FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕の歌 world's end  感想

君と僕の歌 world's end (電撃文庫ビジュアルノベル) 君と僕の歌 world's end (電撃文庫ビジュアルノベル)
橋本 紡 (2004/03/25)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

北海道でなぜか買ってしまった一冊。まぁ、絵本です。
文を担当しているのは橋本紡さんです。半分の月の人。大好き。
絵の担当は高野音彦さん。アニメ塗りじゃない繊細な感じでいいね。
値段が少し高いワリに厚さはそんなにないですが・・・非常にしんみりする内容でした。
謎の病気が世界中で人々を遅い、人類は滅んでしまったかのような廃墟が広がる。
そんな絶望の中で、自称「滅びかけた人類の調査体」の女の子を出会う――・・・。
特にドカンとした事件もなく、けど最後には大切な何かを見つける物語。
非常に余韻あるラストですが、謎もまだ残ります。
まぁそんな、物語の補足をかってに脳内でしてしまうのも、楽しみの一つかも。
いやぁしかし、絵が綺麗だなぁ・・・・・・。アニメ絵よりこっちのが好きなんすよ。
繊細な絵に、繊細な物語。橋本先生の作品が好きならこちらもオススメ、ということで。
ただ、もうちょっと長くして欲しかったかも・・・。
これ以上どんなエピソードを追加しろというんだ、と思うけど、やっぱりこの不安定な世界ことを書くにはこのページでは少し足りてない気がする。
もっと徹底的にボロボロに腐った世界を見せ付けてくれれば、
ラストへの展開にもっと感動できたのかもしれない。今でも感動してるけど。
まぁそうはいっても、満足ですよ、はい。

絵本という形で発表された、少しブラックで、少し救いがある、とても絵本らしい作品。
糸を撫でているような手触り、・・・というか読み心地が味わえます。

でももうちょっと安くして(´・ω・`)

≪ 鋼の錬金術師17巻感想ホームヒャッコ感想 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。