FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]ひぐらしなく頃に 解 祭囃し編 1巻感想

20090601022806.jpg
岐阜市の某所へ行ってまいりました。
我が高校の部の県大会決勝がありまして、その応援です。
ちょーどいい時間につけたはずなのに、現地で迷ってしまって30分遅刻orz

終わったあと岐阜駅周辺で遊んでました。
岐阜メイトは今回が初。名古屋じゃ見かけないものの多くて楽しめました。



ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 1 (ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 1 (ガンガンコミックス)
(2008/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

   私の運命を引っ繰り返してみせろ!!

今年もひぐらしなシーズンが近づいてきましたね・・・ということはあまり関係なく
少々遅れましたが、ひぐらし解シリーズのラストを飾る「祭囃し篇」一巻の感想を!

原作ゲームの「祭囃し」は、3つのシナリオに分けることができました。
「田無美代子編」「カケラ紡ぎ編」「本編」というように。
祭囃し編のプロローグとして展開されていく「田無美代子編」は
ひぐらしにおける最重要キャラクターの壮絶な過去を描いたものとして、この作品を語る上でなくてはならないエピソードです。
そして漫画版も原作同様、「田無美代子編」からスタート。
どこまでも原作ファンのハートをつかんでくる漫画版だZe・・・ッッ

突然の事故により両親を失い、山奥の施設に入れられた美代子。
そこは大人たちが娯楽のために子供達を虐待する、悪夢のような場所だった。
友人達と脱走を企てる美代子ですが、いきなり施設の悪漢に捕まってしまって、命からがら振り切って走り出したものの方向を見失い、ついにはひとり森をさまようことに・・・。
激しい雨に打たれ、鳴り響く雷におびえ、絶望にくれる美代子。
そしてふと、苛立ちを覚えます。
こんなの理不尽だ。私は普通の生活をしていた。裕福でも欲張りでもなかった。それなのに私はそんなささやかでありふれた幸せすら奪われ、こうして一人雨に打たれている。追っ手に捕まれば、命だって危ない。
こんな人生いらない。今すぐに私を殺してくれ。その雷で私を打ち抜いてくれ。
これは、神様との勝負だ。
神様、もし私を殺し損ねたら、その代償に・・・
20090519184212.jpg
少女を襲う稲妻。神は少女を決意を受け取り、勝負を受けたのだ。
一瞬の静寂。
そしてそこに立っていたのは・・・・
20090519184221.jpg
原作やってるのになんでトリハダ立たせてるんだ・・・俺・・・。

一二三に引き取られた美代子は、施設での屈辱的な虐待で受けた心の傷を
新しい家庭の中ですこしずつ癒していく。
一二三は、とある限られた地域にのみ存在する特殊な病気、
雛見沢症候群について研究をしていた。
彼によって人生を救われた美代子は、彼の研究を手伝うことを決意。
一二三と並び立ち、そして魂を継いでさらに先を行く名前として
高野三四と、名前を改めるのだった。
(鷹になるのは、また少し先の話です)

だいたいなんですかこの表紙はw
こんな爽やかな表紙でこの内容って、鈴羅木さん狙ってるなぁw
終盤の30Pを除く約170P、ひたすらに胸糞悪い出来事が少女を襲い
読んでるこっちがげっそりしてきます・・・。
けれど、その中で逞しく生きようとする美代子の姿は、非常に感動的。
神に勝負を挑む・・・なんてありえない言葉を、自然と物語に織り込ませてしまうのが凄いw
ひぐらし漫画はどれもハイクオリティで非常に嬉しいのですが
今回も例に漏れず素晴らしい出来栄え!
アニメだか実写だかいろいろありましたが、この漫画版を読んでいれば間違いは無いでしょうw
原作ゲームと見比べると多少はカットされている箇所もありますが
それを差し置いても、ひぐらしという物語が最良の状態で楽しめる、素晴らしい漫画になっていると思います。BGMはセルフサービス!自分もひぐらし漫画を読むときは原作BGMをかけていますのでw
・・・今回もぎっしり書いてしまって見づらくなってしまいましたが
やっぱりひぐらしは最高!という結論で終わります。

『ひぐらしなく頃に 解 祭囃し編』1巻 ・・・・・・・・・★★★★
いやぁ面白い!大胆かつ忠実なコミカライズです。
祭囃し編2巻はカケラ紡ぎに入るようで、楽しみですw



お前らの好きな下着の色は何だ?
2次縞パンおおいにアリ。3次縞パンは正直ない。
そんな自分はピンク派ですごめんなさい。
【映画】泣ける映画ナンバーワンは『恋空』!2位『アルマゲドン』、3位『私の頭の中の消しゴム』
世界の中心で愛を叫ぶでボロ泣きしたんですが・・・。
「A.I.」とかも好きです。ぶっちゃけ内容あんまり覚えてないんですが、泣いた記憶だけはある。
 
 
 
 
 
 
名塚さんゲスト回面白かったな~アマガミラジオ!
まさかラジオにも「ローアングル探偵団」出てくるとはw
ドラマCD第2弾も詞に決定しましたし・・・
こりゃとーぶんアマガミから離れられませんw

もうちょいでフカフカ娘を攻略できるはず。
スキルートでコンプしたら妹ルートとストーカールート行って
ナカヨシでもう一周まわっていこうかなと思いますw・・・いつになるんだ、全ルートコンプ・・・。

 
 
 
 
アニマックスで秒速の放送がありまして、自分ももへ~っと見ていました。
と思ったらその影響でヒット数がグーンと伸びてくれましたw
あんなくだらない内容の感想で申し訳ないんですがw


久しぶりにスマスマ見ました。
まぁ今日くらいはねw
クサナギおめでとうw

≪ [本]YKアワーズ7月号 感想ホーム[日記]陵辱系エロゲー自主規制 その他 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。