FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]新メンバー加入?で更に加速、ラブ・バンド・ピース! 『ハレルヤオーバードライブ!』5巻

ハレルヤオーバードライブ! 5 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ハレルヤオーバードライブ! 5 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2011/09/12)
高田 康太郎

商品詳細を見る

   今度は止まらないでよ。

青春バンドストーリー「ハレルヤオーバードライブ」、最新第5巻が発売されました。
今回の表紙はタンポポ先輩・愛葉先輩の仲良しコンビ。
タンポポちゃんのパンクガールらしからぬフリフリドレスとちょっと照れた表情がかわいい!
新章開幕という感じで、新キャラもたくさん登場する賑やかな内容となっています。
今回のオビにある「LOVE バンド PEACE」ってコピーがすごく好き。



最高潮な盛り上がりを見せた4巻。明確な目標を掲げ、それを叶えるために必要なものも見えてきた「金属理化学研究部」やティアドライブの面々。
というところで物語はいったん落ち着いて、ひとまずは学生らしく日常を楽しむのです。
しかしながら前までとはちょっと様子がおかしいハルさん。
どうやら4巻終盤からの小雨のカッコ良さに戸惑っているようで・・・なにやらラブが匂ってきます!ハル先輩自身、恋愛には疎いのでそれが恋なのかどうかも分からず戸惑ってしまっています。ハル先輩はどんどんとヒロイン度が上がってきててニヤニヤしますね。

20110913214221.jpg

ハルさんがラブコメってあわあわしだしたと思ったら今度は愛葉さん回!(第24話)
そういえばサービスシーンはあっても恋愛描写はこれまでなかった愛葉さん。
もしや彼女までもー!とは一瞬思いましたが、いやいや、やはり愛葉さんはやはり愛葉さん。スイッチ入ると怖いですけど、周囲の人間関係をほほえみながら見守っているようなイメージ通り、彼女はヒロインというよりはナイスお姉さんキャラ。
でもあ分からいたずらっぽく小雨を誘ってみたりしてましたけど、唐突に胸をもまれたときは思いっきり動揺してましたね。その歳相応に余裕ない感じがまたすっごいかわいい・・・!
そして愛葉さんとタンポポの関係の力強さを再確認。この2人の空気、いいですねえ。

さて、そんな愛葉さんのお姉ちゃんっぷりは、5巻後半でもいかんなく発揮されていきます。
まぁ彼女の妹さんがいよいよ本格参入ということで、彼女はリアルお姉ちゃんなんですが。
4巻末に収録されていた番外編「CHANGE THE WORLD」にも登場していた、愛葉さんの妹である若葉が、ティアドライブ4人目のメンバーの候補ギタリストとして挙がります。
しかしこの日、同じく4人目のメンバー候補にキーボード担当の御堂楓という新キャラクターも登場。いきなり候補が2人も現れた中、学内でゲリラライブを行うという計画が持ち上がります。
といった感じで今回は、新戦力を交えてのティアドライブの変化/進化が注目所です。
結果が見えてくるのは6巻でしょうが、変化の過程を追う内容になっていると思います。



小雨の変化がさりげなくすごいことになってる気がします。
これまで彼は、ダメな時はとことんダメ、スイッチが入れば爆発!という感じの不規則なスタイルでしたが、この5巻ではほぼ「スイッチ入りっぱなし」になっています。
確固たる目標が定まったため、集中力が増しているのでしょうね。
カギとなる小雨に安定感が出てきたのは、バンドとして間違いなくいい成長でしょう。

20110913214223.jpg

むしろメンバーに対抗意識を燃やして「負けられっか!!」と本気だしていたり、スイッチを自分でコントロールできつつある?感じすら。ずいぶんと頼りがいある感じになってきました。

そしてこの巻、ほぼ初登場にして最もフィーチャーされてるのが若葉ちゃん。
ギタリストとして確かな実力がありながら、思春期らしい悩みやトラウマが妨げになっているようで、うまく自分を解放できない女の子。姉の愛葉さんの後ろに隠れています。
演奏に夢中になるととたんにぼさぼさになってしまうクセっ毛。それを笑われるのが怖い。コンプレックスやトラウマは、その内容とはまた別に、その存在そのものが自分の弱さを証明していると思いこませて、本人を縛りつけてしまいます。彼女はそれに陥っているようで。「逃げてしまう自分がなによりもイヤだ」と。

20110913214215.jpg

そんな若葉が自分のカラを破ってみせるシーンは、わかっていても胸が熱くされられてしまうというものです。彼女を見守る愛葉さんや先輩たちのまなざしのやさしいことやさしいこと・・・!
そういえば第25話の見開きカラー(みんなで傘をさしてるイラスト)、自分大好きなんですけど、第27話の扉絵ととリンクしているんですね。単行本で初めて気がつきました・・・。

20110913214219.jpg (第25話扉絵)

ティアドライブの現メンバーの間に落ちているひとつの傘。1人分のスペースもあり。
これってもう1人のメンバーの加入をイメージさせてるんでしょうねえ。
でもって第27話の扉絵は、水たまりに移りこんでる1人ぼっちで傘を持った若葉。
27話の時点では彼女はまだ心を開いていないので、そのせいでしょうね。
ということから、ティアドライブに正式加入するのはやはり若葉ちゃんなのではー、という、今更かよという結論に至ったのでした。楓さんはどうなるかなー。どうも裏がありそう?
まぁサポートミュージシャン的な位置づけもありでしょうかね。
ティアドライブがどういうバンドになるのか、ひとまずの完成系が楽しみです!



という感じの「ハレルヤオーバードライブ!」第5巻でした。
ラブコメ的な盛り上がりも見逃せませんが、バンドの変化にテンション上がってきます。
大きく物語が動いたわけではありませんが、次の山場に向けてエンジンあったまってきたという感じでしょうか。
気になることはと言えば、新登場の生徒会長・御角日向さん。ずいぶんの手厳しい対応をしている会長さんなようで、彼女もまた「金属理化学研究部」をつぶそうとする動きをしてくる予感。
そしてキーボードの楓も気になるところ。どうもただのぽっと出の新キャラとは思えませんよね。今度物語を動かすキーパーソンになるのかもしれません。
うむ、やはり続きが楽しみな作品ですね。これぞ、青春と音楽の物語!
本当に楽しそうに生きてるな、この作品のキャラクターたちは。

『ハレルヤオーバードライブ!』5巻 ・・・・・・・・・★★★☆
新キャラ続々登場、そして新展開の予感。愛葉さんのお姉ちゃんモードもステキ。

≪ [漫画]超弩級ラブストーリー、最大スケールで完結! 『超弩級少女4946』6巻ホーム[漫画]自由に愛して自由に生きよう。 『かなしい人はどこにもいない』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。