FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説]打ち砕け、無限の教室! 『空ろの箱と零のマリア』1巻

転載記事。詳しくはこちらで→[告知]小説の感想記事に関して
少々の修正を加えただけです。昔に書いたものなので現在とはノリが違うのも多いかも。

空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る


<あらすじ>

3月2日、中途半端な時期にやってきた転校生「音無彩矢」からの、突然の宣戦布告。
僕はその行動の意味も、この世界の秘密も、“箱”の存在も知らなかった。
けれど気づくことになる。
この『教室』は、『所有者』の願いによって、同じ日を何千何万と繰り返していることに――

というほんのり香ばしい設定な本作ですが、かなり面白かったです。
二転三転どころか5転くらいする後半の怒涛の展開!
何度も何度も、推理の根本からひっくり返されるのはもはや快感の域。
正直序盤は停滞感MAXで理解不能の状況が展開されて、これは失敗したかなーと思ったら
中盤からの、具合的には『27754回目』からのスピード感はたまらなかったw
これは作者の狙いにハマった感じでしょうねぇ、やられた。

この作品のキモは、間違いなく『閉塞感』。
繰り返される、望むはずの日常。ただそれを享受さえしていればいい。
けれどそれでも抗おうとした時、この作られた日常が不快感しかもたらさない。
努力も情報も感情も、全て無かったことになる、圧倒的虚無感。
先の見えない迷路をさまようような、どうしようもない不安を味わえます。
「敵」がいないというのも面白いなぁと。
実際いることはいるんですが、本当に打ち倒すべきは「状況」そのものという。
解決方法が自分では思いつかなかったので
主人公たちが答えを見つけてくれた瞬間は、とても気持ち良かったw

非常に重たいシナリオと設定でしたが
テキスト自体は非常に読みやすく軽めなテンポ。
キャラクターたちのやり取りもコミカルなものが多くて楽しめました。
そしてラストも、主題から離れ過ぎない・かつライトノベルらしい絶妙のラインで決着。
これはいいシリーズだなぁ。
現在4巻まで出ているので、ちょっとずつ読み進めていこうと思います。

≪ [小説]微・三角関係修羅場ラブコメディ。『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』ホーム[小説]軽やかに読ませるテンポの良さが○ 『インシテミル』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。