FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エム×ゼロ10巻感想と色々

「明日のよいち!」TVアニメ化決定!
予想通りって感じです。でも、応援してた作品がアニメ化するのはいつも嬉しい。

エムゼロ10 エム×ゼロ 10 (10) (ジャンプコミックス)

   バイバイ聖凪

エム×ゼロ堂々完結。別に堂々とはしてませんが完結。
話数の関係でいつもより厚めの一冊となっていますが、オマケ要素は少なめでちょっと残念かもしれません・・・。表紙も、最終話の見開きページの使いまわし。
具体的にあげてみると、前校長・初貝真由・滝のキャラ設定、95話アフターイラスト、96話アフター書下ろしラフ漫画1P、作者によるあとがき1P。・・・むむ・・・いつもよりオオメとは言え最終巻にしてはちと寂しい・・・と思ったらカバー外してみると少し幸せになるかもしれません。
本編に関しては、連載中にちょこちょことこのブログでも話題にしたので語るのは少なめ。
ですがやはり、作者が壊れてしまったかのようなあのプリン話がすごく浮いてるww最終回目前となって我慢しきれずについついやってしまったような清々しさとバカバカしさが詰まってますw
前校長の魔法披露シーンは「あれ、エムゼロこんな漫画だっけ」となってしまいかねないカッコよさがあったし、壁登りでのルーシーとのやりとりはベタながらにグッとくるし、愛花が「だのに・・・だのに・・・」と泣き出すのも、やっぱりかわいいなぁこの娘となること請け負い。
主人公・九澄は、魔法が使えないのに魔法学園に入ってしまった。そんな彼がついに魔法を手に入れる最終巻。魔法が使えない彼がハッタリと「魔法を打ち消す能力」を使って危機を解決していく作品でしたし、一段落にはちょうど良いタイミングだったんでしょう。
彼が魔法を手に入れた時が、この作品が「エム×ゼロ」ではなくなる時。幕を下ろす時。
あとがきで作者も描いていたことですが、これを読んだら打ち切りに対する悔しさが少し薄まりましたw「ふりだしに戻る」で連載が終わらなくてよかったなぁとも。
最終巻にして魔法学校の真の目的が明かされたり、少々急ぎ足な展開ではありましたがw
感想書きながら思ったのですが、カバー裏のイラスト、今よりキャラが少し大人びて見えますね。もしかして九澄が学校に戻った後のイラストかな・・・とも思いました。うまく確認できませんが、ネクタイのラインが一本だけなので、考えすぎでしょうけどw
まぁそんなところで、短いですが感想終わります。
2年間連載お疲れ様でした!赤丸のフルカラー漫画、楽しみです!
なんでラスト付近でいきなり髪型かえたんだろうなw
『エム×ゼロ』10巻 ・・・・・・・・・★★★★
打ち切りに不満タラタラでしたが、最終巻読んでふんぎりつきました。
次回作も楽しみにしてます。

「痴漢見つけた」と海水浴場で痴漢の疑いかけられた男性、「やってない」と聴取中に窓から外へ→首に鉄柵刺さり死亡…愛知
「コイツが痴漢しました!」って女性に言われたら男性は逃げられませんからね。
にしても、こんな死に方いやすぎる・・・・・・。
ヒカ碁ブームをもう一度 日本棋院が囲碁漫画を募集、優秀作は雑誌やネットに掲載
俺って囲碁できるんだぜ!とか言ってたら囲碁部にフルボッコにされました。
ホントはヒカ碁のゲームで少しかじった程度です。すいませんでした。

市の夏祭りに行ってまいりました~。
疲れましたが、去年と同じくらい楽しい一日でした。
花火途中になぜかウマウマが流れ出してニコ厨限定でニヤニヤしたり、予想外に知り合いと合ったり、ジュースばっかり飲んだりね。
まあパンプキン(仮名)の裏g・・・もとい青春爆発が判明したことに衝撃を受けたりしていましたが。ガチで驚きましたよ俺。N高校は明るい話題多いね(偏見)。
花火はまぁ可もなく不可もなくって感じでしたが、打ち上げ花火は一年に一回は見ておきたいものですしね。満足です。
10時半ぐらいに家に帰ったころにはもうヘトヘトでしたけどorz
話変わりますが、平野綾の1st聴きました。
思ったよりも微妙な感じでしたが、「Harmonia vita」「For you」は良いですな。
でも一番聴きたかった最新シングルが入ってないのは何でなんだろw
ではでは。

学校ダルすぎる・・・。

 
 
 

 
 
 
 
 
初スレ立て。

感動しました。

たまたま踏んじゃっただけなんだけどさw 
 
 
 
 
 
 

 
ぬらりひょんの孫 一巻を買いました。

なんか売れるオーラがすごいのは

気のせいでしょうか。

≪ ほのかLv.アップ!4巻感想と色々ホームひぐらしのなく頃に解・目明し編4巻感想と色々 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。