FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[漫画]この恋、もどかしすぎる!『ラストゲーム』2巻

ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)
(2012/07/05)
天乃忍

商品詳細を見る

   ・・・いーよもう どこまでも付き合いますよ

「ラストゲーム」2巻発売!
もともと全三話の集中連載として構成されたお話ですが、好評につき連載化されました。
本屋行ったら今でてるLaLaの表紙になってましたね。人気出てきているのか!可愛すぎて買いましたとも。ちなみに雑誌の方はこの2巻のすぐ続きになってました。
さて2巻の感想を。1巻の感想はこちら。



もともと全三話で終えるはずだったため、1巻だけでとても綺麗にまとまっていました。
小学校、中学、高校、そして大学と、ずっと一緒で腐れ縁みたいな2人。
1巻はその構成が見事にハマっており、気持ちいい読後感を与えてくれていました。
というところで2巻。続編は大学生となった2人を描いていきます。
20歳を超えても、まったくもって二人とも進歩がない。いい意味でも悪い意味でもw
大学生になってまで、なんて純な関係やってるんだろうかと!
それがもう本当にかわいくて仕方ないのです。なんという牛歩。もどかしすぎる。

2巻で特にオイオイこいつらと思わせられたのは
いろいろあって九条に「私に何かしてほしいことない?なんでもする」といってもらった柳くん。
やったれ柳!花とゆめレーベルからヤングアニマルレーベル飛び出しちゃえよ!と、この2人にはありえない展開を冗談として期待しながら読み進めたら・・・やっぱりいつもの期待を裏切らない奴らです。
主人公の柳は家よし顔よしの勝ち組、そしてオレ様チックな少年。
そんな彼が自分の思い通りになってくれない女の子にお願いしたことは・・・

ラスト3

「下の名前で読んでほしい」ってこと。なんだよコイツかわゆ!!
ここでそういうお願いをするのが柳くんですよ。実際呼ばれて照れまくりだしなーあーもう!本当にピュアな奴らめ!10年来の腐れ縁で、いまさらこの進歩かよって。

この作品、いつもクールな九条さんを振り向かせようと柳くんは悪戦苦闘するっていう一番のお決まり展開があるのですが、お決まりと分かっていてもこれが読んでいて可愛すぎる。
柳くんのイケメンぶりは作中でアピールされていますが、彼はあまり嫌味じゃないですね。というか、自分の恋が上手くいかずいっつもジタバタ頑張っていて、微笑ましいくらい。
柳くんが他の女にグラつくこともないだろうなと思える。片思い一直線だねえ。




でもジタバタしてるだけじゃつかれてきてしまうもの。九条さんに全く反応がないわけでもないです。適度にデレ(・・・?)を出してきており、そのたび柳くんは浮ついてしまう。
九条さんがちょっと微笑みかけてくれるだけで柳くんは有頂天ですよ。
それで「コイツもしかして俺のこと好きなんじゃ」なんて。いや、そういう期待するたびに後でガッカリしてんだから学びなさいよと。でもいつまでもそんな微笑ましい男の子でいて欲しいw

ラスト1

九条さんがとる距離感って、時々すごく残酷かもしれない。
普段全然なついてくれないのに、ふとした時にはグッと近づいてきたりして。
九条さん自身が他人の気持ちにも自分の気持ちにも鈍感です。肝心な時にヘタレる柳くんと彼女の組み合わせは、ああそりゃ時間かかるよねえという感じ。

九条さんと言えば、2巻の7,8話なんかは九条さん視点が多く入っていて新鮮でした。
柳くん視点からじゃあまり見えてこない、九条さんが感じるささやかな寂しさが感じられてニヤニヤできましたね。恋とはまだ遠いけど、打ったらちゃんと、ゆっくり小さく響いてるじゃないですか。
彼女も柳くんの側にいる時間を大切に感じている。いい感じ。

ラスト2

柳くんと、だけじゃなく2巻で新しく入ったサークルのメンバーとも馴染めてきてますね。
本作はちょっとずつ九条さんが新しいことを知っていく、成長の日々でもあります。
そうそう、このサークルの女の子、藤本さんもいいキャラしてます。物語引っ張っていきます。元気いっぱいでかわいい。



「ラストゲーム」2巻はそんな感じ。小中高と時間が流れていった1巻とは違い、大学生に落ち着けて再始動。作者自身、1巻第3話の終わり方の後、どうストーリーを続けていけばいいのか悩んだそうですが、続編が読めて嬉しいというのが1番の想いです。
小学校からつながりがあるのに、どこまでもどかしい恋してんだよというw
純情すぎる大学生たちですが、大学生ならではイベントも活かされていていいですね。
1巻で感じたラブコメとしての少々のパワー不足ですが、2巻は全編ニヤニヤし通しでムハァ!
3巻以降もこっ恥ずかしくもどかしいラブコメを期待したいところ。
柳くんが萌えキャラすぎて辛い。

そしてこの2巻には最後に「わすれ雪」という読み切りが載ってます。
これがもう、名作。これ30ページほどの短い作品ですが、これだけでも★★★★☆つけたくなるくらい好き。
ラストゲームがだいぶ明るいノリのラブコメである一方、かつての「片恋トライアングル」や「夏のかけら」で見せてくれた、シリアスな中の鋭く切ない胸の痛みも天乃先生の持ち味。
この「わすれ雪」はかなり胸をえぐってくる切ない物語で、オチも含め素晴らしい。主人公がついつい悪口ばかり言ってしまうのも、最後まで読むとズキズキと。全編漂う切ない雰囲気もいい。

ラスト4

つなぐことができなかった手。それを踏まえてのラストシーンにはもう震えんばかり。泣いてしまいました。読み返すと見方がかわる構成もお見事。
天乃忍先生のこういう話も大好きだなぁ。というかここまで暗いのは初めて読んだかも。
この読み切りの出来も素晴らしいので、ぜひ読んでもらいたい・・・!!

『ラストゲーム』2巻 ・・・・・・・・・★★★★
ラブコメとしてグングン魅力上昇中の第2巻。本編とは雰囲気を変えた読み切りも必見。

≪ [漫画]全力の情熱は連鎖する。『FULL SWING』5巻 ホーム[漫画]2012年上半期の読書感想まとめ ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク