FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]壁を越えたその先へ 「惑星のさみだれ」8巻

保育園から中学までずっと学校一緒だった女子と再会したがなんてことなかった。
惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)
(2009/11/10)
水上 悟志

商品詳細を見る

   さようなら

先の読めないストーリー展開、丁寧な伏線回収、熱いバトル。
現連載漫画の中でもさみだれはトップレベルに面白いと思います。
アワーズで追っているのですが、ここ1年半くらいの盛り上がりは尋常ではなく
水上さんの頭のネジが数本飛んで別次元に行ってるみたいです。
毎号アワーズを読む手が震えます。ヤバすぎるぜ・・・。
まぁそんな大絶賛のさみだれですが、もう終わりが見えてきましたよ。

8巻も、またまた見所多すぎて何から書けばいいのやら。
祖父の死、ルール変更、待ち受ける半月、初出の『天の庭<バビロン>』、インコマン、告白、決戦、マイマクテリオンのアイデンティティ、BDM、などなどなどなど・・・。
今後重要となりそうなのは「ルール変更」かな。
12体目破壊時の夕日生存を条件とし、アニムス参戦をすっとばしてBHを発動する。
逆に夕日が死亡していればこの変更は無効、通常通りアニムスと対決する。
こうした理由は分かりませんが、アニマが夕日を最重要視しているのは間違いない。
惑星をめぐる戦いの全貌がいよいよ見えてきそう・・・!

8巻ではVSマイマクテリオン戦がメインでありますが、それより見逃せないのが
東雲半月との対戦。
ここはですね、まぁ読んだ人なら間違いなく思っただろうと思いますが
恐るべき伏線回収技術!「ああああーー!!」と叫びたくなくなるくらいのw
2巻で退場した半月ですが、まさかここで、こんな風に繋がるとは・・・!
しかもこのタイミングで、夕日が新技を披露するのもニクい。
戦いが終わったあとの展開も格好よすぎるw
自分を変えてくれた憧れの存在を、自らの力で超えていった夕日。
20091215215857.jpg
抜き去ったその向こうの、このすばらしい開放感よ。
なにもない空間を前に立ち尽くす夕日。何気に名シーン。

マイマクテリオンは、これまでの泥人形の中でも
もっともじっくり描かれたナンバーでしたね。
人格ある泥人形、というかなりイレギュラーな立ち位置。
最終的には風巻さんの3対同時キュベレイに破れましたが・・・
存外あっさりと倒されたのはちょいと拍子抜けかな。
でも最期を見届けたアニムスの「おつかれ」が地味にジーンときました。
彼はあんなんですけれど、マイマクテリオンには多少の情が沸いていたのかも。
太陽とはいいコンビでしたね・・・もっと幸せな未来があってもよかったかも。

物語は終盤戦。
ついに姿を現す、対ビスケットハンマー用カウンター小天体兵器・BDM。
絶望だけでない。空には希望があったのだ。
ラスボスは目前。夕日・さいだれの動向は。地球の運命は。アニムスの真の実力は。
どうなる、ホシを砕く物語。
20091215215624.jpg

『惑星のさみだれ』8巻 ・・・・・・・・・★★★★☆
テンションMAXでお送りする第8巻。表紙も格好いいですね!
それと告白ヘビ子さんのかわいさが異常。ヘビ子さんーん!俺だーッ!結婚してくれー!



1歳~12歳の娘のポルノ画像を製造・販売してた母親、「代金が支払われない」と警察に相談し事件発覚
ロリでこんなやり取りするようなクズ共はマジで○ぬべき。
3次ロリは目で愛でるものなんだよ!大人が汚しちゃいけねぇんだよ!美しくあれロリっ娘!
台湾で釘宮病が発症し失神者が!現地ニュース動画あり
迷惑甚だしいが、情熱はすばらしいw ある意味ファンの鑑w
 
 
 
 
>>colo様
「MARCH(笑)って言ってるけど、そんなの超頭のいい極一部のネラーだけだろ」
と思ってたらアレですからねww勘弁してほしいですw
まぁ自分もがんばりますよー。





>>Rinne様
どっから広がってんだこのブログ。
それはさておき、来てくれてありがとー!
1人で東京行くのは初めてなので、知り合いがいてくれると助かりますわ。
帰りにはなんとか合流したいですね~。


 
 
 



こんな更新をしていますが
実は今日入試でした。
隣にかなり可愛い子が座っていて、大学生活への期待も高まりますね。

後ろに座ってたのは茶髪ロンゲで声がデカいDQNでした。
ノーサンキュー。






≪ [日記]半分の月がのぼる空 完全版発売決定!ホーム[日記]冒険できるのも今回だけだし ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。