FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[漫画]君が好きだと叫びたい。『ねじまきカギュー』4巻

記事タイトルはなんとなく。
ねじまきカギュー 4 (ヤングジャンプコミックス)ねじまきカギュー 4 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/03/19)
中山 敦支

商品詳細を見る

   本当はお前みたいに生きたかったんだ

「ねじまきカギュー」4巻が出ています。
もう次で「トラウマイスタ」を追いついちゃうじゃないですか。早いものです。

強くまっすぐ、貴方を護るために。 『ねじまきカギュー』1巻
いがみあい認めあう女の子たちの闘い。 『ねじまきカギュー』2巻
愛するからには自分も幸せにならなきゃ!『ねじまきカギュー』3巻

3つもリンク張るとしつこい感じになってしまうな・・・、ともかく。
これまでかかさず感想を書いてきていますし、4巻ともなると作品の方向性も定まってきて改まって書くことも減ってきていますなー。とはいえ作品の面白さは相変わらず!
十分な盛り上がりを見せていますが、安定感があるんですよね。意表をつかれることを織り込み済みな上での安定感なのがちょっと不思議なんですがw
それじゃ4巻の内容に触れていきたいなと思います。



異性交友を「不純」だと切って捨てる風紀委員。愛することに不純も何も無いとするカギュー。
対立する意志、すなわち個性。個性を重んじるこの学園では、勝利した個性はすべてを認められる。いままさにカギューちゃんと、風紀委員長・紫乃の一騎打ちです。
この紫乃とのバトルが今回の目玉でしょう。アツすぎて一気に読んでしまいましたよ!
最初はカギューを圧倒する紫乃ちゃんも、じりじりと追い詰められていく。
2人してボロボロになりながらも、人の温もりが染みる展開でした・・・!
やはりこの作品が叫ぶ絶対的な「愛の尊さ」はものすごいエネルギーだ。

自分の本心を閉ざしてしまった紫乃。恋心を隠さず、逃げもしないカギュー。
かなり違ったタイプの女の子たちですが、今回で改めてカギューという女の子の強さを見せつけられた気分。包容力がすさまじい。紫乃ちゃんをも包み込んでしまう。
変人怪人変態さまざまなキャラクターが出てくる作品ですが、メインヒロインという主人公のカギューちゃんが正のエネルギーを全力でガンガンぶつけてくるものだから、みんなやられてしまうんだ。勝負の勝ち負けではなく、彼女の魅力に取り込まれる。
だってカギューが望むのは、自分の訴えを認めさせることではなく、紫乃にカモ先生のことが好きだという本当の気持ちを言わせるため。
カギューはカモ先生を独り占めしたいわけではない。みんなが「好き」で幸せになって欲しいだけ。こんな器のでかい愛情を持てる子、そうはいない。

話を戻して紫乃戦。
顔の表面にヒビが入って、そこから涙がボタボタと溢れていく様子が印象的。
決して表情を変えず鉄のお面をつけたような紫乃。ヒビから漏れ出る涙。どれだけの感情を殺し、子供らしおいわがままを耐え、好きという気持ちを抑えこんできたんだろう・・・。
そしてついに決壊する。

カギュー2

!?

急に成長した紫乃ちゃん!今まで見せなかった甘い表情の紫乃ちゃん!かわゆ!
というかこれまでの無表情&コワモテのバトルの後に、待ってましたのこの赤面である。まんまとギャップにやられる!素の紫乃ちゃんのかわいらしさハンパないな!

今はまだ目の前に立って、その眼をみつめて、聞こえるような声で「好き」だっていうことはできない。けれどもう心配はいらないかな。自分をもう殺さなくていい彼女なら。
でもせっかくの告白を「え?今なんて?」で流されちゃってかわいそうだったなぁw そこはカモ先生クオリティかよ!チッ!紫乃ちゃん幸せになってくださいよ!再登場もしてください!

全力でぶつかりあうカギューと紫乃の死闘にも震えるってもんですが
その中でもこのシーンです。織筆のこの独白、この表情にもググッと心掴まれました。

カギュー

慰めあってはいけなかった。そうして自分のそばにおいておくことは、正しくなかった。
本当に紫乃の幸せを望むなら、ともに理不尽な世界と戦わねばならなかったのに。
あんなに涙を溜め込んだ彼女を助けられたのは、ずっと前からそばにいた自分だったかもしれない。そのチャンスはたくさんあったのに、所詮は自分の都合のいいように流されていただけ。そんな織筆の無念と後悔にはドキッとさせられましたね。
何より、この表情・・・。紫乃を深く思うが故の強烈な後悔が滲んでいる。いい表情だなぁ、切ないけれど。



紫乃編が落ち着いたら、今回の表紙でもある新キャラクター・窈が登場。
こいつだけじゃなくズラズラーっと新キャラが現れ、また一波乱ありそう。
というか、こいつらが次のボスかと思ったら完全に噛ませ犬な展開でしたねwこういう見せ方をしてくるのは中山先生らしいですな。
しかし窈にしろ新キャラのカギューの○にしろ、ディープな部分が不明なキャラがここからストーリーがどう動くのか予測不能です。森先生もあからさまに怪しいし。楽しみ・・・!

カギュー1

キャラも増えてきて、バトルのたびに仲間が増えて、どんどん居心地がよくなる。
破天荒なバトルと一緒にたいせつな想い出もそれぞれの記憶に刻み付ける、眩しい青春が繰り広げられている作品でもありますよなーと。
このシーン、明るい夜の表現が個人的にすごく好き。くっきり浮かんだ雲、散らばる星、影になって見えないけど楽しそうなキャラクターたち。大好きな絵。



そんな「ねじまきカギュー」4巻でした。
紫乃編完結と、次のエピソードへの橋渡し的一冊になっています。
特に紫乃とのバトルの決着にも熱くさせてもらいました!
この作品、絵にも言葉にも物語にも、すごく力がこもっている感じがたまりませんね。
全力を振り絞って愛を叫ぶ。こんなの気持よすぎるだろう。
力強さをMAXに表現しきる絵の迫力もすばらしい。デフォルメ絵は可愛く、バトルは激しく、混沌とした狂気と深い愛情が共同しています。
相変わらずあつっくるしい漫画ですが、それが魅力。これからも期待しています。

『ねじまきカギュー』4巻 ・・・・・・・・・★★★★
情熱的すぎるラブ&バトル。オマケ漫画にも笑わせてもらいましたw

≪ [漫画]1,2,3メインキャラ勢揃いでTRPG!『放課後プレイR』ホーム[漫画]歪み絡まる19歳たちの性。『ヒメゴト~十九歳の制服~』3巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク