を謳歌しているのです。

描写で思い出しました。
この作品のもう一つの魅力、女体描写です。(笑顔)
思春期の少年の溢れんばかりのパッションが…
主におっぱいへの愛がページからキラキラ眩しく輝いて見えるほどなのです。
そこらへんはネットでもよく語られる話ですねw
といってもねっとりエロチックというよりは、健康美という感じです。
さぁこれだけで何かがフルスロットルなアナタは是非読みましょう(何
こんな超有名作品に何をいまさら、という感じですがw

ストーリーについては、とくに述べる必要もないほど王道です。
何の心配もせず読み進めて問題はないかと思います。
落とし穴もなにもないのです。
が、しかし、ストーリーに穴は無いのですが
何でか、このラストの一文に不安を、というか醜さを感じてしまう。
恐らくこれは意図的な仕組み、最後の最後はやはり三島か、ということでしょうか。
自負の行き違い。
ある意味で互いのナルティシズムの…と言ったところ。
最後の最後でこう落とすかー!とちょっとニヤリw面白いw

読みやすい文体、ストレートな展開、現代にも通じる萌え要素もあり
短い小説ですので、かなりおススメしやすい作品かと思います。
海を基軸に展開していく青春物語なので、夏にはピッタリです!

≪ [小説]”終わり”を描く4つの物語。 『4period』ホーム[小説]醜くも強い愛の結末 『芋虫』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。