FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]ZOO2巻感想 追記でアニメのこと

ZOO〈2〉 (集英社文庫)ZOO〈2〉 (集英社文庫)
(2006/05)
乙一

商品詳細を見る


たまには一般小説の感想でも書きますよ。
といっても乙一さんですがね。ZOO1を読んだのは相当前ですが、ようやく2冊目です。

・血液を探せ!
白。非常にコミカル。一応ミステリー風な進行をするものの、ほとんどコメディですw
謎解きなんかする暇もないくらいのテンポの良さ、笑えるやりとり。
みんなが真面目なのにナチュラルに変なことを言ったりやったりしてるw
ですが、ZOOという作品においては、ちょっと他の作品よりパワーダウンかなと印象。
まぁある意味、次の短編とのギャップを楽しむ作品です。

・冷たい森の白い家
極悪ダークメルヘン。
やたらと読みやすい簡潔な文章で綴られるのは、凄惨でグロテスクな物語。
まさに誰得と言いたくなるくらい、救いもなにも無い。ステキに狂った作品です。
馬小屋に住み、ゴミ同然のような仕打ちを受け育った、顔がへこんだ男。
やがて彼は人間を殺害・拉致し、森の中に死体をくみ上げて家を作ります。
そんなところに、一人の少女が現れて言うのです。
『私が弟のかわりになるわ』
彼女の弟は、すでに他の死体たちと組み合わさり、家を支えている。
少女は生きながらにして死体の家に埋まり、やがて潰れ、そして冷たくなり・・・
・・・・・・あぁ。キツいなぁ。小さな女の子くらい、幸せにして欲しかった・・・。
こんなのを「血液」からの流れで読ませるんだから、どんだけ悪趣味なんだこの本はww
子供には絶対読ませられないメルヘンです(と子供が言う)。
やるせなさすぎ。

・Closet
最後のトリックに読者がハマるかどうかに全てを賭けている作品。
「読者をだますミステリー」としては、これまで読んだことのない感覚を味わえましたw
読んでてニヤリとできる、という点に関しては、これが一番だったかも。
三人称だと思っていたら、急に語り手が現れるこの感覚!
面白い、という言葉がピッタリな短編。

・神の言葉
これが一番引き込まれました。個人的にはこの作品がMVP。
口に出したことをなんでも現実にしてしまう能力。
そんな力を持ってしまった少年が、その能力ゆえに、無限地獄に閉じ込められるお話。
文章の隅々から漂う絶望感・・・無力感・・・。感情移入しすぎるとヤバいですコレは。
読んでいるとマジで気が狂ってしまいそうになります。
グロテスクなスプラッタ系もアリですが、こういうブラックさも大好きでございます。

・落ちる飛行機の中で
「血液」と同じタイプの、コミカルな短編。
ですがこちらの方が「ハマってる」と感じましたね。
内容は、ハイジャックされた飛行機内で、安楽死の薬を買うか否か、というもの。
3人の登場人物がそれぞれいろんな思いで自分のことを語りますが
それがどうにも可笑しくて笑えてくるwなんでこんな能天気な感じなんだろうw
その背後にはばったんばったん人が殺されているという現実があるのにw
飽きない展開と、間の抜けた会話が異様にマッチしている秀作でございます。
ですが、終わり方はグッとビターに。
彼女は何を思って走ったのか。いい終わり方だ。

・むかし夕日の公園で。
ラストはホラー。たったこれだけのページなのに、いろんな感情が起き上がってくる。
恐ろしい。けれど確かな余韻が味わえた短編でした。たった4Pですけどね。

『ZOO』2巻 ・・・・・・・・★★★☆
小説ならではの面白さが詰まってる作品。ただゴッタ煮感がすごすぎるww
 
 
 
 
>>colo様
まぁキミキスでも菜々ルートは短かったし、そうだろうとは思ってました。
でもね・・・あのシナリオに、というか彼女のセリフにいたく心を揺さぶられてしまったので(「なんで・・・」のくだり)みゃーも期待してしまうのです・・・!

>クラスのヤツが堂々と読んでた
俺のクラスでそんなことしたら即刻ビリビリにされるぜ?<不敵な笑みを浮かべながら



アニメ最終回簡易感想。
・CLANNAD AS
設定上こういうまとめかたになることは分かりきっておりましたが
まぁ予定調和な終わり方でござんした。
番外編のあの終わり方にはわらってしまいましたけどねw
本編最終話はちと詰め込みすぎな気もしましたが、総じて、文句はない出来でした。
もちろんDVD購入継続です。ふっふー金やばーい。

・ソウルイーター
ちゃんとまとめてくれたのでOKw
完全に作画を楽しむためのアニメとしてみていましたが
1年モノとしてはとてもハイクオリティな作品だったのではないでしょうか。
作画が乱れた箇所はほとんどなく、5話に1話くらいの間隔で
作画的にもすばらしいアクションを見ることが出来ました。ボンズさん流石。
マカちゃん役の声優さんも、この1年で上手くなりましたww
見続けてよかったなと思えるアニメでした!

・鉄のラインバレル
原作ファン大激怒の改変のまま突っ切ったアニメ版。
バカにされがちな作品ですが、フィルター外して観てると、なかなかにいいアニメでした。
BGMや挿入歌の使い方が王道ながら上手かったですねw
声優陣がとても豪華で、声優の演技を楽しむ、ということもできた作品。
ちと作画が乱れがちだったのが残念といえば残念か。
いやでも、盛り上がるところはきっちり盛り上げてきてくれたので
満足のいくラストでした。
でもちょっとだけ消化不良な感じも・・・
城崎とのキスが最後に欲しかった、っていうことですけどねw

残りはアビス。録画で溜まっているのはあと一話。さくっと行こう。
今夜はシャングリ・ラ。
ネットはどこいってもどこ見てもけいおんのことばかり。
うわああああ早く見たいww

≪ [ゲーム]カルタグラが今更ながら面白い 他色々ホーム[本]フェアリアルガーデン3巻 感想 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。