FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]苦しいほど愛おしい思春期 『うみべの女の子』1巻

<追記>
2巻の感想更新しました。
青の時間は汚れあって消えていく。『うみべの女の子』2巻

うみべの女の子 1 (F×COMICS)うみべの女の子 1 (F×COMICS)
(2011/03/17)
浅野 いにお

商品詳細を見る

   やっぱ… やっぱキスはやだ……

出てからかなり経っていますが、今日は浅野いにお先生の「うみべの女の子」1巻。
購入はしていましたが、なんだか読むのが怖くて長く置いていたんですよね。
実際読み出せばスルスルと読めてしまったんですが、ダメージでかーい・・・。
田舎町を舞台に、14歳の男の子と女の子の揺れ動く心を描いた作品なのですが、その設定だけで想像できるような素朴~なものなんかじゃ全然ない。瑞々しい毒が渦まいている。
やっぱりいにおさんの作品だなぁとしみじみ感じつつ、強烈に引きこまれてしまいます。
雰囲気はいいんですが、やっぱりどこか気持ち悪いんだよなあ。



「恋というには強かで、打算というにはあまりに脆い。」
オビにあるこの文章がすごく作品の雰囲気を表していて好き。
オシャレで淡い色彩のカバーイラストと合わせて、「おお、なんか爽やかな恋が期待できそうだぞ!」と一瞬思ってしまいますが、中身は安心の浅野いにおブランドである(気分がどんよりするブランド)。
この作家さんの作品は、わりとストレートな作品とこじれにこじれた作品の2パターンがあると思っているんですが、この作品は一見前者なようで、このクセの強さは後者に属していそう。
中学生の男女を主人公に据えておきながら、展開される物語は美しさとはかけ離れていて、非常に衝動的で生々しい。

うみべ1

いろんな過程をすっ飛ばして、とりあえず・なんとなくでセックスをした2人。
平凡な女の子・小梅と、内向的で孤独な男の子・磯辺は、恋人になるわけでもなくこっそりと2人きりになり、身体を重ねていきます。
暇つぶしのように、憂さ晴らしのように、とにかくヤります。部屋でも、メールで呼び出して学校のトイレでも。若い生命力を持て余す2人の性的な自堕落っぷりがすごくいい。
最初は自暴自棄からのセックスでしたが、だんだんと交わうことに慣れていく2人。
後半は無感動に惰性で性交をこなしているようにすら。若い中学生の男女なのに、なんだろう、このくたびれたムードは。
やってることはエロ漫画ですよね。しかしかなり写実的なエロ描写で美しい。蛋白とも言えるか。肉体的にたかぶり表情を歪ませる2人の様子をしっとりを描いていくのが魅力。
キャラクターの息遣いを感じさせてくれるようなエロスの使い方だと思います。

うみべ2

この作品の面白さの1つは、主人公の中学生2人のリアルさだろうなと。
上のシーンが「あー中学生だなこいつら」って思わされる印象的なワンシーンでした。
「近々死ぬと思うんだ」なんて根拠も何もないことをつぶやいて、女の子は「うそーん、それは悲しいね」とあからさまにテキトウな返答。
でもこれ、まじめにやりとりはしてないのは間違いないけれど、100%ウソの言葉ではないんだろうなとも。この作品にはこのシーンだけでなく思春期のモヤモヤが溢れているのです。
自分でもなにかはわからないんだけど、なにかとてつもなく恐ろしいものが目前にあるような気がして、気に入らないことが世界中にあって、でも見えてる世界なんてちっぽけで。
2人してそういう寂しさやいらだちを抱えて、上辺だけで慰めあっている。
そういう青臭さや、精神的な未熟さがつくる雰囲気がすごく好き。
心がふわふわと揺れ動き、セックスを繰り返してもだんだん行為が形骸化していく感じ。



そして後半では、だんだんと不協和音が混じってさらに雰囲気が悪くなっていきます。
ヒロインの心が主人公に近づくにつれ、そのせいで主人公の心がヒロインから離れていく。
全体的に間違っていますけど、こじれた青春模様がたまらないのです!
噛み合わずにすれ違って・・・、このうまくいかない感じにキュンてしてしまう。

うみべ4

ああ、ひどすぎる。「知らねぇよバーカ、死ね」って歯に衣着せなさすぎじゃないですか。
女の子を傷つけてやるために、酷い言葉を吐きつけてみせる。
この主人公は決して読者から好意的に見られる男の子ではないと思います。いけすかない人間だし、態度だけ偉そうだし。でも何かに追い詰められ怯える姿や、酷い言葉で人を突き放したり挑発したりする場面はまるきり子供で。こんな醜い暴走だって、なんだかちょっと愛おしく見えてきたり・・・する、のか?
132ページでは小梅に抱きつくように眠っていたりして微笑ましいのに、なんでこうタイミング悪く反発してしまうのか。面白いなあ。

本当に後半はどんどんと気まずくなっていく。前半だって決して幸福感のある内容ではないのに、メイン2人の関係がゆがみだして(まぁ最初から歪んでいるけれど)からは切なくて切なくて。些細なことで変わってしまう。
自分の感情をコントロールできないし、人間関係もうまい構築だってできない。
中学校の中でうずまく、「思春期」の悶々としたイヤ~な空気。息が詰まるみたいになるし、同時にちょっと懐かしい気分にもなって、逃げ出したくなる。でもちゃんと続きを読んでいきたくなるストーリーの面白さ。意地の悪い作品だなあ。
この1巻のラストは、同作者の「ソラニン」を思い出したりしましたが、2巻になったって「ソラニン」みたいな切なくも爽快感あふれる展開が待っているとは到底思えず・・・。
タイトルになっている「うみべの女の子」がどんな意味を持ってくるのかも。あの写真の女の子のことなのか、それとも先のなにかがあるのか。
楽しみなような恐ろしいような。気分は落ち込むのにそわそわする。不思議だな。



この2人の関係は、決して「恋」ではない。
思春期の不安定さが引き起こした、ラブストーリーだなんて呼べるわけがない代物。
でも非常にリアルな背景とセットみたいになにかが心に重くのしかかる。
すごくロマンティックな苦味がある作品でもあると思うのです。しんどいけれど、超たのしい
退廃的な中学生たちの恋模様。心の距離、身体の距離。人間は間違えてしまうものだ。彼らはそれを大きく、致命的にやらかしているだけで。
浅野いにお先生の詩的な演出も、中学生たちの青臭い物語とマッチしていると思います。
でも単に中学生の恋物語とだけ言うには、生々しさが強すぎるか。読んでいて苦しくなってくる人もいるはずだし、幅広い層が楽しめる作品ではないのでは。だからこそ、ハマる人は、ガッツリ心掴まれて動けなくなる。動けなくなるというか逃げられなくなる。
2巻はけっこう先になると思いますが、これは期待して待ちたいところ。

うみべ3

小難しいことはおいておいても、中学生の男の子と女の子の一見静かに暴走していく青春模様はそれだけで心踊るのです。この作品の雰囲気にはすっかり惚れ込んでしまいました。

『うみべの女の子』1巻 ・・・・・・・・・★★★★
よどみと歪みに魅せられる青春。キラキラはしてないけど瑞々しい。

≪ [漫画]もっとあたしに甘えなさいよ・・・!『こみっく☆すたじお』3巻ホーム[漫画]悩める少女たちはどこへいく『やさしいセカイのつくりかた』2巻 ≫

Comment

これ

エロさと脆さ描かしたら天才だな、いにお

個人的には、鹿島のネトラレ感と桂子。

桂子が小梅と佐藤だっけ?の事実を知って、小梅がその事実を知られた時、どんな感じにすんのか・・・たまらん

駄文ごめん。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。