FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドエンブリオ4巻感想

top[4]
ワールドエンブリオ 4 (4) (ヤングキングコミックス)

   オレのことを咎めるだろうか?

大本命。
・・・と3巻感想と時にも書いたけど、まだ継続中。だって意味わかんなくなるくらい好きなんだこの漫画。ここまで単行本が楽しみな作品は滅多にありませんw
「クロノクルセイド」の作者の作品ということもありますが、ワールドエンブリオという作品自体の魅力もすごい。伏線だらけのストーリー、可愛げあるキャラクター、リアルで少し薄気味悪い世界観、デッカイ武器で化け物と戦う王道バトル。どれをとっても俺の好みにぴったりがっしりハマりまくりで。ここまで好きな漫画をリアルタイムで追えるってのは、凄く幸せだなぁとか考えちゃいます。

・・・どうでもいい前置きは終わりまして、4巻感想です。
1~3巻まで、目まぐるしく状況が変わり続けて忙しい展開が続いきましたが、ここにきてストーリーも落ち着いてきました。落ち着いたというよりかは、状況の整理を始めたという感じか。
ネーネの正体、積まれたテレビの山などの説明、賑やかな新キャラ2人投入と気になる箇所は多くありますが、今回のメインは「リクの過去」だと言い切れるでしょう。
普段よりもベタが多く、モノクロ調のくっきりした画面が印象的です。
過去のエピソードなのにこの存在感は、この記憶がリクにとって忘れることのできない辛いものであるという訴えなのかも。息つく暇もない陰鬱なエピソードですが、その中に確かにリクが求めてやまない「ヒロイン」の輝きというものがあったと思います(レナじゃなくて天音がヒロインだもんね)。
50Pほどですが、非常に完成度の高い過去話だったかと。
この巻でジョーとクララというこの作品らしからぬテンションのキャラたちが登場しましたが、この登場によって空気が入れ替わってくれた感じがしてよかったです。
もとからそんなに明るい作品ではないですが、4巻はリクの過去話からスタートして心なしかぐったりしてくるわけです。
しかしいきなり「HAHAHAHAHA!」と豪快なメリケン笑いして登場する新キャラ・2ndアニキ&パンク妹。いいキャラですw・・・でもこいつらが真剣にストーリーに絡んでくるのが想像つかないな・・・。作者も「とことん浮いてもらおう」とか言ってますし。でも楽しみだ。

戦闘が少なめだったせいか、突然の31,32話での感染源登場からの展開は非常にスリリングに感じました。ネーネの正体は予想できていましたが、レナの症状までは完全に予想外。レナも1巻からだんだんと人間味が出てきていい子になってきましたねw
組織からの孤立を決意する主人公。記憶を失ったパートナー。敵の親玉でありつつもヒロインであるネーネ。ジョーとクララ、タカオ、感染源、マーマの地位を奪われたバーバ等キャラクター面では完璧じゃないのかな。
5巻からはまたじわじわと物語が動き出していきそうな予感。新刊まで8,9ヶ月待たせられる作品ですが、これだけ面白いんだったら文句はない。5巻が楽しみです。

『ワールドエンブリオ』4巻 ・・・・・・・・・★★★★★
現在連載中の作品で(あくまでも漣が知ってる範囲でのですが)一番好きな作品です。
この面白さをキープしてくれるなら、1年近くでも待ちますよ。
3巻の黒田さんに続き今回の帯はアニメーターの石浜真史さん。アニメ化フラグ立ってね?





続きでコメ返信~。
>>Valley様 (すいません返信すっっっかり忘れてました・・・ごめんなさい)
こういうコメントもらえると凄くうれしいです。自分の趣味が、ここをみてくれた人にまで広がってくれる。自分も色んなサイトを回って漫画を買ってるので、自分がそういう立場になってしなったというのはうれしいことだし緊張もします。
でも・・・「更新忙しいと思いますが頑張って下さいね。」といわれてしまいましたが・・・
ホントに忙しかったらこんなブログやってませんがねwwとはいえない・・・いえないよ・・・




>>ゆーたろー
授業中のノリでコメント書くなやww
まぁいいんだけど。





4月最終日。
学校の午後10時まで居残りくらってました。
なんか8時すぎたあたりからテンションあがってきてたw
もう居残りくらいたくはないけれど、夜まで学校に残るってのは楽しいものなのかもしれない。

≪ 夜桜四重奏4巻感想と色々サンデー超とかホーム久しぶりに日記でもと ≫

Comment

ふ、ふん!ば、ばばば、ばかばかしいっ

違うよ

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。