FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]異国迷路のクロワーゼ 1,2巻感想

異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)
(2009/06/09)
武田 日向

商品詳細を見る

   お前は愚かだな クロード

買おう買おうと思ってたらいつの間にか妹に先を越されたでござるの巻。
というわけで妹君からお借りした「クロワーゼ」の感想。
雑誌でちょこちょことは読んでいましたが、これは単行本でこそ真価を発揮するシリーズ。

舞台は19世紀後半。
ヨーロッパは、鎖国解除によって開放され渡ってきた日本文化に沸いていた。
そんな中、閉鎖の危機に立たされている商業施設『ギャルリ・ドロア』に
一人の少女が、日本からやってきた。
ユネという名のこの少女は、ギャルリの鉄鋼職人クロードの元で暮らすようになります。
異国での少女の暮らしぶりと、それに触れて成長していくクロードの物語です。

漫画を語ろうと思っても、作画のことばかりに触れていては「こいつ漫画を絵でしか楽しんでないな」みたいな雰囲気になってしまってイヤなんですけれど、この作品に関してはそんなことにこだわっている場合じゃありません。
絵です。キャラです。背景です。
とにもかくにも、綺麗なんです。
ページを開けば、練りこまれた構図、読みやすい台詞配置に、モノクロ濃淡の鮮やかさ。
そしてキャラクターの表情も上手い。語らずとも表情のみで語ってみせる手腕。
西欧の背景に着物の女の子がいるってのもミスマッチで面白い!
20090901234017.jpg
作者の武田さんと言えば、その美麗なイラストでGOSICKを盛り上げたイラストレーター。
なるほど、これは確かにイラストだ。けれど間違いなく漫画としても面白いのです。
毎回キチンとした盛り上がりを作ってくれるし、異文化交流を軸に違った形で結末を見せてくれる。キャラクターもみんな魅力的で、ユネちゃん可愛いし、クロードは頑固でスカしてるけどカッコいいし、ユネちゃんは可愛いし、ユネちゃんは可愛いしでグー。
お風呂シーンもあり、そこらへんの需要もしっかりとカバー。ロリコンホイホイ?

ただ心配な点も。
やはり設定上、風呂敷を広げるのが難しいんだろうなぁ、というところですね。
ユネとクロードの絆、そして彼の成長がメインとして描かれているわけですが
どうにも物語全体が小さくまとまりすぎているような印象。
かといって不自然に話を広げられても困りますからね・・・、どうなるかなぁ。
もともと心の動きで物語を展開させていくお話ですしね。派手はアクションは無し。
そこで注目されるべきなのは、第6話「子供部屋」でのエピソードではないかなと。
2巻までで唯一、メイン2人以外の人物の心情にスポットライトを当てたお話です。
当時のブルジョワジーには、女性を貴族に貢がせて上流階級に溶け込んでいこうという習慣があり、カミーユもそれを共用されている少女の一人。彼女は今、何を思うのか。
自分が一番好きなのはこの第6話なのですが、シリーズ全体通しても、この話は今後物語が進む上でかなり重要になるのでは・・・と思ってたりします。
女性の立場というのは、国で違ったり時代で違ったりしますし・・・
そこに注目するのも面白いかもしれないですね。
まぁカミーユさんに再登場して欲しいってだけかもしれないですけどもw
もう切なくて切なくてですね・・・悶え苦しんでいましたorz
あとは、クロードの父さんのお話にもグッと来ましたねー。
過去と現在を上手いこと重ねて盛り上げてきて、第8話は熱かった!
万人に通ずる価値なんてものは、そもそも存在しないのかもなぁ。
異国に渡ったら、なおさらなのかもしれない。
けれどたった2枚の小さな板切れに、少年は少女は想い、自らの弱さを見たりもする。

それと連載ペースが遅いです。
1巻→2巻で一年半かけてますから・・・3巻もそれくらいかかると思いますw
ただ、一冊あたりの密度、絵のクオリティは素晴らしく、単行本としてはコストパフォーマンスはかなりいいと思います。大暮作品とまではいきませんが、もう画集として買っても全然OKなレベルw
応援していきたいシリーズですね。これはアタリ!

『異国迷路のクロワーゼ』1,2巻 ・・・・・・・・・★★★★☆
箱庭を覗いているかのような、小さく美しい物語。どう発展するかが楽しみ。
和服好きもロリっ娘好きもイケメン好きもオールOKな一作。



「今思えばエロフラグだったんじゃね?」って思い出
全盛期の俺は挨拶されれば惚れていた。エロい記憶はない。
アニソンの神曲
ソルティレイのcloverは最強のハッピーエンドテーマソング。
それと守護月天「さぁ」ジャぱん「Sunday」ワるきゅーレ「agape」そして「涙の種、笑顔の花」
一人で入った夜の映画館。スクリーンに映ったあの背中が忘れられません。
あとは・・・まぁベタですが、ブーム直撃世代として「Butter-Fly」も外せないww



>>パチンコ様
ゴテンクスはあまりにもハイリスクすぎる大技。
人の目に触れることは極力避けたい。





今日は本屋に行ってきてさみだれ8巻、レンタルフルムーン、SWEET SKETCHを購入。
SWEET SKETCHの表紙はすごいですね・・・むにむにおっぱい。

さみだれはスレでアニメ化決定の誤報がされて混乱しました。
今のご時世、どの作品がアニメ化しても驚けない状態にあるので
あーいった冗談は止めて欲しいw

≪ [本]アワーズ12月号 伏線回収が見事なさみだれ第55話ホーム[日記]アンニュイな日記。 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。