FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]ドキドキが止まらない新たな出会い! 『ウシハル』3巻

ウシハル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)ウシハル 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2011/06/30)
ゴトウ ユキコ

商品詳細を見る

   一緒にたべよ、な?

ゴトウユキコ先生の「ウシハル」も3巻が発売されました。順調ですね。
牛の擬人化漫画・・・だと思います。一応。
表紙はなんでか海にまでやってきてるウシハルちゃんですが、本編に海シーンは無しw
しかしやっぱり今回もウシハルはかわいい!しかも今回は2巻ラストに登場した気になるあの女の子が本格的に物語に絡みだしたり、もう1人まったくの新キャラも。
では感想をー。



童貞少年にだけかわいい女の子に見える妖怪「牛女」をめぐって、思春期をこじらせる少年(と今回からは少女も)を描くのがこの作品。
最初の注目所は、2巻ラストに突然あらわれ、主人公にアプローチをかけてきた吉野さん。
「あなたに興味があるの。」なんて言われてしまっては清晴くん大慌てです。しょうがないですよね、いきなり可愛い女の子が自分に会いに来てこのセリフ!期待してしまいます。
しかし吉野さんは、ぶっちゃけ彼にはほとんど興味が無かったというオチ・・・。
彼女が知りたいのは、彼が見ている牛女という妖怪、つまりはウシハルちゃん。
実家が神社で、巫女もやっている吉野さんは、どうやらウシハルを悪霊だと思ったようで。

20110705222527.jpg

けれどウシハルに無邪気に身体をなめられて、ドキドキしながら帰って行きました。
暴走気味にウシハルに襲いかかったのにこの変わりよう。かわいいですなー。

思春期女子らしい(?)やや潔癖な1面を覗かせる彼女ですが、同時に未知なる性の快感に拒絶とはまた違う想いを抱いているようにも見えます。おやおや(ゲスな笑みを浮かべつつ)。
これまで、男子中学生の濁ってるようで純粋な性欲をよくクローズアップしてきた本作だけに、
ここで主人公と同じ立場(ウシハルが見える)の女の子が登場したというのは、面白い展開。
ただ、どうやら大幣(オオヌサ)を手にしてないとウシハルが女の子には見えないということらしいです。条件付きなんですね。神のパワーなんでしょうか。・・・そういえばあの白い紙が付いた棒、大幣って言うんですね。今回調べて初めて知りました。
吉野さんはちょこちょこと登場して欲しいキャラクターですね。
なんか必死な感じがかわいい女の子です。



そしてこの巻、もう1人・・・というか1匹の新キュラクターが登場してます。
それが主人公が拾ってきたネコ・スズキなのですが、こいつが結構な腹黒だったり。
ウシハルに執拗にイタズラをしかけたり(どうやって落とし穴掘ったんだろうw)、清晴のペットは自分1匹で十分だと主張しライバルになったり。
彼女のイタズラにまんまとかかりながらジタバタするウシハルもまたかわいいのですが
ここでウシハルはもちろん主人公の心をもグラつかせる展開へ!

20110705222524.jpg

ネコのスズキも人間になってしまった・・・!
特別な力を宿った草を食べてしまったら清晴の目にはまるで全裸の女の子に見えるようになってしまいました。ウシハルは肌に模様があるのですが、こちらはまるっきり全裸ですよ!
持ち前の腹黒キャラがうまい具合に作用して、小悪魔っ子的な魅力が出ています。
ネコらしい狡猾さと甘えん坊さがうまく出ているなと思いました。どうでもいいけど自分猫派。
マタタビを嗅いでごろごろにゃんにゃんしながら股間いじるシーンはまさに眼福・・・!
こちらもかなり個人的には好きな新キャラでした。ウシハルのライバルキャラ。

しかしこうやって女の子たちが主人公の周りに増え出すと、今後の展開が一層楽しみ。
この作品の結末もなんとなく見えてきましたね。
きっと主人公はこのまま童貞を守り抜き、世間的にはただの個人経営動物園、しかしその実態は清晴限定アニマルハーレムな『ムツ○ロウ王国』的施設が出来るんでしょう。(失礼)



とまぁキュラクターも増えて賑やかに、そして面倒くさいことになってきた「ウシハル」。
インパクトがあるキャラたちなのでついついそちらにばかり目がしっていましますが
しかしウシハルちゃんはやっぱりかわいいなと、改めて思ったり。
第42話の「桜」は特に好きで、桜の花びらを追いかけ追いかけ、そして山盛り集めて楽しげに笑うウシハルちゃんには胸が温かくなるというもの。見開きページもたまりませんでしたねー!
そしてしっかりえっちぃシーンも。と言っても3巻に関してはネコのスズキが大きくその役目を担ってくれていましたが、それでもウシハルだってがんばるのです。無意識的に。

20110705222447.jpg

むきゅっとな。
打算とか一切なしで、無邪気にこういうことをしてくるんだからもう。
主人公はさっさと自分の手で乳搾りプレイをやるべきだと考えますが、それが出来ないウブさがまたこの主人公のかわいいところですよ。
ゴトウユキコ先生は「R-中学生」といい、男子中学生のもんもんしてる感じを描くのが好きなようで、そして上手いです。今回も主人公の友人たちもアホなことばかりやってましたw
発売周期的には4巻の発売はもう寒くなってきてからだと思います。
吉野さんの活躍を期待しつつ、楽しみに待ちたい作品ですね。

『ウシハル』3巻 ・・・・・・・・・★★★☆
新キャラ続々登場、俺の猫がこんなに可愛いわけがない、というヤツですか。

≪ [漫画]いじらしいワガママに思わず笑顔 『八潮と三雲』3巻ホーム[漫画]2011年上半期の読書感想まとめ。 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。