FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]傑作になりえた遺作。『よいこの黙示録』2巻

よいこの黙示録(2) (イブニングKC)よいこの黙示録(2) (イブニングKC)
(2012/02/23)
青山 景

商品詳細を見る

   世界はつながってつづいているのだ

「よいこの黙示録」2巻が出ました。・・・出ましたけど、複雑です。
作者の青山景先生は昨年10月に自殺しました。この作品は未完結です。
この2巻は連載された原稿に加えて、キャラ設定画やラフイラスト、ネームやプロットといった資料が巻末に収録されています。
永遠に続きが読めないと分かりきってる作品を買うのは虚しいわけですが、・・・やっぱり好きな作品なので買いました。そしてやっぱり面白い。面白いので感想書きたくなります。でも普段と違う気持ちで書いてます。この感想を一体どんなテンションで書くべきなのか。

1巻の感想→このクラスに神様を作ろう。 『よいこの黙示録』1巻



この作品は小学生がクラスの中に宗教を興し、それを拡大させていくという内容。
2巻では野球部にいた五十嵐くんが宗教に傾倒し、それに複雑な思いを抱く根津くんを主軸に描かれていきます。男の子同士の泥臭い友情が見所。
それだけでなく主人公の先生にストーカーがついてしまったり、森ユリカを教祖とするその宗教の名前や役職をしっかり決定して更に組織として安定感を増したり・・・
「ここからどうなるんだろう!」とついワクワクさせられてしまうんですよ。
でもそのワクワクが気持ちよく消化されることはこれからずっとないのです。面白いからこそ余計つらいというか悔しいというか・・・。

普段なかなか描かれないであろう「宗教」という題材にあえてチャレンジした意欲作であり、好きだったポイントです。アイデアだけというワケでもなくちゃんと芯があり、作品の熱を確かに感じられるものでしたね。
小学校という舞台で、子供たちが宗教を作り組織し成長させていく、という設定も面白かった!
独特の人心掌握術が見えてくるというか、宗教がスピリチュアルなものに見えて実際はすごく作為的で計算づくめに組み上げられているという一面が描かれていました。
宗教というちょっと恐ろしいテーマを奥深くきり込んでいった内容で、なるほどを思わせられる部分も多く、読み応えがったんですよこれが。
子供が作ったおままごとみたいな宗教でも、信仰心を芽生えさせ人を操る事ができる。
かわいらしいタッチで描かれながらも背筋がゾクッとするような部分もあり。子供社会を舞台にしたからか、人間の本質に訴える光と闇がわかりやすい形で存在していたのもうまい。

作品のメインテーマの奥深さだけでなく、キャラクターがとても魅力的でした。
可愛らしいキャラクターが作品を飲み込みやすいものにしてくれていましたよなーと。
特に宗教を作り、意図的に人間をコントロールしていこうとする少年・伊勢崎のキャラクターも恐ろしいながら独特できらめくものがありました。
そして伊勢崎と朝子先生の関係も、なにやらエロさがあって素晴らしかったです。
小さい男の子にまんまと弄ばれちゃう大人の女性って・・・素敵じゃない。

伊勢崎と先生に関しては、巻末のプロットに気になる部分を発見しました。
青山先生が遺した、今後の展開の予定を書いたメモの一部です

・伊勢崎に良いように利用され、反旗を翻そうと決意した朝子がとち狂い、性的な誘惑と調教によって伊勢崎を手なづけようと試みるも、逆に伊勢崎に性的に支配されてしまう。

・・・・・・・なんだと。



と、漫画はなにより娯楽なんだってことで明るめに本作の好きなポイントを語ってきましたが、もちろん一読者としてそれだけでないモヤモヤも抱えています。
というか上の時でも、「でした」とか「面白かった」とか過去形で言ってしまうのが辛い。

青山景先生には「ストロボライト」という作品で出会って、それからいろいろと単行本を集めてました。大好きな作家さんでした。絵が可愛らしく、しかしメッセージや世界観は重厚でいつも魅了されてきました。若い人間たちがエネルギー持て余してるようなちょっとねじれた青春劇も、またとても魅力的でした。
この「よいこの黙示録」にも期待していたんですが、この作品は永遠に完結しません。それはとても不幸なことです。こんな形で終わってしまうなんて、作品が不幸です。書き方が癇に障ってしまった方がいたらごめんなさい。
巻末のプロットを読むに相当先の展開まで構想してあったことが伺えます。
未完作品のプロットをこのように公開してもらえて、読者としてはわずかながらでもこの作品の未来を知ることができて幸せかもしれません。でも本来だったらちゃんと漫画として読めたであろうことを思うとすごく複雑なのです。プロットだけ読んでも超面白いんだものこの漫画。
あああーーーーなんだかなあーあ。もっと読みたかったんだよ青山先生の漫画が。本当に。
漫画を読みだして自分はそんなに経っていなくて、せいぜい7、8年くらいなんですけど、こんな形で楽しみにしてた連載作品が途絶えてしまうってことは今までなくて、どうすりゃいいのかわからないです気持ち的には。

そんな風にモヤモヤしながら読んでたら、コミックス一番最後のページで泣きましたよ。
グチャグチャなままの気持ちがせり上がってきて爆発しそう。
だって青山景キャラが勢ぞろいでこっち見てこんな微笑んでるんですよ。これ書かれた時にはそんなつもりはなかったはずでしょうけど、結果的に自分は青山先生から「さよなら」と言われてような気がしてしまいました。



そんな風に、とても冷静には読めない作品です。
ミュージシャンのCDが死んでから売れたりしますが、この作品は内容的にも非常に中途半端なので、この漫画を手にとってもきっといい気分にはなりません。だから人にも勧められない。
でも内容がつまらないなんてことは決してなく、このまま続いていれば傑作となっていたであろうポテンシャルを感じさせます。いろんな人に読んでもらいたいのは本当です。ファンとして青山先生の作品をもっと広めていきたいのも本当です。でもこの作品に限っては事情が違う。未完作品を勧めるのもおかしな話なので。
まぁともかく、これからきっと何度も青山先生の漫画を思い出して読み返したりするはずで、今まで楽しい漫画を届けてくれてありがとうございましたというのは書いておきたい。
「よいこの黙示録」第2巻でした。未完です。

『よいこの黙示録』2巻 ・・・・・・・・・★★★★
採点が上手くできない作品ですけど一応。本当に面白いからこそ惜しい。悔しい。

≪ [漫画]未来へつながる初期衝動 『THE DOG RACE 青山景初期作品集』ホーム[漫画]熱狂がぼくらの背中を押す『四月は君の嘘』2巻 ≫

Comment

このよいこの黙示録と出会ったのは2年前ほどで、
私の人生の楽しみの一つとなっていたのです。
最近になって2巻目がでて、青山先生の話を知らずに読みました。
なんだか物語が中途半端に終っているのに違和感を感じつつ、
続きが出るのが待ち遠しいと、今か今かと待っていたのですが・・・。
待ちきれなくなって、情報に疎い私が、パソコンを使って調べたら、
青山先生の記事がでてきて、信じられない衝撃に駆られました。
正直ものすごく辛いです・・・。
どうして青山先生は先立たれてしまったのだろうかと、ずっと苛まれています。
何か青山先生の為になれることがあれば、どうして力になれなかったのだ。と・・・。
求められれば、募金なり、相談相手になり、愚痴を聞くことなり、なんだってしたかもしれません。
それ程、苦しい気持ちです。
どうか安らかに、としか祈ることができない自分の無力さに悔います・・・。

私は、この作者は○されたのかな、と思っています。ツイッターも普通だったのに、いきなり不自然でしたし…。
宗教物を書いていたので…、しかも内容がけっこう彼らのやり口に迫るものがあったというか…、それでかな、と思うのですが。まさかと思うかもしれませんが、漫画ってすごいプロパガンダ作品ですし、彼らはすごく簡単に○すので…。自殺の9割は他殺です。
毎期、プロパガンダを意図的に選ばれてアニメ化されています。今期だと、突出して「マギ」と「新世界より」が、どこから突っ込めばいいのかわからないくらいプロパガンダの塊です。
国際情勢、政治、経済、宗教、は、実はカルトと、離して考えることはできません。皆さんが考えるよりずっと闇に包まれています。
今、ネットではネトウヨが暴れていますが、あれもカルトや暴力団右翼団体がやっていると思います。そして、そのネトウヨを「日本人のレイシスト」として叩いているのも、同じ人達です。自作自演です。で、差別利権を訴えます。何十年もこれをくり返してます。あんだけメディアと、連係プレーをして、一般人と考えるのは無理があります。最近ですと、花王と亀田も狙われました。ああやって、メディアと連携して、株価操作をして企業を支配していきます。
彼らはたぶん、国際金融、ヘッジファンドや多国籍企業の手下です。で、困ったことに、その人たちが宗教右っていうか、カルトや金融で支配して使って世界情勢を自分たちの思うように、動かしてます。世界中が日本と同じ在日問題にあっています。デモなんて全部やらせです。
自分で書いててなんですが、アホらしいって言うか、突飛です…。
統一教会、創価学会、幸福の科学、生長の家、霊友会、等、これら朝鮮カルトは全部一緒の組織ではないかな、と。会社の部署が違うくらいの違いかと思うのですが。
カルト宗教には関わってはいけません。


お前の方がよっぽどカルト臭いわボケ

ワロタ 完全に陰謀論にとりつかれてるカルト信者だわ

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。