FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ゲーム]アマガミ 森島はるかスキルーエピローグBEST

20090322191816.jpg

「おお・・・・・・先輩の足すべすべだよ・・・・・・」

もはや恐怖すら覚える主人公の変態っぷり。
「どこか好きなところにキスさせてあげる」という森島先輩に
「じゃあ・・・膝の裏で・・・」と答えたとき、
ああ、こいつは間違いなくキミキスの正当後継者だと確信。
テキストのキモさ、CGのアングルなど、いろんな意味で酷すぎたww
いいぞ・・・もっとだ!

さて、以前「次は綾辻さんいくよ」と書きましたが
プレイしていったら森島先輩へのラブがどんどんと膨れ上がり
ふと気づけば先輩ルートへと突き進んでいましたw
というわけで2ルート目は森島はるかスキルート! 感想です。

逢スキルートと比較しても、マニアックな要素の多いシナリオでした。
前述の膝裏キスもさることながら、このイベントのインパクトも強烈ww
20090322191824.jpg
(哀れ・先輩にスネ毛をそられる変態主人公・・・の図)
こんなイベントもありましたが、このシナリオでは主人公が格好よかった。
熱い展開とかはありませんでしたが、序盤から先輩に告白→轟沈の主人公には、同年代の男として非常に好感が持てました。 
ある意味、下克上ストーリー。ニヤリとできる展開でしたね。
そもそも森島先輩ルートは出会いからして告白誤爆のスタートでしたしw
突拍子もないことを言い出す先輩にとまどいながらも
ストレートに自分の気持ちを伝えていく、アクティブな主人公には高感度UP。
ありがちな「ヘタレ主人公」になってなかったのが良かったですね。
まぁ、天然タラシになってる気がしなくもなかったですがw
エピローグの時間ぶっ飛び展開も俺は大好きですw
「帰ってきたら私も逮捕してね」は名言である。

主人公もさることながら、もちろんヒロインである森島先輩も可愛かった!
「頼りがいのある年上の男性がタイプ」だのと言ってしまったがため
その後やりとりを続けていくにつれ募る主人公への恋心をうまく表現できず、ちょっと強がってみたり、でも不安げだったり、友達にアドバイスをあおったり、やきもちやいたり、すぐに照れたり・・・。
主人公からのリベンジ告白を待つ姿がじれったいたらありゃしないw
先輩なのですが、キャラ的にはちょいMですね、この人は。
年上だから、とちょっと威張っちゃうしぐさがたまらんですw

まとめとしては・・・
シナリオは淡白ではありましたが、イベントにはキャラの魅力が十分発揮されたものが多く、キャラ萌え確実のルートでございました。
それでいてイライラさせられる展開もまったく無く、素直に楽しめるはず。
会話もわりと簡単で、スムーズにクリアできるのではないでしょうか。
(とにかくオシャレの話題が好きな娘です。)

ちなみにベストCGは「あててんのよ」なアレ。
ベストシーンはホテルの照明を先輩が消して話しかけてくるところ。



オマケ。

20090322193429.jpg

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…
 
 
 
 
 
 
寝付けなかったので、ふと自分が一週間後に死ぬとしたらと妄想してみた。
なんだか劇的なことなんてなく、普通に孤独死してる様子が浮かぶ。
次に、残す遺書の内容を考えてみると、あまりのネガティブさにビビった。
自分の中のイヤなところもたくさんあるし、やりのこした気のするものも結構ある。
そういえばここ1年で自分のキャラも大分変わったと思う。
よりイヤなヤツになったとも思う。
なんでかしらんが上から目線で話してたりするイヤミな人間になってる。
思い起こせば酷いことばっかり言ってるしやってるし・・・あーあ。

吊りそうな勢いだったので
やっぱり世界はあたし☆れじぇんどを聞いてテンション上げて
アマガミのドラマCDを聴きながら寝ました。
先輩におこされてええええええええー!

≪ [アニメ]CLANNADのヒガンバナホーム[本]HELLSING9巻 感想 ≫

Comment

先輩√お疲れ様です。
僕はいまだに先輩に対する敵対心が解けてないので無視です。
だからラーメンと唐揚げは別々においしくいただけと。
ああ、思い出すと怒りがこみ上げるので、今からプレイしてきます!!

最近は2chの攻略板ばかり覗いているんですが、橘さんはどのルートでも…まぁ僕もやってないことのほうが多いので、確認しないといけませんが。

先輩のおめでとうって絶対天然発言ですよね。狙ってたとしたら…うーん。かm(ry

いまさらですが個別ED曲欲しかったなorz


それではーノシ

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。