FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ゲーム]ToHeart2 ささらの可愛さがハンパない

すいません。イタい記事になってしまいました・・・。

いまさらながら、ToHeart2のさーりゃん先輩を攻略。
アマガミまでに適当に片付けとっか・・・的なノリで攻略に乗り出したものの・・・
あまりの可愛さに死ぬかと思った!!
今更攻略した人間が何言ってんだ、と思われるでしょうが、それにしても可愛すぎるww

少しずつ関係が打ち解けていく様子も、自分への貴明のきもちを勘違いし空回りしているのや、好きになってもらおうと一生懸命になっている姿も最高です。先輩の超あまえんぼうな性格や、両親をパパママって呼んじゃうところ、すぐに涙目になってしまうのも最高です。サンショウウオやクラゲに萌え萌えしてる姿を想像するだけで俺は昇天です。「イジワル」ってむくれられると、ガチで体が震えだします(可愛さのあまり)。

なにからなにまでヤバすぎる・・・。
歯を食いしばりながらプレイしたキャラは久しぶりでしたww
シナリオも大変ボリュームがあり良かった。
序盤は、まーりゃん先輩との確執・それの解消。
中盤は自分の気持ちに戸惑う二人と、周囲との関係泥沼化。
後半はささらの両親の問題について。
特にこの後半シナリオは青臭い理想論や恥ずかしいセリフ、大人への反抗などなど、これぞ青春ADV!!といわざるを得ない、気持ちいい展開の連続!萌え燃えであります。たまりません。ハチキレソウデス(何が)。
ここまでのキャラをなぜここまで放置していたのかと、自分に酷くイラついています。
ToHeart2X自体、1年以上前からプレイしてますからね!どんだけ遅いんだw
もっとはやくに出会いたかった・・・っ!

ただひとつだけ不満が・・・。
ラストでさーりゃんがニューヨークへ旅立ってしまうことです・・・!
いや、ちょっとまってくれと。
そうならないためにお前らは努力してきたんじゃないのかよと。
ゲームの中でぐらいワガママを・・・奇麗事を貫き通してくれと。
こういったラストはこの手の作品には結構あるような気がしますが
自分は「日常に溶け込んだ恋人関係」を見たいんですよ!
海外だと不安要素を最後に突っ込まないでくれ!と叫びたいのであります。
・・・と、なぜそんなに不安になってしまうのかといえば、むかーしに
『ささらがガチムチアメリカンな男性達に輪姦されてアヘアヘ悦んでるのが撮影されたビデオが送られてくる』という素晴らしく最低で悪趣味な同人誌を読んでしまったせい・・・。
そんなビジョンを払拭するため、SSをあさり過ごす初春の夜―――。
SSを読んで、だいぶ症状は和らぎましたがw
やはり俺は、いちゃいちゃするだけの日々を満喫する2人が見たかった・・・!
それだけで十分なんです。ロマンチックな展開なんて望んじゃいないんです。
花見とか海とか雪合戦とか、そういうささやかなイベントこそがマーベラスなのです・・・。
まぁ、海外に行ってしまうって展開も、絶対許せないってものでもありませんし
エピローグに至るまでのシナリオは素晴らしかったです。
ニヤニヤしてどうしようもない数々の名シーン。
流石は有名ソフト。人気も肯けます。



というわけで、とんでもないキャラでした、さーりゃん。
シナリオの〆も、ある意味プレイヤーを想像を掻き立てられるw
このゲーム自体、切ない物語が多いお気に入りの作品でしたが、このシナリオはその中でも郡を抜いてよかった。…あくまでも個人的な意見ですけど。
そしてこのさーりゃん先輩、もといささらは
好きなヒロインTOP5に入るレベル。
可愛すぎるってばよ・・・。
 
 
 
 
 
今日は用事で外食へ。
エスカルゴとやらを生涯初めて口にしてみました。
いや、美味かったですwビックリするくらいw
あと、車の中で久しぶりにアジカンを聞いていたんだけど
これがなぜかビックリするくらい格好よく感じた。
ワールドワールドワールドってアルバムですが、一回聞いてから放置気味だった一枚。
それが今日、なんでか知りませんがハマったw
きっかけも何も分からないけどこればっかり聞いてる。
音楽ってよくわかんないなぁ。でも好きだ。

あ、前々回の記事で「ファッキンクラスメイト」って書いたら怒られてしまいました。
すいませんでした。今後は気をつけます。
ブログなのにプライバシーなんてカケラもないNE!
(書かなきゃいいじゃんってのは禁則事項です)

≪ [ニュース]月刊サンデーやらPSPミクやらホーム[本]ひぐらしのなく頃に解皆殺し編一巻 感想 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。