FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒャッコ3巻感想と色々

ヒャッコ 3 (Flex Comix)ヒャッコ 3 (Flex Comix)
(2008/04/12)
カトウ ハルアキ

商品詳細を見る

   「けしからーん!!」

輝きまくりな表紙のヒャッコ3巻。そしてまだ3巻目だというのになぜかアニメ化が決定してます。ネット掲載なのによくここまで来たもんですな。まぁ発売元がソフトバンクなので、ムリヤリ押し出してる気がしなくもない。・・・でもまぁ、アニメ化も納得の面白さがある作品です。
2巻では続々と新キャラを登場させてきましたが、3巻では虎子の家庭事情のお話が半分くらいが占めています。この辺、結構シリアスなお話になっているので、一冊のバランスとして考えると、今まで出一番暗いかもしれません。まぁ暗いというより、ちょっといい話、って感じかな。
常に笑いの中心にいる虎子ですが、彼女自身はどういう人物なのか。こういうエピソードがあるとそのキャラはもちろん、作品への愛着もわきますね。
というか狐さんいいキャラだなぁ。こいつが活躍すればもっと楽しくなりそうだw
んで後半は新キャラにロリっ娘ヒツギちゃん追加でまた賑やかに。飛び級で虎子らと一緒のクラスにやってきた小学生サイズ。最初はおどおどびくびくしてた彼女も、やっぱし虎子たちと絡まれてすぐに仲良くなった。
自然な流れで友達を増やしていく女の子たちを描いている作品なので、この作品はひとつのお話にたくさんキャラが出てくれば出てくるだけ面白くなる。みんなでわーっと盛り上がっている様子を楽しむマンガです。
まぁ「いでじゅう!」とかの一話完結学園コメディっていう形式が好きなら気に入るでしょう。
ゆったりした空気で意外と暴力的なことやってる作品です。恋愛要素はあんまりないですね。
・・・勉強回とプール回がよかったな。こういうバカなノリの方があってるかも。

『ヒャッコ』3巻 ・・・・・・・・・★★★★
オビで巨大な「アニメ化」の文字でちょっとうんざり。でも作品の面白さは変わらずです。
この巻で大体主要キャラは出し切った感じ。次からは夏休み編です。楽しみ。

『"文学少女"』コミカライズ決定!
高坂りと先生が作画担当。儚げな雰囲気はあってるけれど、それだけじゃない文学少女シリーズがどう漫画になるのか、楽しみです。遠子先輩がかわいければもっと楽しみです。
パソコン初心者がよく言う事
なんで俺こんなにたくさんいるの。
リトルバスターズ!エクスタシーの発売日が決定!
もう一個。発売日決定。CLANNADをもうちょっと味わいたいので、買うかは分かりません。

金曜日に学校でミスしまして、授業中に俺一人立たされてお説教もらいました。
まぁ悪いのは確かに俺ですwすいませんでしたorz
でもあれ、怒られて悲しいとかそういうのより、一人だけ立たされているってことにたいしての恥ずかしさが一番強いのな。あ~辛かった~・・・。
日ごろの行いがダメだとこんなことになります。もっといい生活しよっと。
んでアニメの話。
前に3つのアニメのこと書きましたが、あれから「図書館戦争」を見ました。
個人的には・・・思ってたよりも微妙だったかも・・・。
作画は綺麗ですが、一話で詰め込みすぎというか、展開が早くてあまり乗り切らないうちに終わってしまったというか。盛り上げ方がイマイチだったのかも。本をめぐっての戦争という設定は面白いと思いました。でも地味だなぁ・・・。
ちなみに紅の2話を見て、個人的評価がドカンとあがりました。「キャラデザダメすぎワロタww」とか思ってましたが、食わず嫌いはいけません。個人的にはグレンラガン以来久々に熱中できるアニメが出てきたと思ってます。・・・でも作画クオリティが落ちてしまえば、人気も落ちてしまうでしょうな・・・。がんばって欲しい。
2ちゃんねらーが選ぶ、新番組アニメ投票スレッドまとめサイト
俺も投票に行きましたけど、こことか見るかなり上位に来てますね~紅。全12話、応援続けようと思いますw
ではでは。
 
 
 
 
橋本先生のブログを読むと、どうやら





「流れ星がきえないうちに」が文庫化らしい!!


 
コイツはデンジャラスにときめくぜ!!(某所からのパクリ)



・・・まぁハードカバー版もってるんだけどね~・・・。

買おうかなぁ。もう一度読むにはいい機会だよねこれが。

でも同じ作品2冊買うのもなんだかなぁ。

どうしたもんかw

≪ トムソーヤ感想と色々ホームC3の3巻感想 ≫

Comment

初めまして

初めまして。
Valleyと申します。
偶然このブログに来させてもらいました。
随分、沢山の漫画や小説の感想をお書きになっていますね。
自分が買うときの参考にさせてもらいますね。

今後もちょくちょく寄らして貰います。更新忙しいと思いますが頑張って下さいね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。