FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星のさみだれ5巻感想と色々

テストも終わって一安心。さぁ、だらけるぞ。
惑星のさみだれ 5 (5) (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 5 (5) (ヤングキングコミックス)
(2008/05/26)
水上 悟志

商品詳細を見る

   ぼくがついてる

巻を追うごとにどんどん面白くなっていく「さみだれ」5巻。
アワーズも結構力入れてる気がするし、ますます人気がでそうな作品。
さて今回は姫・魔王・ヒロインであるさみだれの家庭のエピソードがメイン。
父親は作家、母は医学博士、姉は大学教授のエリート一家。しかし幼いころから体の弱かったさみだれはそれ故に疎外感を味わっていた。さみだれに「アニマ」が宿ったのもなにか理由があるのかもしれませんね。
アニマよって生かされている命。家庭のきしみ。今回はさみだれをクローズアップしてます。
そしてこのエピソードの夕日のかっこいいことかっこいいこと。母親から逃げてしまったさみだれに向けて言う。「ぼくがついてる」と。これは、トカゲの騎士から姫への言葉ではなく、夕日からさみだれに向けた言葉。夕日ぃ!お前ならさみちゃんもって行っていいよ!!
ホントこのネクラメガネは高感度高いw主人公らしさとダークヒーロー的要素を持ち合わせてますね。キメるとこはキメるし、台詞も格好いいし、いいよいいよー。
そんな5巻でも、戦況は変わり続けます。
アニマの覚醒、ダンスの幻獣の騎士「ユニコーン」化。七つ眼ヘカトンバイオン、八つ眼メタゲイトニオンとの対戦。そして見逃せないのがヘビの騎士白道さんの動向。さみだれの「地球を砕くのはビスケットハンマーではなくわたし」発言を偶然耳にしてしまった彼女。夕日との関係を少し期待していただけに、ここで彼女を持ってきたセンスに感動。コスプレ中に召喚されてしまった?萌える!物語の後半で彼女と一騎打ち展開とかあったり?で夕日が勝って白道さん微笑みながら逝くとか?燃える!!
戦闘シーンは今回は少なめかつ地味でしたが、ユニコーンの力は見せ付けてきました。
けれどバトル以外でもここまでぐいぐい読ませる力があるのは素晴らしいことかと。もともとバトル漫画ではありませんけどw
それとしばらく見ないうちにさみだれのねーちゃんかわいくなったなぁwだんだんと女性キャラを書くのもうまくなっている気がします。一巻と比べてみてと絵柄もだいぶ変わってきてます。
そして青年漫画と少年漫画の中間のような雰囲気があいかわらず心地良い。雰囲気はまったりしてるのに、ところどころで寒気がするくらいの緊張感が生まれてくる。・・・6巻収録分では本当に寒気がしました。
言葉にすると、ひねくれ少年漫画って感じですかね。
6巻も楽しみ、というか今後が凄く楽しみです、この作品。化けそうだ。
劇中アニメ マリーちゃん
小ネタもありでこれまた高感度高し。ドリルドリル。

『惑星のさみだれ』5巻 ・・・・・・・・・★★★★
まだまだ盛り上がっていくさみだれ。6巻はもうすぐ発売w

ディズニーランドの伝説
コンセプトの徹底ぶりは流石の一言。まだまだ秘密ありそうです。
北条鉄平「沙都子はワシが守る!!」
いいじゃない、こんな世界があっても。ひぐらしならではです。

ブロガー必見! 文章上達のための 12 と1/2のルール
勉強になります。
こうして漫画の感想とかちまちまやっているおかげで、感想目当てで来てくれる人がほとんど。
基本的に漫画とかアニメのことばっかりに内容が固定されてしまっているので話題を広げたいと思ってますが、俺の日常になんかだれも興味はないでしょう。
多分しばらくは本のことばっかり書いていきそうな気がします。
というかむしろ、これ以外かけませんw
あとはもうちょい更新ペース増やしたいんだけどなぁ・・・書きたい本たまってるんだけどなぁ・・・読みたい本もやりたいゲームもたまってるんだよなぁ・・・まぁ勉強はおいといて。
まぁ2年もこうしてブログやってれば、なんとなく掴めるものもあったりなかったりしますが、今後もこんな感じで行きたいと思います。高3にもなればあんまり更新できないと思いますがw

ブログやってる上でやっぱり気になるのがヒット数。
現在ヒット数は一日平均60~80くらいかな。そのうちの半分くらいは、本の感想で検索かけてここに来てくれた人たちです。もう残り半分は誰かが繰り返し出入りしてる分・・・ほとんど俺ですねww
というかリンクもなくトラバもせず、閉じた世界でもくもくと記事書いてるだけのブログなのに、よくぞここまで人来てくれるなぁというトコロです。リンクを見てください。どーよこの殺風景。増える機会も希望もないよ!ふふん!(泣)
しかし、このブログにいったいどれだけリピーターがいるのかが分からない。リア友くらいしかいないと思ってるんですが、どうなんだろう。いてくれたらとてもうれしいのですが。
漫画の感想づての訪問者が多い以上、やはり本の感想をもっとがんばるべきかな。
こうして漫画の感想をやっていると、やはり画像をアップした方が、どんな漫画かわかりやすいし、その作品を知らない人でも楽しめるとは思うのです。百聞は一見にしかず。
でも画像を使っていくと全体として記事がながくなってしまいがちだし、本の感想&適当に日記っぽいもの、というスタイルで行きたいので難しいところ。ただ長くなるだけじゃダメだちおもうんだよなぁ。・・・いや別にこんな低レベルなブログでそんな張り切る必要ないか・・・。アップ作業・・・意外とメンドくさいんだよね・・・
でもやっぱ文字でだらだら書いてるよりかはマシか。今後は画像入れていこうか。
・・・・・・という風に、今後の記事の書き方けっこう考えてたりしますよ~。
ではでは。

今回ゴチャゴチャして見にくいですね。どうしたもんか。
 
 
 
 
 
ワールドエンブリオの感想でこのブログに来てくれる人が多いです。

なのに一巻の感想文ときたら酷いことになってました。

恥ずかしくなったので全部書き直し。

ちょっとはマシになったのか?w


今後振り返って恥ずかしくなった記事は

ちょこちょこ書き直すのもアリかもしれませんが

やはり当時思っていたこととかを文章でのこすというのも

まぁまぁ大事なんじゃねーの

と思ったので

日記部分は書き直しません!

むしろ書き直すことができません! 恥ずかしくて!! 
  
 

 

 
テスト・・・?


はて。

≪ CLANNAD 光見守る坂道で 感想ホームヱヴァ破きたww・・・テストもきた ≫

Comment

こんにちは

はじめまして

アチコチ、ブログ覗かしてもらっています。
コメ残していきますです。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。