FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]超短編ばかりで無理矢理単行本化! 『魔女っ娘つくねちゃんかおす』

魔女っ娘つくねちゃんかおす (シリウスコミックス)魔女っ娘つくねちゃんかおす (シリウスコミックス)
(2008/12/22)
まがり ひろあき

商品詳細を見る

   ・・まるで風のような女の子だったな・・

つくねちゃんシリーズの中でもとくにカオスな様子の一冊。まさに「かおす」。
作者曰く「吹けば飛ぶような短編を掃いて捨てるほど詰め込んだ」とのこと。
というわけで、6ページ前後の短編+4コマが190ページぎっちり収録。
結構読むのに時間がかかる濃厚な一冊になっていると思います。
どんな調子かというと
20100226142007.jpg
・・・・・・・・・まぁ、そういうシュールな感じで・・・。

一番気になったのは「ぜろ」シリーズ。
20100226141807.jpg
幼い頃のつくねちゃんの様子もかわいらしいし、
無印第一話で即刻焼死したマスコットキャラクター・ププリンの誕生秘話も。
あれで旅立ったあとすぐ死ぬんだから救われないなププリン・・・。
「かおす」ということで、無印時代のキャラもプラスキャラも勢ぞろい。
非常に賑やかに進行していきますので、以前からのファンも嬉しいですね。

もしかしてこれでつくねちゃんシリーズは終わりなんでしょうか。
もしそうなら哀しいですねー・・・ほんと、大好きな作品なので。
ブラックでシュールでアホらしく可愛いギャグマンガって結構貴重なんですよ。
暇さえあれば無印つめあわせを読んでますしねw
まぁでも、これまで楽しませてくれてありがとうつくねちゃん、と言いたいです。
あとは・・・OVAのDVD-BOXが出てくれれば言うこと無し!

『魔女っ娘つくねちゃんかおす』 ・・・・・・・・・★★★☆
これまで単行本化されていなかった作品をズラリと収録。密度ヤバい。

≪ [本]届いた光 見えない光 『鋼の錬金術師』25巻ホーム[本]少女の毒素 『2週間のアバンチュール』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。