FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流れ星が消えないうちに」 感想

流れ星が消えないうちに 流れ星が消えないうちに
橋本 紡 (2006/02/20)
新潮社
この商品の詳細を見る


橋本さんの「流れ星が消えないうちに」を読み終えたので、感想書きたいと思います。
橋本さんといえば、やはり名作「半分の月がのぼる空」の印象が強く残っていて、本作を読んでいてもところどころに半月がチラついて困りました。
しかし、本作は明らかに「半分の月」を意識してかかれていると思います。
「半分の月」が大切な人を失うまでを描いた話だったのに対し
本作は大切な人を失った後になっています。
「半分の月」で描いたテーマの延長線上にはあるのですが、
言い換えれば、「半分の月」では描けなかった部分まで踏み込んでいると言えると思います。
恋人を、大切な人を失った、その先。

橋本さんの作品で貫かれているのが、一人称で話が進むということ。
流れ星では、二人の違った人物の視点から、一人の人間を見ていく構成。
現実5:過去5という風に、高校時代のお話も交えての物語は進みます。
その過去話ってのが、もう最初からその人亡くなってるって知ってるので切ない。
中盤までどことなく、よどんだ水に沈んでいるような感じ(言い方悪い?)。
先の見えない、終わらない絶望を前に、立ちすくんでいるような。
ですがそこから少しずつ進んでいく様子が、とても感動的でした。
終盤に向けての二人の決意とかも、凄く前向きなものでよかったです。

静かな物語だけど、確実に動いている。
ただ美しいだけの物語じゃない。
だけど確かに、残ったものは美しい。そんなお話。

涙が出てくるような悲劇的な内容ではなく、死というものもかなりあっさりと描かれていて。
だからこそ唐突な死によってかきみだされるキャラクターたちの心理描写が胸にきました。
半分の月にくらべると大人っぽい物語になっているかと。
橋本さんの文章は相変わらずととても読みやすいですし、オススメの一冊。



≪ ハッピー・ジャムジャムと色々ホーム遅刻した更新とグダグダ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。