FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]確信犯的中二病「レンタル・フルムーン」1巻

レンタル・フルムーン〈第1訓〉恋愛は読みものです (電撃文庫)レンタル・フルムーン〈第1訓〉恋愛は読みものです (電撃文庫)
(2009/06/10)
瀬那 和章

商品詳細を見る

   第五訓、恋愛は読むものだ、するものじゃない。

2巻が今月発売されたので、それに合わせて一巻目の感想を。
ちょっとイタかったり残念なキャラが織り成すコメディ作品。

「月光文庫」を毎月コンプをするためにバイトをこなす主人公、新太。
バイトをクビになった帰り道、ふと目に付いた貸本屋「満月堂」に入ると
無愛想な女の子の店員、お供には耳からオコジョ耳を出した幼女と、神様と出会うことに。
そこで彼は、幼少の頃「梅干戦争」で得た能力を買われ、彼らの手伝いをすることに。
新太がちゃんと仕事しないと、神様がいじけて世界を滅ぼしてしまうのです。

面白かったのは、各キャラクターの絶妙な立ち位置。
多くのキャラクターが登場しますが、女性キャラが主人公に言い寄ってばかり・・・なんて展開はこれっぽっちもなく、あくまでもメインヒロインであるツクモと主人公の関係を描くことに集中しています。
女性キャラがツクモ以外に3人出てきますが、ツクモを狙う百合っ娘だったり、主人公の友人のことが好きな中2病委員長だったり、恋愛なんて眼中になさそうな神様だったり。
主人公へと向かう好意ベクトルがないのですね。
これが実に気持ちいい。
個人的に漫画・小説でのハーレムはどうも気が進まないのです。
(もちろん好きな作品も、たくさんありますが)
その上この主人公である新太は、一巻目にしてツクモへの片思いを完璧に自覚し、鈍感主人公にイラつく心配もなし!
主人公が高感度高いまま終わってくれた、というのはとても素敵なことです。
好きな女の子のために立ち上がる、というその行動に嘘が生じないので。
各キャラクターもそれぞれ濃く、ツッコミどころ満載w

全体的にコメディ調が続きますが、特徴的なのは確信犯的な中ニ病。
特に後半の盛り上がりはいろんな意味で笑いがとまりませんでしたw
大げさにかっこつけたセリフや行動と、それを突っ込んでいく主人公がw
ラストも実にアホらしく、バックでは遊戯王に見立てたカードバトルが繰り広げられ、ツクモと新太が対するは下半身から五羽の白鳥を生やした、滅んだ世界の「エグニルの魔人」。
シチュエーションがなにがなんだか・・・でも格好いいとこはちゃんとキメてくれる作品w

キュラクターがみんなとても魅力的で、全くストレスがたまりませんでした。
イラストもかわいく、感度抜群なツクモが素晴らしい!
それと何気に気に入っているのが
人生教訓メモを手に、消極的な生き方を望む主人公が
ツクモと出会い、自らその教訓メモの内容を書き直していく姿。ニヤニヤw
好きな女の子がいれば、男はいくらでも変われるし頑張れるのさ!
脳内BGMはスピッツの「Holiday」。もーしーも~。

『レンタル・フルムーン』1巻 ・・・・・・・・・★★★★
上手いことまとまり、かつテキストのテンポ、キャラも高感度高し。
なんとか続いて欲しいなぁ・・・人気出ると思うんだけど。



いちご100%で抜いてたヤツ集まれwwwwwwwwwww
東城さんにはお世話になりましたね(笑顔)!いちごは完全版出たら買ってしまいそう。
【精子クソ杉ワロタ】 卵子×卵子で生まれたマウス、 寿命1.3倍up 免疫力up 体重2/3
マジで男いらねぇな。

>>佐織様
おっぱいうp
 
 
 
 
 
 
英語長文で、たまに一つだけ文体が違う(斜体っぽい)単語がありますが
あれはどういう意味なんでしょうね。
おい!おいこれ!よく見とけよ!これ重要ワードだから!代名詞ごと訳す時とかに使うから!
ってことなんでしょうか。
役に立った覚えがないんですが。




学校でイジられていた時
ふと前にいた人がパカッと開いた携帯が、俺の携帯と色が同じで
イジられてる間に携帯をとわれたか!
とすぐさま奪い取りました。
手にしてからよくみると、俺のじゃありませんでした。
相手「なんで?」
俺「………あー…」
とりあえず、ソックリだったから見間違えたごめん!と言い訳して逃げました。
死にたい。

≪ [日記]あと一ヶ月とかないわーホーム[日記]「バクマン。」アニメ化決定! ≫

Comment

あれは・・・

イタリック体と言って!主にフトンやおすしといった日本語がそのまま英語になったやつにつかわれるんですよ!!!

それもあるんですが、たまに「People」とか
そういう単語も斜体になってるような…
勉強中にはっと思い出しただけなので、記憶違いかもしれませんw

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。