FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波的な彼女一巻感想と色々

電波的な彼女 (集英社スーパーダッシュ文庫) 電波的な彼女 (集英社スーパーダッシュ文庫)
片山 憲太郎 (2004/09)
集英社
この商品の詳細を見る

情けないことに、前々から気になりつつも手を出していなかったシリーズ。
中古で100円コーナーになぜか超綺麗なのがあったので買ってしまいました。
まず、タイトルどうりですね。電波です。超デムパ。だがそれがいい!
「前世が~・・・」「世界を股にかけて~・・・」「私はあなたを守る~・・・」という感じの初めて読むタイプのヒロインでした。いやいや、電波もいいねぇ!
意味不明な理由をつけて主人公のつけまわすのが、終盤ではとても可愛く感じたw
まぁ内容としては・・・事件内容がエグいミステリというのかな。
エグいってのは殺人方法とかじゃなくて、犯人の生い立ちが。
読んでて気分が悪くなってくるイヤ~なナマナマしさ。
文体が結構キッパリと言い切ってくる鋭い文体なので、シンプルにいやらしい。
まぁ読み終えたときはそれなりに爽快な気分になりました。でも主人公が空気じゃね?
ストーリーは、まぁわりと王道なんだけど、キャラがみんなとても魅力的な本でした。
・・・でも読み終えてしばらくたって思い返してみると、実は全く救いないね、これ。
ラストのラストだけ爽やかに〆てるけど、実際、事件内容の陰湿さは不愉快極まりない。
でもさっぱりした文体も読みやすいし、まぁなんだか、そういう不愉快さがなんだか好み。
好奇心で、見てはいけないものを覗いているような、そういうハラハラ感。
ん~、これは久々にキタんじゃないのか。さらさら読めるのにずっしりだ。

≪ 壮太君のアキハバラ奮闘記6巻感想ホームきみのカケラ6巻感想と色々 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。