FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[漫画]クール・クーラー・クーレスト!スタイリッシュ学園コメディ『坂本ですが?』1巻

坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
佐野菜見

商品詳細を見る

   …やれやれ 貴方もMr.ビーも授業中ですよ 静粛に

「坂本ですが?」いや知らねーよ。そんな『坂本ですが?』1巻が出ました。
この絶妙にウザいタイトルが、すごくあってるんだよなあw
Fellows連載のギャグ漫画で、もとは読み切りだった記憶があります。それが連載化して単行本化という流れ。
雑誌で追っていたしコミックスはいいかな~とも思っていましたが、書店でこの1巻表紙の坂本くんに鋭く見つめられたら、逃れられなかったですね・・・。そのままレジまでお供。

坂本くんはとにかくクールでスタイリッシュな男子高校生。
何気ない日常の一幕も、彼の手にかかれば映画のオシャレなワンシーンに変わる!
シュールながら爆発力のある、いいギャグ漫画ですよ。



やっていることは普通なんですよ。登校して、遅刻しそうになる。授業を受ける。日直の仕事をこなす。バイトをする。普通の高校生と同じ生活。
でも坂本くんは、それらを全てカッコよくやってのける!

坂本ですが11

坂本くんにかかれば日直の仕事すらこんなカッコいい!普通にやれよ!なんてツッコミはヤボってもんですよ!
学校のみんなは、いや学校外の人も坂本くんのクールっぷりに惚れている。
彼のことを気に食わない不良も登場しますが、最終的にはコロッと坂本くん攻略されてしまいます。坂本くんハイスペックすぎィ!
そんなわけで、もうとにかく坂本くんのキャラクターが強烈。
どんな時でもブレない。媚びない。孤高のイケメンである。
読者としては、坂本くんのクールなアクションも、それに「おおっ」と見惚れちゃう観客たち(もう観客と言ってもいいと思う)も、バカバカしすぎて笑ってしまうのだ。

でも、坂本くんのやるスタイリッシュアクションは、もしかしたら読者自身が妄想したことがあるものもあるかもしれない。こんなことしてみたいなぁ~っていう、とりとめもないバカな妄想。
なんでもない一挙一動を、気取ったふうにクールにやってみる、なんてことはもしかしたら今もひとりでやっているかもしれない。ちなみに俺はたまにやる。・・・やりません?テレビのリモコンをかっこよく構えてボタン押したりとか。・・・や、やらないですか。まぁともかく。
そんな、誰かが見てるところでは絶対にやれないようなことや妄想を、現実にやっちゃってるのが坂本くん。それも恥ずかしげもなく、めちゃくちゃカッコよく。
だから「うわぁぁぁぁぁ」と顔を覆いたくなるような恥ずかしさが、笑いに昇華されるってところがこの作品の面白いポイントだと個人的には思いますw
行き過ぎたスタイリッシュは、笑いに変わってしまうんだな・・・・・・・。
笑わせるつもりでスタイリッシュに描かれている漫画なんですが!

ストーリーも実にしょーもない。しょーもないからこそ笑える!
授業中にハチが入ってきて大混乱になったり、ボヤ騒ぎを反復横とびで消そうをしたり。いちいちバカらしくて楽しいですなー。

坂本ですが12

「やれやれ」じゃねえよ!

バカっぽいんだけど、坂本くんがちゃんとホントにカッコいいのがいいですね。カッコいいけどバカみたい、バカみたいだけどカッコいい。その揺らぎがこの作品の魅力。
そして坂本くんのおかげで、周囲の人たちは大切なことを知っていく。
しょーもないストーリーなのにイイハナシダナー的に終わるのがまた笑えるw



Fellowsと言えば雑誌に深い味わいを与えてくれる、ギャグ漫画が豊富な雑誌でもあります。
「ヒナまつり」「秋津」「ふうらい姉妹」あたりはすでに人気ある作品だと思いますが
そこに「坂本ですが?」も加えて、いい連載陣になってるじゃないの、と。ギャグ漫画のレベルが高いのは嬉しいものですからね。
余談ですが、Fellowsは「ハルタ」って名前に変わるらしいですな。名前まで変えなくてもいいのにねえ。

さぁ、これを読んだらきっとあなたも坂本くんの虜!
スタイリッシュすぎて笑いがこみ上げる不思議な学園コメディ漫画です。

『坂本ですが?』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
書いておいてなんですが、細かな説明は不要。読めばわかる、坂本くんのかっこよさと面白さ。

≪ [漫画]本気で吠えて本気で悔しがる、これぞ青春!『銀の匙 Silver Spoon』6巻ホーム[漫画]背筋ゾクゾク、脳はクラクラ、阿部共実の多彩なカオス『大好きが虫はタダシくんの 阿部共実作品集』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク