FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]夜桜四重奏6巻 感想

夜桜四重奏 6 (6) (シリウスコミックス)夜桜四重奏 6 (6) (シリウスコミックス)
(2008/12/22)
ヤスダ スズヒト

商品詳細を見る

   なら 最後の最後に 目に焼き付けておこう
   きれいな きれいな…


アニメの方はどうにもビミョ~な出来だった夜桜四重奏でございますが!
原作は相変わらずの面白さをキープしていてくれて一安心です。
コミカルかつクールで、の~んびりしつつもバトルしちゃう群集劇。
自分は断然「原作派」ですねw

今回はまるまる一冊「VSざくろ編」。3巻以来の長編バトルシリーズですね。
しかしバトルと言っても、3巻当時のものとは少し様子が違ったものになっています。
それは「タメ」。
3巻はピンチ時に能力覚醒+大技でもって敵をたたき伏せる・・・という王道展開でした。
これにも大変燃えさせてもらいましたが・・・この6巻もよかった。
特にこの、ことはがざくろを罠にハメる直前のワンシーン。
20090129203210.jpg
1P使って描かれるのは、長細く割られた4つのコマ。
落ちる「死体」、囁かれる言霊、驚くざくろ、のびることはの指先・・・!
そして次のペーシで撃破シーン。クールだ・・・。
バトルマンガとしてはよくあるタイプの演出なのですが
それがこの作品で見られると凄く嬉しかったw
なんだよいいバトル描けるじゃんって感じでw
3巻みたいにド派手な技でって感じも好きなんですが
やはりこの作品においてはこういう「無音の演出」のがあっていると思うんですよね。
いろんな表情を描ける作者さんなので、派手さに頼らなくても十分な盛り上がりをつくれると思うのですよ、・・・と、今回のことはちゃんの超絶格好良いキメ顔みて確信しました。
今後もいろいろな魅せ方でバトルを描いていって欲しいなぁ。

でも鈴ちゃんとのいざこざにはちょっとまどろっこしさを感じたかな。
あと2話分くらい短くまとめることは出来たんじゃないかなと思ってしまいますね。
まぁラストのみんなで飛び込んでくる見開には、素直に笑ってしまいましたがw

そんな感じの第6巻。
いつもよりボリュームアップで、楽しめる一冊となっています。
アニメを見て「なんかつまんね」と思った方にも原作をオススメしたいですね。

『夜桜四重奏』6巻 ・・・・・・・・・★★★☆
今回はバトル編。でも「らしさ」は損なわれず。
こっちの方が表紙が好みだったんで限定版はスルーw



『ワンピース』今度こそ最強タッグ?ルフィ&ボン・クレー!目指すはLEVEL5だ!!
ここんところのワンピースの盛り上がりはシャレにならないレベル。
まだまだジャンプの看板は不動ですね。
超弩級ラブコメ『とらドラ!』ついに完結 最終巻10巻は3月10日発売
ゆゆぽはきちんと終わってくれるから読者にとっては嬉しいです。既刊たまってるけど・・・。
次は田村くん3巻ですね、わかります。






>>早いち漏
斉藤和義のCM曲ですか。
サビしか知りませんでしたが、フルで聞いてみたら印象が変わったな~。
というかそのHNやめてw
「そうい遅漏」とかもナシw


>>いか様
そうだな。すっごいゆったりしてきたよw面白いことだらけだったのにw
まぁ基本的に友達と外出なんてこと自体俺にはレアケース。
比較しづらいですねw
>マイナーな音楽
そうでもないがなwまぁ厨2病がまだ抜けきってないということで・・・。


>>ナカシマ様
値段は10倍返しだ。

あれ・・・これ死亡フラグじゃね・・・?


 
>>valley
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ぱんつ!ぱんつ!
 ⊂彡

集会所もやろうとは思うんだけど、やたら時間かかっちまってな~。



 
 
 
 
 
最近のブレイクブレイドの燃え展開が凄い。
ロボットものだけど、決してハデな展開に頼らない骨太なストーリー。
機械同士の肉弾戦にはやはり燃えるもんがある。
安易にビームとか使うべきじゃないな、やっぱw

電撃の中堅、シーキューブの最新刊の表紙が相変わらずけしからんw
美少女文庫の棚に並んでいてもたぶん馴染んでるw

≪ [ゲーム]姪少女 感想 その他ホーム[日記]メレンゲのアコースティックライブin名古屋 その他 ≫

Comment

頭 ピアス系
胴 ヒーラーU
腕 ヒーラーU
腰 ベルト系 ハイドとかガプラとか
足 ヒーラーU
で犯罪になると思われ。
まあ、防御は紙ですが…パンツ最高!

模試前の朝になにやってんだ俺は…。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。