FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に解・罪滅し編3巻感想とか新PC

【鏡音リン・レン 初音ミク】 ぱっへるべるのかのん 修正版
なんという洗脳。職人さんすごすぎ。そして表情かわいいw
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3 (ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3 (ガンガンコミックス)
(2007/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

「仲間ってのは隠し事なんかしないんだよね?じゃあ圭一君は お前は私の仲間なんかじゃないッ!!」

実写映画化もされてしまいます。やめてくれ拷問だ。しかしキャストの女性が結構かわいかったりする。
・・・ひぐらし漫画も来るトコまで来ましたねー。罪滅し編3巻です!
作画担当の鈴羅木かりんさんの絵も迫力満点ですが、3巻の見所といえばですね・・・・・・圭一君の覚醒ですよ!これに尽きます。
レナから突きつけられた、過去の過ち。圭一はそれを認め「嘘をつくのは仲間じゃない」と魅音たちに自分の過去を語る。でもそれは違うんだと仲間たちは言った。昔なんて関係ない。大事なのは今の圭一なのだ。涙を流す圭一に、そして魅音は言う。 「早く元気になぁれ☆」 そして取り戻す、あるはずのない別の世界での罪の記憶。・・・・・・俺は、どこかの世界で、魅音と、レナを、・・・殺している。
作中の圭一と同じタイミングで叫びだそうかと思ったよ、なんというカタルシス。
レナと圭一の状況が鬼隠し編とそっくり入れ替わったものなのです、この物語。
過去の過ちを今に引き出して相手を拒絶する。自分が正しい、他の人間は自分を欺いていると思ってしまう。
そしてレナは、圭一を救うため最後まで戦った。じゃあ、圭一は・・・・・・決まってる。今度はKの番っすね!
漣は罪滅し編が全ひぐらしシナリオの中でも一番好きです。ひぐらしといえばやはり圭一とレナだと思っているので、回答編で尚且つこの2人が最高に目立つこのシナリオを嫌いになるわけがない。あと、シナリオ終盤の圧倒的な熱さ!まぁいろんな意味で熱いのは祭囃し編なんですが。・・・そもそも回答編は罪滅し編以外、レナも圭一も影薄いんだよね。
まぁ、3巻ですべての準備は整った、といった感じです。
作画も満足。鬼隠し編のころを彷彿とさせる見開きホラーシーンも少しずつ復活してきてます。
圭一が裏切ったと悟るレナの表情はもうひどいアリサマ。もうヒロイン降格並の顔芸です。だがそれがいい!
罪滅し編はとくに展開が熱いので、漫画にも期待していたのですが、これは期待できそう。
2巻まではまぁまぁかなーってレベルだったのですが、3巻でバケてきたように思います。
圭一覚醒のシーンがヤバかった。鬼隠し編と重なる瞬間で鳥肌立ちました。
4巻の発売が待ち遠しい。

「ひぐらしのなく頃に解・罪滅し編」3巻 ・・・・・・・・・★★★★☆
リンクする2つの出来事。立場。言葉。雛見沢。燃えすぎだよ先生!!これは最終巻である4巻も楽しみ!



PCを新しくしました。Vistaです。いえぃ。XPのがよかったぜ。
家族共有PCなので家族全員で金を出しすが、さすがにPCなので出費デカい。
まぁお年玉ももらって余裕あるので大丈夫・・・かな。うん。たぶんww
でもなんかおかしい。やたらフリーズします。というか、カーソルは動かせるのにまったく信号受け付けない感じ。何やっても反応なし。泣く泣く強制終了。おかしいね、最新なのに。メモリ2Gなのに。
というわけでちょくちょく止まってこれひとつ更新させるのにも時間かかりました。
ではでは。
コメ返しどれするればいいのか把握できなくなってきた。
今度ドカッとやります。

≪ ひぐらしのなく頃に現壊し編感想ホームエム×ゼロ7巻感想 ≫

Comment

やっぱり世界でもっとも普及していてもっとも未完成なOSだよなw
買うならMacでも買いやがれプギャーwww

ComicMarket73にいきたい!!!
と12月の末に叫んでいた俺。
結局いけなかったお・・・
わかってらー!
なかなか良質なゲームやら同人誌あるなーとwinny君に頼んで一日放置したら、あらまビックリ、HDパンパンワロスwww半分偽者で俺なみだ目www

LANケーブル買った。
最近出費がかさんで正直いたいw

おまい、お年玉いくら貰えるんだ??
PC買えるほどって、凄すぎ。
俺のお年玉5000円←正直、ワロタ
まぁその金で、マンガを大量購入したんだが。
年末年始は、いろいろとありすぎて、宿題をやっていなかった俺。今、必死でやってますよ。
漣は、もう終わってるのかな?
俺は、別の意味で終わってるわけだが………。。。
でも、そんなの関係ねぇ!←まだ生きてるね。このネタ

いろいろとカキましたが、今年もよろしゅう!!
仲良くしていこうぜ!!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。