FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅1巻感想と色々ジャンプとかスマブラとか

タイトルに誤字がありましたんで修正しました。
紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/12)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

   「わたしたちは、相思相愛だ!」

今春アニメ化決定のライトノベル、紅です。
作者の「電波的な彼女」の番外編みたいな扱いだったはずが本編である電波よりも先にアニメ化してしまうとちょっと恐ろしい作品。しかし読んでみて納得。確かに、こちらの方がアニメ化映えするでしょうね~。
ストーリーは、まさにラノベのテンプレって感じです。
揉め事処理屋をする高校生・紅のもとに一人の女の子が預けられた。最初は話してもくれなかったが、紅と暮らしていくうち心を開いていく、という・・・・・・まさにテンプレ・ラノベ。ベタだなぁ・・・。唯一の特徴といてばヒロインが幼女だということか。そしてこれは唯一にして強力な武器ですよ!
敵に少女を奪われ、フラフラになりながらも助けに向かう姿は燃えるものがありますが、まぁありきたりですね。
ついでにネタバレしてしまうと、この一巻は近親相姦がネタになっており、なんとも嫌な気分にされてくれるものです。・・・が、このいやらしい設定は流石「電波的な彼女」の作者だなぁと思いました。
少女の兄が「俺の子を生め」と言ってきたときは「変体キタ――!!」とちょっとうれしかったw
まぁしかし、それ以外の設定はどうかと思います。名家の娘・息子とかそういうのばかりです。電波的な彼女のキャラたちの苗字も少しでてきて「おっ」と思ったのですが、よく考えるとどうなのコレ。
日常に潜む狂気に惹かれた作品だったので、その魅力あるキャラたちが実は名家の人間だったと知ってちょっとがっかり。なんだよ最初から普通の人間じゃなかったのかよ、と。あくまで「平凡な人間」でいてほしかったな~・・・なんて。
まぁそんな残念な番外編ですが、ひとつの作品として見ればまぁまぁかな。
ちょっとシリアスな「コメディ+バトル」物として、可もなく不可もなく。
ヒロインである紫がとてもかわいいのは好印象です。ラブしてます。
いろんな人たちが登場しましたが、活躍したのは一部だけ。これから動いていくんでしょうね。そこらへんちょっと楽しみですが、・・・しかし積極的にこれからも読んでいこうと思うには及ばない作品だったかと思います。
・・・電波的な彼女の続編がみたいです・・・。まぁこっちがアニメ化するししょうがない・・・。

『紅』1巻 ・・・・・・・・・★★★
キャラの多様さに+1。変体に+1。前作の雰囲気破壊に-1。アニメに期待します。

エム×ゼロ 柊愛花 完成品フィギュア 集英社
というわけで愛するエム×ゼロのヒロインのフィギュアが発表。・・・・・・ぶっちゃけ微妙!
まぁでもこれを皮切りにメディア展開されていったらうれしいなぁ。カスなアニメでもいいからさ。
ToHeart2 AnotherDaysの柚原このみ役の声優が不評らしい
うお、結構アレですな・・・。 ま、無印版まだやってないんですけどねー・・・。CLANNADもひと段落したらちまちまやっていこうかと、思ってますが・・・イカさんがどんどこゲームよこしてくれるのですすめねぇwwww

信者間の抗争激しく、雑誌内の新陳代謝も激しい少年ジャンプですが、今期も終了作品が決定した模様。某掲示板で話題になってました。
終了作品は4つ。新連載3つのうち2つ、長期連載のバトルギャグ漫画が1つ、妖怪モノがひとつ。ああ、あとバトルギャグ漫画がなくなるのか・・・かなりショックだ。最後までテニスやらずに突き通していってほしいなぁ・・・。
・・・まぁ雑誌内で正式な発表があるまで100%の確信はもてませんが、実績ある関係者さんなのでほぼ確実でしょう。おもいきった摂取選択ですね。新連載はミスフルの作者、ハンタハンターの再開と新人2人とのことです。
まぁジャンプの場合物語以上に打ち切りレースが面白すぎるwwwと思うトキもありますしねwww好きな作品多いんだけどww
集英社の漫画は本棚にもかなり多いです。
ではでは。

なんか少し雪がつもってますね。寒いっす。

 
 
 
 
 
 

 
ふと見ると広間にWiiがあった。

いつのまにやってきたんだ。


横にはスマブラXが添えられていて、
またその横には恍惚の表情を浮かべながらプレイする弟がいた。


俺もやってみた。



やはりいやらしい笑みを浮かべている自分に気づいた。







おもしれええええええええええええええええええええええええ!!!


メタナイトの突進攻撃?をやりまくってたらそのまま無抵抗に落ちちゃったり

あいかわらずピカチュウの復帰技で電光石火?が一度しかできなかったりしてますが


やっぱおもしれー。

≪ ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ1巻感想と色々ホームわたしたちの田村くん漫画3巻感想と色々 ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。