FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾走する思春期のパラベラム2巻感想と色々

疾走する思春期のパラベラム 灰色領域の少女 (ファミ通文庫 ふ 1-2-2)疾走する思春期のパラベラム 灰色領域の少女 (ファミ通文庫 ふ 1-2-2)
(2007/02/28)
深見 真

商品詳細を見る

   「ちょっとだけ、一兎に似てたよ」

シリアスな設定に軽めなテキスト。
タイトルが滅茶苦茶格好よくないですかコレ。「疾走」する「思春期」の「パラベラム」。内容を見事に表したタイトルだと思うし、一度聞いたら忘れられない語感センス。
ファンの皆さんに言うと怒られそうですが、この作品はキャラ小説だと思ってます。。特に志甫のアホ可愛さが素晴らしい!これでも結構な数の女の子に会ってきましたが(もちろん二次元)、その中でもトップクラスのかわいさww彼女の魅力に引っ張られて二巻を買ったと言っても過言でもないかも知れません。
そのほか女性陣はもちろん、男性キャラにも魅力的なキャラが揃ってます。尾褄も好きだし、一兎と志甫のコンビも微笑ましい。恐らくは物語のカギを握る「センパイ」たちもミステリアス。
また、ストーリー面でも進化があったような。
一巻ではあっさりしすぎな展開でうまく盛り上がれない場面が多々ありましたが、2巻では少しマシになったかな、・・・と言ったら失礼か。しかし明らかに一巻より楽しめる巻になってます。後半ではちゃんと盛り上がれる。
一兎のスペシャルショットはなんか少し予想外な感じ。主人公ならやっぱり超破壊力な一発・・・的なイメージがあったんですが、どうもまどろっこしい能力でした。使いどころ難しそうだろこれ・・・。でも彼らしい能力になってると思います。あんまり華はないけどさw
2巻のラストも、まだまだ物語の広がりを予感させてくれるものでした。これからどうなっていくのか、そして志甫はこれからも可愛いくなっていくのか。少々不純ではありますが、先が気になる作品であることには間違いありません。
・・・でももうちょっと文章に感情がこもっていたほうが好きかも。

『疾走する思春期のパラベラム』灰色領域の少女 ・・・・・・・・・★★★☆
読みやすさ、キャラの魅力はかなりハイレベル。イラストも良し。

コンプエース来月号からグレンラガンとひぐらしが新連載
角川のひぐらしマンガには一度痛い目にあってるので少し不安。
グレンラガンはなかなか面白そう。読みたいなw
三次で「ふぇ?」とか「うみゅ?」とか使う女って何なの?
むしろウェルカム。

追記でアホなことやりすぎてここにかくネタがなくなりました・・・。
苦し紛れに拍手の返信をば。
>>valley様
ゲマズはあんまり行かないですorz
アニメイトは確かに女性多いですね~。でも案外賑やかなのは好きですよ。店内BGMにあわせて曲を口ずさんだりしてます。気づかれてない・・・よな・・・?

8月はどの出版社もがんばるのか、購入する単行本がやたら多いです・・・。・・・夏はマンガに困ることはなさそうです・・・。問題は課題か・・・ぐぇ。
ではでは。

ストライクウィッチーズ4話を見ました。バルクホルンかーわいー!
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 

 
夏。




夏ですね。





一年中通して、もっとも活気あふれる季節。





それもそうでしょう。




夏にしかできない!




っていうイベントがたくさんありますものね。




盛り上がって当然だというものです。






しかしそれはアウトドア派の人々限定。







インドア派である漣には

一切関係ない・・・・・・・





なんてことはありません。


 
 
 
 
 
 

変化です。

 
 
 

変わるのです。
  
 
 


何かを変える・・・  それは何かが始まる、ということ。

 
 
 
 
つまり逆を言えば。

 
 
 



変わりたければ、何かを始めればいいのです。
 
 
 
 
 



漣は変わりたい・・・。

 
 
 
 

変わりたいのです。

 



ならば、何かを始めよう。

 
 
 

なにか・・・新しく始められるものはないか。




悩んだ末、あるひとつの答えに辿り着きました。





高校二年の夏。

 

来年は受験。

 


何かを始められる夏は、もう、この夏しかないかもしれない――――






だからこそ。


勇気を出して、進んだ。




何が変わるかはわからないけれど・・・

 

 

でも、後悔はしたくない!

 



カンのいい人は、もうお気づきでしょう・・・。


 


漣が今回始めたものとは・・・・・・

 
 
 
 
 


そう!!



































アクエリアンエイジです。
























なにやってんだろ・・・俺・・・

≪ キミキスafter days感想と色々ホームわたしたちの田村くん漫画版4巻感想といろいろ ≫

Comment

ここで「俺は絵を書く事にめざめるとした!!!」と来るかとガチで思って、記事を下にスクロールするたびに興奮がどんどん高まっていっていた僕は・・・・・・・・・・・・・・

これが前口にしていたカードゲームのことか!僕のクラスには遊戯王やってるやつが多いからついつい遊戯王みたいなリアル対人式カードゲームだと思っていたが、なんだこのバーチャリティーがあふれんばかりのゲームは! おもしろそうじゃないか!!

こういう手のゲームは三国志系とかガンダム系があった気がする。

リンク先ミスってるw

うわっ、アクエリのリンク先間違えてる・・・。これオルタナティブのほうだw
http://www.aquarian-age.org/
こっちでした・・・。リンク先訂正しときます。

レナウナさーん。
俺が始めたのはもっとレトロなタイプですよー。
対戦相手もいないのになんで一人でスターター買ってしまったのか・・・
自分でもわからないですよー。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。