FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]兄妹の距離感 『おとなになるまえに』

おとなになるまえに (TENMA COMICS)おとなになるまえに (TENMA COMICS)
(2006/10/14)
関谷 あさみ

商品詳細を見る

   結婚おめでとう お兄ちゃん

初挑戦・成年向け漫画。
今まであえて避けてきたジャンルですが、そろそろやっとくかと。
それにしたってしょっぱなからロリ漫画かよ、という感じもしますが
そこはそれ、俺これで泣いちゃったんで許してください
なんでなのかは後半描きますが、まぁこのブログは実に健全な全年齢対象ブログなので
消しやらモザイクやらが必要な個所が入った画像は張りませんw
アダルトブログにされちゃったら悲しいので…。

作者の関谷あさみさんは基本ロリ漫画界で活動していて
なんとも乙女ちっくで可愛らしい清純なおにゃのこを届けてくれるお方です。
どうでもいいけど俺が所持するエロ漫画は女性作者の作品が多い。なんでだろ。
まぁ女の子がエロくてかわいければ、作者の性別なんて関係ないんですけど。
画像張ろうと思ったけど、結構えっちぃから自己責任で→
表情が特にエロくて大好きですw
それとこの単行本は、びっくりするくらい消しが少ない。凄い。

作品の半数は和姦。相手役はほとんどが年上男性。
ロリ狼の輪姦ものもあるけど、全く悲壮感がなくむしろ和んでしまうレベル。
女の子は後輩・教え子・妹・従姉妹・年下彼女とまぁロリ漫画の代表格勢ぞろい。
教師とのあれこれを描いた「bitter black」「sweet white」が一番エロかった!
貴美ちゃんがまた本当にかわいいんですよ!なんなのこれ!勃ってきた!
黒髪ツーサイドアップってのもいいよなぁ。完成系ですこれで。
しかし二人のお兄ちゃんともにゅもにゅしちゃう「いっしょにいてね」もスバラシイ。
途中のカラーページも綺麗だし迫力あります。
けれどね、これは最後にやられてしまいますよ。
事後、かなちゃんは言うのです。
「お兄ちゃんも淳ちゃんも す、好きな人出来たら結婚していいからね……」
20100513224051.jpg (クリック拡大)
「…かなはお兄ちゃんたちのこと好きだから……しないけど……」
もおおおおおおおかわいすggg

途中「raining」でシリアスを挟みつつも和やかに進行していきます。
がしかし落とし穴がありました。単行本ラスト、「壁の向こう側」。
これが強烈。強烈過すぎて泣けてきました
妹にひそかに恋心を寄せていた兄。
妹も自分のことは慕ってくれているけれど、それは兄妹だからと分かっていた。
近付きすぎれば拒まれると、分かっていた。
そんなある日、バイトをさぼって一人部屋にいると
薄い壁の向こう―――妹の部屋に、知らない男が妹とともに入ってくる。
戸惑う兄に気付かぬまま、隣部屋の二人はしずかに進んでいき
兄のすぐ隣で、名も顔も知らない男が、妹の初めてを奪う。
20100513224219.jpg
もうやめてくれと、必死に指を噛みながら悔しさに耐える兄。
自分があいつの兄だから。だから恋しちゃいけないのか。
最悪の現実を前に、しかしひとつの決意が生まれる。
それでも、俺は、たぶんこの先も……。

数年後、兄の結婚が決まった。
祝福と同時に涙を流す妹は告白する。兄のことが好きだった。
でも結ばれるはずはないから。いつかは諦めくちゃいけないから。
「むりして彼氏作って お兄ちゃん離れしようとしてみたりしたけど
 もっと甘えていればよかった」

20100513224622.jpg (クリック拡大)
妹への想いは今も変わらぬ兄に、一瞬脳裏を過ぎる言葉。
すべてを捨ててもかまわない―――妹のためならば。
しかし兄は、兄として、妹の頭をなでたのだった……で終わり。

想い叶わず上手くいかなかった兄妹のエロ悲話です。
エロ漫画だと常識のようにヤッちゃう兄妹ですが、本作はその壁を超えません。
タイトルの「壁」は、物理的な意味も、隠喩的意味も込められています。
でもこれが本当に正解なんです。
一番ベストな立ち位置は、兄妹であり続けることなのです。
そしてささやかな幸せを掴む2人。
簡単に済ませちゃう兄妹漫画よりも感動しましたね…。
冗談じゃなく、俺泣いたもんよ…。

ありゃーまた長い記事になってしまった。
それではまとめ。
女性らしい丸く柔らかなタッチで描かれたロリっ娘たちはむにむにで最高。
絵も安定感があってかなり好印象。
アブノーマルなプレイはないにしろ、平均的なエロさはあります。構図もバリエーションあって○。シナリオやシチュもバランスとれていると思います。
女性にも読みやすい作品だと思いますが、やはり妹ラブ男子に読んでほしいところ。

『おとなになるまえに』 ………★★★★☆
抜けて泣ける素敵な一冊。ちっくしょーお兄ちゃん泣けてきちゃうぞーくそー。
あんまりエロい記事アップするとFC2からアダルト認定食らうってマジですか?

≪ [日記]紡いだ物語の上に 『劇場版"文学少女"』感想ホーム[本]読んでる漫画雑誌についてだらだら書く ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。