FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

[アニメ]サマーウォーズ ダメダメな感想

細田守監督の「サマーウォーズ」を見てまいりました。
公開当日8月1日。
この日発売したブツをとらのあなにて購入した後、映画館へ行ったのですが
人気をナメすぎていたのか、12時に映画館に着いたのに
午後2時から回・午後4時からの回、ともにチケット売り切れorz
さすがにそのまた次の7時の回まで待つわけには行かず・・・。
自分はあまりにも準備がたりなさすぎた・・・と反省しつつ帰宅。
翌日2日の日曜にようやく見れたのでしたw
しかしながら、もう8月20日。ちょっと時間空きすぎですねw
書きたいことがたくさんあったんですけど、書いてるうちに頭が混乱してきてしまって
結局、なんだかビミョ~なデキになってしまったorz ・・・まぁいいや。



ストーリー。
数学が得意な主人公・健二は、ある日先輩の夏希からバイトを頼まれます。それは「田舎のおばあちゃんの誕生日会が行われる数日の間だけ、彼氏のフリをする」というものでした。
当日・・・親戚達の圧倒的なまでの迫力と人数を気圧される健二。
その夜、彼の携帯に途方もないケタ数の数列だけが打たれたメールが送られてきます。
なんとかそれを解き、答えを送信した翌朝・・・ネット世界OZは大混乱に陥っていました。
そしてあろうことか朝のニュース番組は健二を「犯人」として報道。
ネット世界をイタズラで混乱させた愉快犯に仕立て上げられてしまったのです。
誕生日会には本業が警察官の親戚も来ており、健二はあえなく御用。
彼の栄光に満ちた人生と先輩とのキャッキャウフフ田舎ライフは、こうして幕を閉じたのでした。

んで、ここからがまた面白いところなんで、ソコは是非とも劇場で!ってことでw



爽やかで情緒ある田舎風景と、鮮やかカラーリングのデジタル描写で描かれるネット世界OZの対比が、とても楽しかったです。
今回は「アクション映画」ということで、「時をかける少女」と比べてみても
目に見える動きというか、身体の運動という意味でも、混乱する社会の動きという意味でも、とにかくシーンごとに人が物事が動く、動き回る。なるほど、これは「アクション映画」だなぁと思わせてくれます。
そしてやっぱりOZでのバトル描写は凄かったですね!
無重力空間をビュンビュン飛び回っているかのようなスピード感が素晴らしいw
ラブマシーンとキングカズマの初戦は目がチカチカするくらいのテンポの良さ。
後半では何億という大量のアバターが同時に描かれるシーンもあって
それら一体一体がウネウネ動いているようで、とんでもない迫力でしたww
というかコレ、動画班にとっては地獄のような作業の連続だったと思うんだ・・・。

理屈ぬきで楽しめる映像には、やっぱり「アクション」が不可欠だと思います。
その点で言ってもサマーウォーズは、なんといっても「楽しめる」映画になってるなぁと。
しかしながら「家族で楽しめる」かどうかは・・・うーむ・・・。
あまりにもデジデジしちゃってるし、アダルトな皆さんの中でには見ていて頭がいたくなってきてしまう人とかもいるんじゃないかな。個人差はあると思います。



この映画の主役は、家族です。
大勢のキャラクターが入り乱れての合戦なので、キャラ数は凄いことになっていますね。
でも映画内で混乱することはまったく無く、全てのキャラクターにきちんと特徴が。
チョロチョロ動き回る子供達もかわいいw
そして、そんな彼らが、世界を守るために立ち上がる。
主人公が世界を守るべく敵に立ち向かう・・・なんて物語は掃いて捨てるほど在りますが
家族が一体となって敵に立ち向かっていくというのは斬新。面白かった!
(まぁ・・・クレしん映画とかもこういう路線ではあるんですけども)
バラバラだった家族がだんだんとひとつになっていくのは盛り上がったなぁw
・・・そして健二。
家族が守ったのは、世界の平和。
家族の力を、世界中の人たちの力をひとつにし、打ち破った強大な敵。
けれどまだラブマシーンは止まらない。
世界は守られたが、かわりに家族が標的となってしまった。
そこで立ち上がるのが健二です。
世界を守る・・・そんなものを一人の少年に託す作品も、これまた掃いて捨てryですが
家族を守つために戦うってのも、格好いいよなぁ。
そういう点でも、これまでにない新しい魅せ方をしてくれたアニメだったと思います。
 
ヒロイン・夏希についても。
映画を見る前にPVを見て「募集人員1名なの」のシーンを見て、あざとい仕草をさせたもんだなぁと思い、てっきり夏希はそういうキャラなのかと思っていたのですが・・・w
本編をみると考えを改めざるを得ませんでしたね。
「募集人員」のシーンは、バイトを探すための演技だったと解釈w
年相応に弱い部分もあり、でも勝負強く、したたかな女の子。
終盤では家族の、そして世界中のOZユーザーの想いを背負って立ち、ラブマシーンを撃破。
勝負が決まった、花札が叩きつけられたあの瞬間の爽快感はハンパなかったwww
ラストのキスシーンも、コミカルにだけど二人の新しい関係を表していてニヤニヤ。
序盤、ちょっとアレな行動も多かったのですが
最後にはちゃんとヒロインになっていたと思います。ヒロインもまた主人公。家族も主人公。



なーんか上手いことまとまりませんでしたねw文章力の無さを露呈した感じw
最後にひとつ。
うだうだと書いてきましたが、結論は簡単です。
夏にふさわしい、爽快なアクション映画です。
個人的には時かけ以上に好きな映画です。



 
>>colo様
見忘れたなー・・・朝方には覚えていても、半日もすれば忘れてるのです。
手のひらとかに書いとけばよかったですねw






放課後、文化祭準備中。

「あいつの中学時代の好きな娘、○○さんだってよwwwwww」
「エー」
「あいつ毎日ヤッってるらしいぜwwwww」
「ヤダー」
「一日最高○回だってよwwwwwwwwww」
「キモーイ」

おいテメざっけんな(´・ω・`)

 
 
 
「Stereo Fabrication of Youth」という
なんとも覚えづらい名前のバンドが最近気になる。
なんかもうバンドとしての活動再会は絶望的っぽいバンドですが
ネットで聞いたら曲が焼きついたように耳から離れないです。すげぇいい声、いいメロ。
CD買おうかなぁ、でも結構な数でてるんだよなぁ。



≪ [日記]半分の月 実写映画メインキャスト発表ホーム[CD]惑星のさみだれ ドラマCD 感想 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク