FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]C3-シーキューブ-7巻 感想

流星群を見ようと少し寝る→2時間前まで晴れてたのに起きたら曇りに・・・。
流れ星も流星群もみたことないので、見てみたいです。
C3‐シーキューブ〈7〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈7〉 (電撃文庫)
(2009/07/10)
水瀬 葉月

商品詳細を見る

   にっ!? ふ、ふにゃー!?

伝統の縞パンも7回目となりました、シーキューブ7巻。
今回はマガジンの方に掲載されていた短編+書下ろし短編という構成。
よって、全くといっていいほど黒要素、つまりはバトルやグロ描写はありません
短くですが、各短編ごとの感想。

『ハロー、ギロチン』
ギロチン子が全て持っていきましたね。

『日曜日はすとーきんぐ日和』
あまり出番のない?ラブラブな2人がメインの短編。
サヴェちゃんが可愛いw嫉妬する白穂もかわいいw

『はじめてのおまつり/A little reckoning day』
夏祭り=浴衣ッ!
ということで、浴衣大好きなおにいちゃんたちお待たせしましたな短編。
P133のフィアは、シリーズ最高峰のクオリティだと思う。

『スクール☆ウォーズ ~人形原黒絵は退屈しない~』
口絵には、非常に貴重な黒絵パンチラ制服verが!これだけでイケるNe!(何が
黒絵ファンにはたまらない、彼女のための短編でした。
黒絵を攻略できる同人ゲームないかなぁ。絶対色恋沙汰にはほとんど絡まないキャラだし。

『上野錐霞を懐かせる方法』
同じ設定でいくらでもエロ同人が作れてしまいそうなお話。
呪われたネコミミを装着した者は、猫のような行動を無意識にとってしまう・・・。
今回の短編集の中ではこれが一番面白かったかも。かわいすぎるw
普段クールないんちょーさんが、ふわふわした笑顔で・・・むふ、ふふ・・・ふふふふ。
シリーズ中最高に悶絶した素晴らしい内容でしたww

『とある出会いの死亡遊戯』
タイトルは禁書目録のパロ。数年前、黒絵がやってきたときのお話。
ふんどし祭り開催中な内容でした。このはさんはずっと「妾モード」で居ればいい。

いつも可愛いんですが、今回はより一層イラストのクオリティが高かったと思いますw
自分がこのシリーズに求めているのは、殺伐としたカオスな要素なのですが
まったりとしているのもアリだなぁと思いました。みんな可愛いー!
・・・作者が自重してしまったようですが
『礼澤瀬璃の証明』のような、廚2病エピソードももっと読みたいww

『C3 -シーキューブ-』7巻 ・・・・・・・・・★★★☆
キャラ萌えオンリー。イラストのレベルも高く、ニヤニヤまったり読める一冊。
 
 
 
 
>>彗星様
自分も3月、8月、12月は毎年出費が凄いことになります。
ハガレンは今回も面白かったですよ~、さっさと読むべきだw

別のところって・・・旅行ですか。有明とか?
コミケいきてええええ



>>colo様
買い出した当時、サンデーは読んでいなかったので
サンデーでこんな萌え漫画がやってたのか!とカルチャーショック受けてましたw
多分そのころからネットでも話題になってきて、それに影響されて買ったのかも。
ハヤテは面白いんですけど、萌えにしろパロにしろシリアスにしろ、どうも中途半端な感じ・・・。色々と漫画を読むようになるにつれ、ハヤテから興味がなくなっていってしまったのを覚えてます。

coloPとな?ごめんネタが分からなかったorz ころぴょんと呼べばよろしいですか?







携帯の電池パック部分のフタ、なくしたまま放置中。
自分ではもう違和感がなくなってきてしまったんだけど
やっぱりナカミむき出し状態ってのはどうなんだろうねw
まぁ不具合がなけりゃそれでいいやw 
 
 
 
 
・・・と、とりあえず、一週間連続更新は達成・・・・?
こんな長文打っちゃうから大変なのにね。
誰も読まないのにね。
勉強やんなきゃだよね。
殻ノ少女、ようやくマトモなエンディングを見れました。
でもCGコンプまでの道のりは長いんだぜ。

≪ [日記]もうすぐ終わるよ夏休みホーム[本]トラウマイスタ 4巻感想 ≫

Comment

1週間連続お疲れ様です。

P=プロデューサーです。Idol m@sterの^^;

ちょっとしたアニラジでsupercellさんの「君の知らない物語」が流れました。
まさか「メルト」とか作ってる人だとは思いませんでした…
ボーカルも歌ってみたあげてた人だし…
先日TVでやってたabsorbといい、意外とニコニコから有名人出てるんだなぁ…

早速DLしてみました。

それではーノシ

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。