FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]ひぐらしのなく頃に解皆殺し編一巻 感想

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 (Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 (Gファンタジーコミックス)
(2008/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

    おはぎ うまかったぜ

ついにひぐらしワールドの核となる謎へと迫る「皆殺し編」が始まりました。
この皆殺し編、ひぐらしを語る上で非常に重要なシナリオをなっております。
主人公を梨花にチェンジ、シナリオ序盤からズバズバとネタバレが繰り広げられます。
そしてついに黒幕の正体が・・・って感じ。

すでにシナリオをご存知の方なら分かると思いますが
皆殺し編といえば、三四さんの活躍を語らねばならないでしょう。
ええ、もちろん、アニメでも有名なったあの名シーン。

  にぱー☆

もこの巻に収録ww
皆殺し編は最初から最後まで極上の三四さんフィーバー。

20090304095803.jpg ラブリー三四さん。

三四さん三四さんばかりでは話になりませんので、もう一人の重要キャラに。
皆殺し編の大きな特徴と言えば、羽入の初登場でしょう。
人気の高いキャラですが・・・そのあまりの奇天烈な設定(とファンタジックな口癖・衣装w)が、現実的な視点でひぐらしワールドの謎を紐解かんと努力を重ねていた人々をひどく落胆させる形となってしまい、ファン離れをも引き起こした問題児ww
自分も謎解きをがんばってみた時期もありましたが、目明し編やって自分には推理は不可能だと悟り、物語を楽しむのみとなっていました。そんな自分ですら羽入の登場はショッキングなものでしたから、やはりがんばって推理していた人たちはガッカリしたんでしょうね。
こんなの推理できるわけがないっていうww
まぁ自分の中ではとうの昔に納得したことですので、どうこう書くつもりは無いです。

「罪滅し編」の世界でもまた何者かに殺害され、世界を巻き戻される梨花。
またか、と落胆する梨花でしたが、なにやらこの世界はこれまでのものは様子が違う。
「あるはずのない記憶」を頼りに、部活メンバーはそれぞれの辛い境遇に立ち向かい、そしてすでに「惨劇の芽」を解消していた。
小さな、けれど確かな矛盾の数々。この世界は、奇妙なほどに幸運だらけなものだったのだ。
まるで、サイコロの6の目が出続けるような。
そして、奇跡は部活メンバーだけにとどまらなかった。
これまで一度だって姿を現さなかった男、赤坂までもが再登場。
「最も恵まれたスタート」を梨花は切ることが出来ました・・・。
そんな中、最悪のカードが雛見沢にやってきます。
名前は・・・そう・・・鉄★平・・・!(ぬけだーしてーっぺーい

作画担当は桃山ひなせさん。この皆殺し編で初登場の作家さんです。
大ゴマを多様しますが、各話ボリュームがかなりありますし、連載は問題ないようです。
ただ、ハイレベルな他のひぐらしコミカライズ陣と比較してみると
若干の線の荒さ、キャラの目の描き方に違いがほとんどない点など
少々気になる箇所もあります・・・。が、約2年の連載になるであろうこの皆殺し編を通して
桃山さん自身のレベルアップも期待できるのではないでしょうか。(かりんさんの成長がハンパなかったから、余計期待してしまうw)・・・現時点でもかなり完成された絵柄だと思っていますけどねw
後半では何かと話題になることの多いシーンも満載な皆殺し編。
上手いことラストまで行ってほしいな。

『ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
手堅いコミカライズ。ボリュームはかなりあって満足感あり。
表紙は梨花・・・いや、フレデリカか。不敵な表情がナイスです。



初めて見た深夜アニメ何だった?
こいこい7・・・最終兵器彼女・・・どっちだったか・・・。
自社作品の「アマガミ」、ファミ通レビューで33点ゴールド殿堂入り!
なにもかも捨てて嵌り込む覚悟はできてる!
  
 
 
>>こじか~様。
雑誌ですか~。こればっかりはその人の好みですね。
ジャンプはもはや習慣化しており、それ以外の雑誌に関しては
立ち読みを繰り返していき、好きな雑誌はある程度は固定されていきました。
少年サンデー・YKアワーズ・コミックブレイドぐらいだったかな。
その中でも大好きな作品が3つ連載していたアワーズが一番気に入ったので、購読を開始したという感じ。好きな作品が各誌バラバラにある感じなのでどれ買うか悩みましたがw
あとは好きな作家さんの読みきりが載れば増刊号なども買うし、今度出るらしい月刊少年サンデーなど新しい雑誌には目を通そうと思っています。
雑誌には新しい作家さんとの出会いもありますし、自分の幅を広げるという意味でも、雑誌購読はオススメですw単行本ではモノクロになってしまうカラーも手元におけますしねw
 
 
 


そーいやエヴァ破でアスカの名前が微妙に変わってるんだとか。
色々楽情報がでてきて俄然楽しみになってきましたw
はやく公開日にマリちゃんに会いたいぞー

http://khara.weblogs.jp/photos/uncategorized/2009/03/13/eva2_poster_kharahp_3.jpg

オーラが凄まじいw

≪ [ゲーム]ToHeart2 ささらの可愛さがハンパないホーム[日記]テレビとアマガミ発売前の緊張 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。