FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]毛布おばけと金曜日の階段 感想

毛布おばけと金曜日の階段 (電撃文庫)毛布おばけと金曜日の階段 (電撃文庫)
(2002/12)
橋本 紡

商品詳細を見る

   これが、いつもの金曜日の風景―――

だいぶ前、2002年に発売された橋本紡さんの「曜日シリーズ」第一弾。
橋本さんはどんどん新作を出していますが、自分はなぜか過去作に戻ってますw
この本で注目すべきは、イラストを描いているのが学生時代のヤスダスズヒト先生だと言うこと!
神様家族やオリジナル長編「夜桜四重奏」でもアニメ化を果たした人気絵師さん。
そーいや電撃の「デュラララ!!」も今度アニメ化しますね。
両先生のファンである自分には、そういう点でもたまらない一冊です。

さて、サラリと内容。
死んだ父。いなくなった母。壊れた姉。
これだけシリアスなシチュエーションなのに、すごーく穏やかな作品。
3つの章に分かれていて、異なったキャラの視点から物語が紡がれていきます。
そのどれをとっても爽やかな青春小説で、心地いい空間が広がってます。
しかし、ところどころにある違和感。トゲ。
何かが狂っている―――その世界の上になりたつ、不安定で幸福な瞬間。
お姉ちゃんがちゃんと回復するのか、それすらも読者の判断にまかせてしまう。
作品の内容も、読んだ後の自然と頭の中で巻き起こる想像も、すべてが不安定。
「でもいいじゃないそれで。人間って、世の中ってそういうものだよ」
そして最後に行き着くのはこういったメッセージだったり。
昔の作品ですが、この時には既に「橋本さんらしさ」は確立されていたんですねぇ。
半月でも、それから発売された数々の一般書籍においても、橋本さんは終わりを書かない。
真実や明確な未来を、書かない。書いたとしてもそれはごく断片的。
それでも作品の中の登場人物たちは、とても生き生きとしています。
不幸な未来なんて跳ねのけてくれそうな気がするくらいにw
だから橋本さんの本はいつも、前向きな気持ちで本を閉じられます。

穏やかな空気の中に、ほんすこしだけ毒をまぜて、それと戦うだけの勇気を与えて終わる。
こういった流れは、現在の橋本さんの作品の主流と思われます。
デビュー前に書かれた物語だそうなので、おそらくこれがオオモト。
現在一般向けとして発売されている「木曜日」「流れ星」等の原点でもあるのでは。
というわけで、それらの作品が好きな方にオススメの一冊。
もちろん、気持ちいい青春小説が読みたいって人にもw

『毛布おばけの金曜日の階段』 ・・・・・・・・・★★★☆
百合っていいね!現在の橋本作品のルーツとなる作品。読みやすいです。
 
 
 
 

  
>>岬様
親父乙w
がんばるさー。



>>colo様
どこからか金木犀の香る夕暮れ・・・。
すでに陽は沈み、ふたりであるく日曜日の帰り道・・・。
橘さんはどこかソワソワしていた。
このままでは、彼女に家についてしまう。
そうしたら、今日はこれでお別れだ。
今日はふたりで出かけて、本当に楽しかった。七咲も楽しそうにしてくれていた。
でも、どこかまだ物足りない・・・。
まだ話したりない、遊び足りない。
もうお別れだなんて寂しすぎるのに、なにもできないまま。
『まだ二人でいたい』
しかしそう告げることはなんだか恥ずかしくて、居心地の悪さを覚えながら歩いた。
そしてそのまま、彼女の家の前についてしまった。
「あ、あ・・・七咲、じゃあまたな」
けれど彼女は歩みをとめなかった。
彼の手をとって、自宅前を通り過ぎ、そのまま前に向かっていく。
どこへ行くつもりなのだろう。
「お、おい・・・七咲―――」
そして彼女は振り返り、ふわりと。
ぎゅっと手に力を込めて、出会ったときよりもほんの少し伸びた髪を風に揺らして、
頬をすこし赤らめて、でも強気な瞳で、こう言うのだ。

「まだデートの最中ですよ」


うわあああ!七咲最高ーっ!

でもコレ、見直せば見直すほどキモい。
シャレたこと書こうとして失敗した感じが余計に気持ち悪さを加速させてます。
そしてキモい上に読みづらく、文がヘタだ・・・文才ないなぁー。
こう・・・頭の中ではグッとくるシチュを作れているのに
それを上手いこと文章にできない・・・くやしいw
オチ無いし文章カタいしもう散々。
明日おきて見直したらあまりの恥ずかしさに消すかも知れない。
そんなもの載せるなって話ですが、せっかく書いたからネタということで。


げんしけんでもあそこはニヤニヤがとまりませんでしたねー。
というかデート中からずっとオギーかわいすぎる・・・
でも家についた後はコミケ落選通知でトーンダウンしちゃうし・・・作者のイジワル!
coloさんのげんしけん話にのった日からコミックス読み返しているんですが
やっぱり面白くて、予習ほったらかしで読みふけってしまいましたw
げんしけん読むと、大学生活に憧れますわw




学校の知り合いたちは携帯から見ていることが多そうなので、見えなくしておきました。
まぁどうにもならない気もしますが。

≪ [日記]夏と浴衣と近づく模試ホーム[本]塾の合間にイレギュラーズ ≫

Comment

夏フェス!!

夏フェス一緒に行ってくれる人募集!!夏の思い出一緒につくろぉ☆ megumi-0830@docomo.ne.jp 連絡してね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誰もが読んで欲しい一作ですね。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

毛布おばけと金曜日の階段 橋本紡

あたしとお姉ちゃんと、お姉ちゃんの彼氏の和人と、3人で過ごすこの金曜日は、あたしが“家族”という言葉を実感できる瞬間であった。父と母を失い、姉妹だけになってしまってから、家族という言葉は意味をなく...

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。