FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[漫画]終わったあーっ!?『男子高校生の日常』7巻

男子高校生の日常(7)(完) (ガンガンコミックスONLINE)男子高校生の日常(7)(完) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/12/22)
山内 泰延

商品詳細を見る

   なあ 彼女ってどうやってもできないね

うおおお、終わってしまった。『男子高校生の日常』最終巻です。
アニメ2期はストック的に遠いだろうけど見てみたいなー、とか思ったらまさかの最終巻。
ガンガンオンラインで読んだときは「マジで最終回!?」とビックリ。タイトル変えて再始動とかするのかなーと待ち。単行本最終巻になにか続編のこと書いてあるかなーと待っていたところ
ほ、ホントに終わった・・・・・・・。
でも確かにここらで幕を閉じておくのも、寂しいけどいいタイミングなのかもなとも思いますね。長くなりすぎってこともなく、いい尺に収まったなと。
さてそんな最終巻の内容をさくっと。



まず、畳み掛けるように文学少女が登場してくれて嬉しい一冊でしたね!
好きなエピソードは、まず100話。
ヒデノリとはしゃいでる文学少女・やっさんはやっぱりかわいい!それを再確認したエピソード。ヒデノリの後頭部に思い切りヒザ蹴りかまして吹き出したw

男子高校生71

クリーンヒット!
やっさんがヒデノリを追いかけるのは何なんだろうな。別に捕まえようとしているんじゃなくて、追いかけっこをしてくれると期待しているだけですかね。
まずさりげなく映画館で隣にすわってる段階で、この娘ストーキングしてるよな!前にもあったけど!で、不意の事態が起きたら慌てちゃうという・・・うむ・・・やはりやっさんが慌てる姿がかわいすぎる。

最終話目前の104,105話は、伝説の文学少女登場回のセルフパロディのようなネタ。自分がこの作品を知ったきっかけのエピソードでもあり、あと純粋に破壊力の高いエピソードなので、こうして何度もネタにされてると嬉しい。
 
男子高校生72

かわいいなぁーやっぱ!正直性的な目で見る!(どうでもいい)。

りんごちゃんの見納めとなる102話もおもしろかったですね。
ここまで爆睡して起きないとなると薄い本のネタができちゃうね。最後の最後までバカだった。最後の話で寝てるだけっていうのもりんごちゃんらしかった・・・!アホかわ!

そして最終話は原点回帰!
ヒデノリ、ヨシタケ、タダクニの3人で部屋でダベる。そうして男子高校生の日常は始まったのです。そしてダベって男子高校生の日常は終わる!
これで終わり!ってことですが編にシリアスな話に行くこともなく、この漫画らしいラスト。一応伏線らしい伏線も回収していくんだけど、えっその伏線?ってのと、えっそういうオチ?という二段構え。なんでもないようにいつも通りの雰囲気で終わっていきました。
そういうのがなんか、この作品らしいなーと微笑ましい。
だっていかにも「これで終わりです!」なんて綺麗な終わりしたら、それこそさよならみたいだしな。だら~っと日常のままってのがよかったです!

描き下ろし漫画では、文学少女やっさんの「で、正直なとこやっさんてヒデノリのこと好きなん?」ってところに突っ込んでいく。最後の赤面まで見届けてホッコリ。
「女子校生は異常」シリーズも、いちおうの着地?
最終的には羽原さんヨカッタネーという・・・感じで・・・たぶん・・・。



さくっと。そんな最終巻でした。
最終巻って書かれてなかったらそう思ってなかったかもしれない内容。
でもまぁ、こういうゆる~い終わり方が、この作品には合っているような。

「男子高校生の日常」もこれで終了です。
WEBコミックの中でも特に成功しているように見えるガンガンオンラインを支えた、このレーベルの代表作だと思うんですよね。この作品だけの功績ではないでしょうけれど、勢いを生んだと思います。
アニメ化までしてWEBコミックとしては相当な知名度を得ましたし
初期から文学少女ネタで話題になってたりしましたね。
作品の面白さはもちろんのこと、そういう意味でも大切な作品でした。

1巻2巻あたりのネタの破壊力が高すぎて、あの時の盛り上がりは後半にいくにつれ薄れていったように感じていたのは事実。
それでも最終巻まで、この作品らしいゆる~っとしたバカらしさがあって気に入ってました。最後まで楽しめました。全7巻。いいくらいだな。だらけて読むのに最適なシリーズ。

『男子高校生の日常』7巻 ・・・・・・・・・★★★☆
いつもどりなノリのまま、アッサリ終わった・・・。
男子高校生よ、バカであれ残念であれ、永遠であれ・・・!!

≪ [告知]”この冬、この漫画であったまろう! 今をときめくラブコメ漫画10選”のことホーム[漫画]クリスマスだしエロ漫画2012! ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

11  07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク