FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]ダメ人間ばかりでも、こんなに楽しい毎日。 『僕らはみんな河合荘』1巻

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2011/05/30)
宮原 るり

商品詳細を見る

   宇佐くんて ほんとヘン

ヤングキングアワーズにて連載中の「僕らはみんな河合荘」の1巻。
作者の宮原るり先生は『恋愛ラボ』『みそララ』等を描いており、4コマ方面をメインに活躍してらっしゃるお方。この「河合荘」が初のストーリー漫画の単行本なのだとか。
内容はといえば、一人暮らしを始めた主人公が、アパートの住人たちと繰り広げるドタバタ劇。綺麗なお姉さんたちもいっぱい!と、設定だけ見ればよくありそうなのですが、非常に残念な下ネタのオンパレードとなっており、心安らぐ気配が全然ありません。
ジャンルとしてはラブコメ・・・・・・いやきっとギャグ漫画w



この作品の面白いのは、とにもかくにもキャラの掛け合い。
主人公が引っ越してきたアパート先には、個性豊かで片付けるのはちょっと難しい、色々と残念すぎる面々が揃っていました。
そんな中で比較的?まともな主人公と、ヒロインの律ちゃんが少しずつ近づいていく様子を描いている・・・のですが、どうしても変人たちが巻き起こす妙なイベントに頭が行ってしまうw
下ネタお姉さん(ひどい)の麻弓さんは物語をエネルギッシュに引っ張ってくれるキャラクターで、明らかにダメ人間ですがそこに愛嬌があるのが良いですね。実際いたらちと迷惑ですが!

20110608223325.jpg (クリック拡大)

スタイルも良く美人なのは間違いないのですが、アパートでは自由人全開で好き放題。口を開けば下ネタとひがみ、何かするならイタズラ・悪ノリがほとんど。
彼女が主人公の宇佐をおちょくってる様子は本作でよく見られる光景です。
恋多き人でもあるのですが、フラれてはヘコみまくり、でもすぐ調子に乗ります。

20110608223303.jpg

「やすい女じゃないんだからな!」

相手の手のひらの上でゴンロゴンロ転がされてる音を響かせながら言う台詞じゃないですね。
けれどほいほい釣られるばかりではなく、プライドは守りきるお姉さん。
流されやすいだけで、ぎりぎりチョロいわけではないのですよ、たぶん。そこに大人なカッコ良さは感じましたかね。いや、ほんの少しですけどね。
でも麻弓さんは間違いなくかわいい。だらしないダメお姉さんとか素敵じゃないですか!
そんな彼女と仲がいいんだか悪いんだかでしょっちゅういがみあっているのが、大学生の彩花さん。か弱く守ってあげたくなるような女性・・・を演じて男性の気を引くのが好きな人。いやぁこの人も素晴らしくろくでもないですね。
麻弓さんより恋愛スキルもあるようなのですが、それが正しい方向に発揮されてる様子がまったくない残念っぷり。でも麻弓さんとのトゲトゲしい言い合いも、これはこれで友情を感じるような気がしてなんとなく好きだったりします。

で、アパートでは主人公以外で唯一の男性・シロさんもかなり酷い人物。
残念な要素がありすぎてどれを代表的な特徴として挙げればいいのか分からないのですが、一応ドMキャラということなのでしょう。
個人的に住人の中では一番に好きかも知れません。彼の言動が何から何までツボすぎるw

20110608223334.jpg

カッコいい!カッコいいけど・・・うわぁ…恥ずかしい…。
この様子を見られてしまってもなお「こういう辱めを受けるのもアリだよね」といわんばかりに身もだえしてるシロさんはもうどうすればいいのか分からない。
いやでも、一人でいるときってたまーにこういう妄想遊びことしますよね・・・?あれ、しませんか。まぁそれはいいとして、大体こういう居たたまれない人です。
不思議な思考回路を持っているようでどこか身近な存在に感じさせてくれるお兄さん的存在。ノリもいいですし、なんかかわいいんですけど、でもやっぱり変態だ。

そしてそんな変人たちに囲まれながら生活している、主人公よりいっこ学年が上の女の子、河合律ちゃんがこれまた可愛いのですよ!
いつも本を読んでいて無表情、感情を表にだすのが苦手な少女です。
始めは主人公との仲もぎこちなく、というか単行本ラストまで若干ぎこちなさは残っているんですが、それでも少しずつ少しずつ距離を縮めていっている様子がなんとも微笑ましいのです。
そして少しずつ、本当の彼女が見えてくる。ちゃんと怖がるし、ちゃんとわくわくするし、ちゃんと笑う。無表情なんかじゃないのです。
そしていつも1人でいる彼女を心配する主人公には強い態度で反論。
「1人は嫌じゃないのに 『1人だ』って思われるのは嫌で・・・」
ぽつりと零したこのセリフはなんだか分かる気がします。哀れみなんていらないんだ。

20110608223337.jpg

でもアパートのみんなと一緒にいると、こうして思い切り笑うことができる。
どんどん新しい表情を見せてくれる律ちゃんに思わず笑顔になってしまいますね。
基本がギャグテイスト強めの本作ですが、律ちゃんをめぐる部分ではしっとりとした雰囲気になり、とても印象に残ります。ギャグ要因にはなりませんが、存在感は流石メインヒロイン。
「うそつき・・・」と上目遣いににらむシーンの可愛らしさもまた素敵!



以上、ほとんど登場人物紹介だけになってしまいましたが、ギャグ漫画なのでストーリーに関してがっつり語る部分はそれほどありません。気楽に楽しめる作品だと思います。
ギャグにしてもかなり笑える作品だと思いますし、キャラ達の魅力も十二分。
みんなでバカなことしながら、よく分からないけどこみ上げてくる笑い。
全力でふざけあって笑い転げて盛り上がってる・・・この作品で描かれるそんな様子は、とても輝かしいものに思えます。ダメ人間の集まりにすぎなくてもいいじゃないですか、楽しければ!
単行本書き下ろしも多く、内容も良い意味で酷いものばかりで面白かったです。雑誌で読んでいる人にもこれはオススメしたいですね。尿道カテーテルに対してのシロさんはなんだよとw
毎話のページ数が多いわけではなく、10ページ台が基本なので単行本発売ペースはやや遅めになると思いますが、2巻まで楽しみに待てる作品。まぁ雑誌でも読むんですけどね!
宇佐が悲惨だったと語る中学時代も気になりますね。いずれ描かれることでしょう。
雰囲気がとても心地いい、だらけてるようでちゃんと前進を描いた作品でした。
・・・・・・前進、出来てるかな。

『僕らはみんな河合荘』1巻 ・・・・・・・・・★★★★
残念で可愛そうな人たちばかり。雰囲気の良さが魅力。一緒に浸っていたい感じ。

≪ [漫画]静寂可憐な新連載「ちろり」が面白い!・・・他『ゲッサン』7月号ホーム[漫画]やっぱりデレすぎ、いちこ先生! 『こみっく☆すたじお』2巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。