FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星のさみだれ3巻感想と色々

惑星のさみだれ 3 (3) (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 3 (3) (ヤングキングコミックス)
(2007/05/28)
水上 悟志

商品詳細を見る

   「我らの滅びを望む者を 噛み砕き 呑み下し 食い滅ぼせ!!」

表紙がいいですね~、クールでかっこいいじゃないですか。過去一番好きな表紙です。
3巻は味方メンバー(ややこしいのでそういうことにする)の全員集合、顔合わせ。それとラスボスの出現といったところ。そして東雲半月関連もこれで終了かな。
終結した騎士たちは、まだ全員のキャラは把握出来ないんだけれど、この人たちが何をしてくれるのかという期待感を煽られるし、それを仕切ってまとめ上げる魔王・・・とかいてプリンセス・さみだれのかっこよさに痺れたww
基本まったりしてるからか、キメ台詞のコマが本当に上手くキマってる。3巻は特にそう感じました。そしてバトルの展開がスピーディなのもいい。緩急ついて読むのにあきません。まぁ読んでて飽きるなんてほかの本でもメッタにありませんけどね。
主人公・夕日は半月の死によって、恐怖で戦うことができなくなってしまいます。新しく現れたヘビの騎士からも「戦いの場にやってこないでね?足手まといになっちゃうから」と。読んでて燃え展開フラグだと気づいて、ページをめくる手が止まらなくなる。そして恐怖を引きづりながらも戦場へと出て行った夕日。確かに自分は弱い。守られてばっかりだ。半月は自分をかばって死んだ。本来自分が守るべきプリンセスにも助けられた。情けない。それでも騎士か!誰かに守られっぱなしじゃ駄目なんだ!!
そして泥人形にラリアットで突っ込んでいきました・・・バカだー!でもかっけえええ!!
半月さんの最後の願い事もなかなかに感動的。2巻も一緒に読むとグッとくる。
ラスボスの登場シーンもかっけぇな。こう、ヌルーンって。キモかっこいい。
それにしても集結した騎士たちの素晴らしさといったらないね。メンバー『ネズミ・カマキリ・カラス・鶏・亀・フクロウ・黒猫・ヘビ・馬・トカゲ・犬・カジキマグロ』。なんだよこれ、カジキマグロとかそもそも獣じゃねーしwwでもそこがいい。なんかシュールww
それとヒロインのさみだれのかわいさがさらに加速してきた。ちょっと大人をアピールしてみるも胸を夕日にガン見されて照れる。かっこよく命令してみたら夕日がかっこよく返してきたので照れる。夕日が三日月に嫉妬していると分かってニヤリ。・・・んでもやっぱり魔王です。〆るところはきっちりクールに〆ときます。そこの軽いギャップもいいなぁ・・・。
絵も内容も相変わらず少年漫画路線全開といった感じ。燃えっす。
戦闘シーンの構図も、見やすくかっこよく迫力満点。雑っぽい絵柄も内容に合ってます。
ゆるいのに不思議と燃えてくる漫画。

『惑星のさみだれ』3巻 ・・・・・・・・・★★★★
主要キャラはこれで出揃った。マイナー気味な作品ですが、何か、メディア展開があれば人気に火がつくかも・・・。とりあえず王道な燃え作品が好きなら買いだと思いますよ。

ここだけ修学旅行中の就寝時wwwwwww
おきてるヤツは返事しろ~。   ・・・・・・・。   ・・・・・・・、・・・え、俺だけ?
懐かしのFLASHと言えば
unixのフラッシュ好きだったな~。歴史系フラッシュよくみてました。感動系はすぐ泣いちまう。

昨日はバレインタインでしたね。
家でチョコクッキー食べました。おいしかったです。・・・・・・・・・・・・・。
学校の友人とスマブラでネット対戦。2回しか勝てなかった俺涙目。
俺のピカチュウが何度も画面外へと消えていった。なんという儚さ。電気鼠最高。
スマブラ、ストーリーモードクリアしてない。やりたいなー。
そんなこんなで普通の一日でした~。

ではでは。

>>缶様
あややや、あんな屑みたいなレビューを読んでくれてありがとうございます・・・!
電波的な彼女、個人的にもかなり気に入ってる作品です。キャラの設定は純粋にラノベチックなのに、世界観だけが妙に現実的、というか殺伐としているのが味がでてました。それでキャラが浮いてしまうどころか、ちゃんと足がついてしまっているから驚き。(・・・でも良く考えてたら浮いてたな)

・・・トラックバックですが、こちらから送るのは初めてだったので勝手が分からず、もういいよ(泣)な気分で前回の記事で送信させてもらいましたがよかったんでしょうか・・・。難しいな、トラックバック。どれを送ればよかったんだ、トラックバック。





>>いか様
いやいや、こんな駄文に意味はないと思っているよ。少なくとも僕はね。(外国人アーティストが答えたインタビューっぽいくちぶりで)・・・いや、本当に見直してみると恥ずかしくてたまらんよ本の感想って。これでも結構真剣に書いてるのに、絶対に軸がぶれていっちまうからなwでもこんなカスの感想で、ちゃんとここに来てくれる人もちょっといたりするらしく、そのヘンはやってて良かったと思う。







最近思ってきたんだけど、俺の本の感想、書いてることが幼稚すぎ。

なんか冷静に見てたらこれ誰が得するんだと思えてくる。





まー、本を読んで、それについて考えてることが大好きなので

こうして感想としてまとめていると、やっぱり読んだ本のことを自分の中で一度整理できます。

やっぱり自己満足なんだと思うけど

まぁ好きな作品のこと宣伝できて、しかも書いてる自分も楽しい。

一石二鳥ではないか!!


・・・と思ったけど、やっぱり俺の文がヘタなもんだから・・・。

これでも文系人間なんだけどな~。グッとしまった文が書きたいモンです。

まぁ別に漫画の評論家になりたいとかそういうんでもないので

やっぱりいいのかな、これで、うん。

でも、もっと軽いフットワークでひょろひょろ書くほうがいいのかねー。

最近気合入って長文になりがちなので、そろそろ短くしていきたいです。

でも書きたいこと増えていくんですよ、書いてる途中でw








キミキスの廉価版がでましたね・・・。未だに買おうか悩んでます。。
CLANNADのDVDも買ってるので、マジで、財政厳しい・・・!

≪ 朝霧の巫女1~5巻感想とイカホーム5万ヒットありがとうございます・・・と、ひかりのまち感想と色々 ≫

Comment

それでぜんぜんいいじゃないかw
別にここは”まだ”ブログなんだろ?だったら好きなことしてていとおもうぜ

まったく本文と関係がないんだが、「だめよめにっき」ってのを買った。
私屋カヲル先生の作品だが、なんとも和む作品だったw
最近エロゲも過激で明らかに触法行為だろ・・・みてーなのばっかやってたから、こういうマンガに触れると、心が正常に戻っていっている気がする。
あくまで俺の気なわけだがなwwww

ばれんたいん?
何それwwwww俺そんな横文字しらねぇwwwww








自重しますね

http://www8.axfc.net/uploader/17/so/H_41805.zip.html

pass「いつもの(←決してこの言葉ではないお)」

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。