FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]決着、決着。人間とホムンクルスの生き様に痺れる! 『鋼の錬金術師』26巻

コミケ乙でした。仮免受かりました。路上でひょろひょろ走ってます。
今回ネタバレ凄いので未読の方注意ー。
鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
(2010/08/12)
荒川 弘

商品詳細を見る

   やりごたえのある 良い人生であったよ

集められた5人の人柱を礎に、ついに本格発動された国土練成陣。
それはアメストリス全国民の生命を賢者の石のエネルギーにさせ、神を手にするための儀式。
20100816194007.jpg
そして全アメストリス国民の息が途絶えた。
そこに立っていられたのは僅かな人間達と、錬金術師。
真を姿を取り戻し、身に神を宿した「 フラスコの中の小人」。
さぁ、始まるぞ、終わりが。

はてさて、もうラストバトルも大詰めも大詰め!
アニメが終わっても原作はまだ終わってない鋼の錬金術師、第26巻です。
なんてったってこの巻はオッサンですよ。そう、ホーエンハイムとブラッドレイ!
まずホーエンハイムがカッコよすぎるのです。
賢者の石そのものである彼は、そのエネルギーを使って術を仕えない錬金術師たちを必死にまもるホーエンハイム。エドの表情もいいですねー。立ちふさがり自分たちを守ってくれている、強い父の背中を見上げています。

20100816183657.jpg

ホーエンハイム。
孤独のまま彷徨い、家庭を成し、けれど幸せを背に再び孤独に歩みだした。
一度は途切れてしまった、家族の絆。
全ては自分の罪を償いをするため。そのための人生だった。だからこの戦場にいた。
けれど挫けそうになった、その瞬間ですよ!

20100816194012.jpg

彼を背中を押したのはエドとアル。息子たちです。
「ボンクラ親父だけど・・・いいとこ見せたくなっちまうなぁ!!」
笑顔でそう叫ぶホーエンハイムにこっちも笑顔になってしまうというもの!
闘いの中で進化する人間関係って素敵ですなー。



さてお次はブラッドレイ。憤怒のラース、ホムンクルスです。
彼の生き様もまた、ホムンクルスという存在を語る上で欠かせないものなのでは。
もともと彼は人間であり、色々とイレギュラーな要素を持ち合わせているのですが
彼の思考、行動、信念は強烈に印象に残るのです。
そしてこの巻ではついに彼の退場シーンが描かれてしまうのです。
スカーとの熱戦の末、「運悪く」敗北を喫したブラッドレイ。
ブラッドレイはこれまでにも、予想外の出来事を楽しんでいる節が見受けられました。
そんな彼だけに、このような決着は彼にとっては納得できる、最高に楽しめた闘いだったのではないかなぁと思えたりします。だって、凄く良い表情してんだ、このオッサン。不測の出来事による偶然の結末を、素直に受け入れてる。
そしてやりごたえのある人生だったと零して、ゆっくり目を閉じる・・・。

「憤怒」を司るホムンクルスは、相反して安らかに、そして誇らしげに倒れ伏した。
戦い抜いた、1人の戦士としての死。
その表情に宿るのは、心からの満足感。
ああ、なんだよ、これじゃまるで、人間みたいじゃないか。

20100816183653.jpg
さらば、ブラッドレイ。
ちょっと画像チョイスが間違った気もします。

ランファンに語った言葉の意味、そしてランファンに伝えた意味については
また誰かが書いてくれると思います(チラッ



さてホムンクルス&家族つながりでセリム・ブラッドレイも。傲慢のプライドです。
彼もまた痺れる最後を迎えております。
彼は非常に従順に「お父様」に付き従うホムンクルスとして活躍をしていましたが
この巻ではじんわりと彼のアイデンティティが崩壊していきます。
決定的だったのはエドが放ったこの言葉。
「おまえがオレ達にこんなボロボロにされてんのに お前に一瞥もくれてないんだぞ!」
これに明らかに動揺するセリムには、ホムンクルスの深い部分を覗けた気になりますね。
心のどこかでは見返りを、愛情ややさしさを求めてしまっている。
そして一番は、決定打となる一撃の直前のこのシーン。

20100816183701.jpg (クリック拡大)

まさかの再登場を果たしたキンブリーの影響で出来た一瞬の隙。
そこに飛び飛んできたエドを目の当たりにして、思わず死を悟ってしまったのか。
彼が最後に思い浮かべたのは、ホムンクルスの兄弟達でも、お父様でもない。
人間としてのセリムの居場所であった、家族のこと。
そこにブラッドレイ本人も含まれていることが、またなんというか・・・!
彼らは紛れも無く家族であり、彼は家族を愛していた、と。
それを読み取ることができる、切ないワンシーンでしたね。
もちろん小さくなったセリムが小さくつぶやいた2文字にも、胸が熱いのです。


そんな鋼の錬金術師26巻でした。
最終第27巻は11月発売。
もはや何も言いません。黙って最後まで付いていくだけです。
1期アニメから原作入りして、もう7年ほど・・・・・・大好きな作品が終わるのは悲しいことですが
やはり愛するからこそ、行き着く果てを最大限味わいたいというか。
アニメも好評なまま終わりましたが、原作はどうなるでしょうね。
楽しみすぎる最終巻まで、ドキドキが鳴り止みそうにありません。

『鋼の錬金術師』26巻 ・・・・・・・・・★★★★
いよいよ次でラスト。こんな面白い漫画終わっちゃっていいのかよ。いいんだよ。
全て紡ぎ終わる瞬間まで、この作品は気が抜けません。

≪ [本]あすかちゃんの無自覚エロス記録集 『今日のあすかショー』1巻ホーム[本]開かれた扉。人は希望を掴めるか 『きみのカケラ』7巻 ≫

Comment

久しぶりに来たが相変わらずだな。
コミケ行きたかった。

妖精大戦争ェ・・・
ハガレンの新刊買わなきゃー

コメント返信。

>>彗星さん

お久しぶりー、まぁ何年経っても大してノリは変わらないだろうよw
東方は今回も盛り上がってたようで・・・。
今回逃したけど近いうちにコミケ行ってみたいなと思ってます。
あとハガレン激熱だから早く読むべし。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス) |荒川 弘

鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)荒川 弘スクウェア・エニックス 刊...

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。