FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画]想像せよ・・・世界はエロで満ちている!『この○○がエロい!!』

この○○がエロい!! (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)この○○がエロい!! (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)
(2012/08/20)
金平守人

商品詳細を見る

   イマジネーションのエロによる世界平和を!!

「女子アナ」という言葉にちょっとドキドキする。
「ちんすこう」の文字の並びをちょっと変えてみたくなる。
そんな男子中学生・・・むしろ男子小学生並にしょーもない下ネタを愛する皆さん。たぶんこの漫画を気に入ります。
今日は金平守人先生の「この○○がエロい!!」の感想。
「アッタマわるぅ」と思わずぼやくこと間違いなしのハイテンションなエロギャグ漫画です。



日常のささいなワンシーンをきっかけに急にエロい妄想が始まる。
男なんてわりとみんなそんな感じなのでは、と思ってるんですが、どうなんでしょ。
もう大人になってしまった。けれどエロい話をすれば、少年のころのワクワクを取り戻せる・・・。それって・・・・なんだか素敵なことだと思うんですよね。(いい話風に)

まぁささっと内容について。
「世界には直接的なエロがあふれすぎておる!!モロ見えなエロなど行きつく所しょせんは医学書じゃ 若者よ もっとイメージするのじゃ!!
と声高に言い放って始まるこのお話。博士みたいな格好して全然研究もしていなさそうな単なるエロジジィであるエロ之宮博士と、助手の25歳むっちりメガネ、吉本さん。
この2人をメインに、なんだかエロく聞こえる言葉、エロく見える仕草などを探求していく。

1話あたり4ページと短いながら、ぎっしりとネタを込めこんでいます。
それが全44話、合間合間にオマケページもあり、だいぶお腹いっぱいの一冊。
しかし軽く楽しめるテンポのよさがあります。なによりネタをこれでもかと打ち放ってくるので、ギャグの方向性にピンとこればかなり楽しめると思います。
どれもこれもヒドい下ネタです。一般向けですが強烈にアレコレやっています。
冷静に考えれば、かるく胸焼けおこしそうなくらいの下ネタの連打。なのにスルッと読めてしまうのは、やっぱりエロの魔力はすさまじいということか!頭カラッポにしましょう。
特に読者から募集した「エロく聞こえるシチュ/セリフ」シリーズが面白かったなぁw

このエロ1

うん・・・これは、ね。意識しちゃうとふへへってなりますね。ハイ。

このエロ3

うむ、純朴そうな学生さんが「汁もいっぱいいれてください。」・・・どこにだい。
AVとかエロ漫画で使われる単語を現実で聞くとドキッとすることあるある。なんて迷惑な言葉の逆輸入だよ・・・おかげで楽しく生きられる。

こんな感じで、「ちょっと聞き方/見方を変えることでエロくなる」場面を紹介していく。
無理やりだなあと思うものもあれば、「これはなるほど素晴らしい」というものまで様々。
ちょっとだけ新しい世界が発見できたような気がしましたね。(神妙な顔で)

基本的にエロジジィがエロネタで暴走して、助手さんが引き気味に見守りつつセクハラされるっていうスタイル。キャラの掛け合いとしてはコテコテの漫才チックな要素が強い。
でもこの雰囲気はいいなぁ。きわどいネタも、カラッと笑える明るいエロスに変換される。
ネチッこさはほとんどないんですけど、そこはギャグマンガとして良いことかなと。
・・・ところで途中で少しだけ出てきた、エロ研究員の下っぱ3人娘はどこいったw



ストーリーは存在しないので、いつもみたく長々語るってのをしませんが
何度も読み返して「うわぁ、ひでえなこりゃ」と苦笑いできるいい漫画だと思います。褒めてます褒めてます。ピュアな心を持ち下ネタで笑うというのは幸せです。
1巻のナンバリングがされていませんが、今も連載中とのこと。長くかかるとは思いますが続きのコミックスも出る・・・かも。楽しめたので楽しみにしています。
金平守人先生の絵はもちろんかわいらしいし、いつものおふざけも、エロネタに全力投球しているぶん漫画の魅力にわかりやすく繋がっています。なんとなく、過去の作品はけっこうナンセンスギャグも多かったように思うんだけど。あと表紙とかの実験的な遊びw
まぁとにかくストレートに下ネタを繰り出しまくる漫画です。
人によっては読めたもんじゃないレベルのひどさなんだろうけど、好きな人は好き。人を選ぶ作品でしょうね。でも俺は好きだなw
ものすごーく下品なんだけど、でもやっぱり面白いのだ。女の子もかわいいし。

このエロ2

アウt・・・・・・・いや、クマですよクマ。セフセフ!

『この○○がエロい!!』 ・・・・・・・・・★★★☆
ずーっと下ネタを飛ばし続ける本。元気になれる、愛すべきバカバカしさw 
金平先生と言えば「エロ漫の星」も面白かったですねえ。

≪ [漫画]本当に私たちはわかりあえた?『タイプライターのリボン』ホーム[漫画]一瞬一瞬を刻みつけて『ハレルヤオーバードライブ!』7巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。