FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]異色のコラボで生まれるぬるさ 『だぶるじぇい』

だぶるじぇい(1) (講談社コミックス)だぶるじぇい(1) (講談社コミックス)
(2010/01/15)
亜桜 まる

商品詳細を見る

   伝統芸継承部に入部しました。

マガジンにて連載中のシュールショート作品「だぶるじぇい」。
原作は説明不要の野中先生!作画は「えこといっしょ」を連載した亜桜まるさん!
シブい劇画調作品を得意とする野中先生に、ポップな萌え系漫画化のまるさん・・・。
そんな恐るべき錬金術の末に誕生したのがこの作品です。

主人公(?)のはじめは伝統継承部に入部します。
そこは個性豊かな・・・そして意味のない一発芸・・・いや伝統芸を継承する人々がいたのです。
彼らが各々の得意とする伝統芸を使い、日々をなんとなく生きていく様子を描いています。
お気に入りは部長ファミリーズ、副部長、相良君あたり。
特に好きなのは、やっぱりこのシーンかなぁ。

20100305094025.jpg

女の子がピンチのそのとき、カッコいい漫画論を語り救う部長・・・。
そんな彼の作品がコレ。

20100305094213.jpg

常識に囚われない自由な作風・・・これには漫画マスター小学生相良君も驚き。

はて、じゃあ面白いんかいなと言いますと・・・難しい作品だなぁと
爆笑とは行きませんし、人を選ぶ作風だし、なんというかシュールすぎて・・・。
内輪ネタも多いので、そういうのが嫌いな人も多いかもしれません。
ですがいいキャラは揃っていますし、2巻以降盛り上がっていくように思います。
絵に関しては素晴らしい出来ですし、野中さんのテイストもきっちり残っていますので
両作家さんのファンに広くお勧めできるものであると思います。
常におっぱいを強調するポーズの副部長さんがたまりませぬ。

『だぶるじぇい』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
絵に関してはハイクオリティ。P28、104とかいいですね~。
ただ内容的には若干疑問符が付きまとうかな。

≪ [本]ただ高みを目指す戦場へ 『ベン・トー』1巻ホーム[CD]心えぐられる六年前へ 『ドラマCD 殻ノ少女 VOL.1 FILE00:六識事件』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。