FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしたちの田村くん漫画版4巻感想といろいろ

レナウナさんのブログで見かけて、面白そうだったのでやってみましたブログ通信簿。
じゃん。

ノーコメント。

わたしたちの田村くん 4 (4) (電撃コミックス)わたしたちの田村くん 4 (4) (電撃コミックス)
(2008/06/27)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

   「それが 私の田村くん」

とらドラ!の作者であるゆゆぽの処女作。逆走三角ラブコメ(?)です。
原作小説は心に闇を抱えた2人の少女と田村くんの恋愛を描いた作品であり、その独特のテンポとコメディ描写、青春の疾走感を感じさせる展開や物語としてのヒキの強さ、そして「真のヒロインは田村くん」と言わしめたほどの主人公・田村くんのかわいさにより、人気を博しました。これはその漫画版です。
3巻まではなかなか良いコミック化になっていたと思いましたが、4巻ではちょっと失速してしまったかなぁ・・・と思います。ラストの告白のシチュエーションが原作と異なっており、せっかくのスピード感が殺されたというか、なんというか。ちょっと残念な終わりでした・・・orz
漫画として一番見たかった、爆走告白がなかったですし、バスの乗客のイカす男っぷりもありませんでした・・・残念無念。
安定飛行してたけど着地で少しコケた、みたいな印象です。惜しい。
ただ、合計92ページにも及ぶ書下ろし漫画はとてもよかったです。
その中のひとつ、「ひみつメランコリー」では松澤の高校での暮らしぶりが描かれており、松澤のかわいさを存分に堪能できるエピソードとなっています。じわじわと二人が仲良くなっていく様子がほほえましい、ナイスな短編。終わり方もよし。本編でのガッカリ感が多少カバーされたかな…。松澤派にはたまらないでしょうw俺含めw
原作2冊を全4巻で漫画化しているためボリュームは申し分なかったですし、3巻までは良作と言い切れた出来でしたが、先ほどにも書いたとおり最終巻で失速・・・。
今作で興味を持たれた方は、ぜひとも原作小説を読むことをお勧めします。
・・・でもコミカライズ作品においては原作知らずに読んでる人も方が珍しいかもしれませんね。

『わたしたちの田村くん』4巻 ・・・・・・・・・★★★☆
何で最後の最後でシナリオ変えたんだろ・・・。あれか、ガオ休刊のせいか。

雷句誠が次どこで書くか予想するスレ
SQかガンガンかなぁ。個人的には、購読してるYKアワーズに来てくれたらうれしいんだけどw
異 性 に 言 わ れ て 傷ついた一言
あははー。

高山の方で勉強合宿してました。三泊四日。
同じ県でも、ここまで気温違うんかいな、という感じでした。まぁ合宿したのは標高的に結構高いところにあったらしいのですが。
とにかく、非常に快適な場所でしたよ!勉強合宿じゃなければ!!
雲の浮き方がここいらで見るのとは違う感じで、とても面白かったです。やたら夕暮れ時の風景が綺麗だったのが印象的です。これで勉強合宿じゃなかったら・・・なぁ・・・。
合宿中に代ゼミの模試を受けたんですが、あまりに衝撃的な数値が自己採点で導き出されたので、なかったことにしました。

さて、ハガレンのアニメがもう一回やるらしいとの情報を手に入れたんですが、ホントでしょうかね。劇場版・シャンバラでの結末は個人的に不満でしたので、これが本当ならよろこばしいことです。原作基準で製作するらしいので。まぁ噂なんですけどw

ではでは。
追記にて、coloさんあてに少し。
 
 
すいませんcoloさんw
ブログの方へコメントしようとすると「禁止キーワードが含まれてます」て表示されてしまいました。何度挑戦しても書き込めなかったのでこちらでお返事しますw


 
>>coloさん
花火の件ですが、自分も祭りには行きたいと思っていますので、ついでにまた一緒に花火ができたらいいなぁと考えてますw ・・・会うことができればですけどw 
 
 
 
 
  
 
 

さて、新要素を追加してエクスタシーな感じになった某PCゲームを購入しました。

もちろん、それが何かを明言することは

漣の年齢的に問題があるらしいので

控えようと思います。 
 
 
 
 
 
 

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
リトバスですけどね。

≪ 疾走する思春期のパラベラム2巻感想と色々ホーム合宿らしいですよ ≫

Comment

そういえばコメントのhttp://を禁止していましたorz

書いてなくて申し訳ないです^^;


>花火
宮くん通して何とか会えたらいいんですが……


ハガレンのアニメ化気になりますね……シャンバラみたいなヤツだけは勘弁してもらいたいですww

それではーノシ

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。