FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]走れ男の子!少年漫画はこうでなきゃ!『常住戦陣!!ムシブギョー』1、2巻

常住戦陣!! ムシブギョー 1 (少年サンデーコミックス)常住戦陣!! ムシブギョー 1 (少年サンデーコミックス)
(2011/06/17)
福田 宏

商品詳細を見る

常住戦陣!! ムシブギョー 2 (少年サンデーコミックス)常住戦陣!! ムシブギョー 2 (少年サンデーコミックス)
(2011/06/17)
福田 宏

商品詳細を見る

   常住戦陣!!!!

蟲奉行所同心、帰還!
サンデー超で連載していた「ムシブギョー」が、少年サンデー本誌でリメイク新連載。
タイトルを「常住戦陣!! ムシブギョー 」と改め、新たな作品に生まれ変わりました。
とは言っても前作の設定・キャラクターはそのまま。前作が好きだった人も安心です。
移籍新連載というちょっと特殊な始まり方もありますが、特殊連載が始まってから結構な回数カラーを獲得していたり、単行本発売に合わせて「サンデーCM劇場」でショートアニメになったり、最近のサンデー新連載の中でもかなり目立った存在なのでは。
どんな作品かを簡単に言うならば、気持ちいいくらいの王道少年漫画。
今回は同時発売された1巻と2巻の感想をー。



貫け武士道、はためけふんどし 『ムシブギョー』1巻
おっぱいとバトルの濃厚2重奏。男の子の漫画はこうでなきゃ! 『ムシブギョー』2巻
武士だからこその意地が己を変えていく! 『ムシブギョー』3巻

どんな作品か前作「ムシブギョー」の感想で結構書いてますので、よろしければ↑も。
ノリとかはほとんど本作と変わりませんし、リメイクされた今でも十分楽しめます。
とは言っても、細かな変更点は間違いなく存在していまして、第1話がサンデーに載ったときにそこらへんをとりあげた記事も書きました。(少年サンデー新連載「常住戦陣!!ムシブギョー」を旧連載版と比べてみたり)リンク張ってばっかりじゃねーかって感じですが。
1話以降を読んでは旧連載版との細かな違いを言い出すと結構出てしまうのですが
そのほとんど作品にとっての「補強」と感じられるもので、1度仕切りなおして始まっただけに全体的にパワーアップしてくれているなという印象です。
1、2巻では「このエピソード、前のでも読んだぞ」というものが多く収録されていますが
ある程度長く続けることを見越してか、非常に丁寧な構成に再構築されています。
より深く、そのキャラクターが背負うものや感じたことを見せているなと。
2巻の無涯と一緒に蟲退治をするエピソードなどがそうなのかなと思うのですが、旧連載版で特に人気があったエピソードなんかは、今後の新連載版でも描かれることになるかもしれませんね。
まぁ、旧連載版ではつるーんと全裸になってしまっていたお春ちゃんが、新連載版ではすこし着崩れたくらいに落ち着いてしまっていたのは少しショックですが!(第2話)
でもそうですよね!最初から全部脱がせてしまうのはしょうしょう安直というもの。お春ちゃんが襲われるたびにどんどん露出度が上がっていくに違いありません!

それと旧連載版にも登場した蟲のデザインも変更されたものもありました。例えば「大人蚤」もそうですが、ちょっと無機物的になったというか、マイルドになったというか。
どちらが良いかは分かりませんが、個人的には前の方がエグくて好きだったかも。
それは「少年サンデー」に載るということを考慮してのことなのかもですね。前のはちょっと、ガチで気持ち悪くて、小さい子とかトラウマになってしまうレベルとも思います・・・。
もちろん変更された今でも、独特の迫力はおぞましさはバッチリ。作品の雰囲気を損なう大きな変更点というわけではありません。蟲のデザインも今後の楽しみの1つ?



1巻は舞台設定の説明と、蟲奉行所のメインキャラクターがどんな戦いを得意にしているのかを実に丁寧に描いた内容となっています。主人公・仁兵衛のまっすぐさも、バトルを通じて見せていく。
2巻では、仁兵衛ともう1人の蟲奉行所メンバーで任務に向かうエピソードが大きく2つ。
蟲奉行最強の人物・無涯と、ツンツン爆撃娘・火鉢ちゃんの2人がクローズアップされます。
無涯はまだまだ謎の多い人物として描かれますが、火蜂ちゃんとの距離感はぐっと、いい方向に近づいたのではないでしょうか。ちなみに彼女とのエピソードは新連載版初出。

20110630232101.jpg

仁兵衛のいい意味での愚直さは、周囲の人間をどんどんを変えていくのです。
お花見をする回(第12話)は、それがとても感じられた微笑ましいものでした。
2巻最終話ではまったくの新キャラクターも登場し、いよいよ旧連載版読者も知りえないところにまでストーリーが進んできます。今後どうなっていくか、とても楽しみです。
まだ登場していない「蟲奉行様」は、本作でも出てきてくれるんでしょうかね。



それと1巻のオマケページは素晴らしかったですね。分かってるな!福田先生!
読者からの質問に応えていくというベーシックな内容なのですが、質問の1つに「お春ちゃんのスリーサイズを教えてください」というものが!
これに先生、ようしパパ張り切って答えちゃうぞーと・・・

20110630232010.jpg

眼福なイラストを書き下ろしてくださっているのですが、それがなぜか3連発。
1ページまるまる使ったお春ちゃんのサービスイラストが、1ページ1ページに欠かさずスリーサイズが書かれて3連発。1枚で十分なのに、どんだけお春ちゃん描きたいんですか先生!!ついていきます!・・・こんな風にサービス満点なオマケページにも大満足!
加えて本編も王道だからこその面白さが詰まっており、いい「少年漫画」だなと思います。
主人公の仁兵衛のまっすぐさにまったく嫌味が無く、素直に気持ちいい雰囲気なんですよね。
背負うもの、目指すもの、戦友たち・・・ド派手でカッコいいバトルに、かわいいヒロイン。少年漫画を盛り上げる王道要素が揃いまくりです。
「日常」のヒロインがお春ちゃん、「戦場」のヒロインが火蜂ちゃんと、ダブルヒロインがうまくポジションを分けているのも上手いところ。恋愛要素は全然濃くないですけどね、お色気要因です。
月刊ペースから週刊ペースになって大丈夫かなと思っていましたが、心配無用。まったく作画に乱れは感じないまま作品のテンションはどんどん上がっています。

ちょっと珍しい仕切りなおし新連載として始まった本作。
前作を知る人はもちろんよりパワーアップした「ムシブギョー」を楽しめますし、知らない人もこのシリーズから読んでまったく問題はありません。
胸震わせ熱くしてくれる、少年漫画の醍醐味を味わえる作品なのでは!
女の子たちのおっぱいふんどしパンツにも注目していきたいところですね。

『常住戦陣!! ムシブギョー』1、2巻 ・・・・・・・・・★★★★
まさに王道、これぞ男の子の漫画!本編・オマケともに満足度高いです。

≪ [漫画]2011年上半期の読書感想まとめ。ホーム[漫画]この夏休みは、きっとずっと忘れられない。 『ぼくらのよあけ』1巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。