FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]俺の牛がこんなに可愛いわけがない 『ウシハル』1巻

杉たんが覚醒してました。
ウシハル 1 (ビッグコミックススペシャル)ウシハル 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2010/09/30)
ゴトウ ユキコ

商品詳細を見る

   牛がエロく見える時ってある?

「R-中学生」の作者でもあるゴトウユキコさんの作品。
表紙から分かりやすいですが、簡単に言えば牛の擬人化漫画です。
ウシハルのかわいさを堪能しつつ、彼女に惑わされまくりの主人公・清晴があわてる様を微笑ましく見守るのがこの作品の楽しみ。
この作品も、思春期の悶々なアレコレが詰まった内容となっています。



清晴の牧場にやってきた仔牛・ウシハル。
ウシハルはかつてこの牧場にいて、名前も清晴が付けたものだったのですが、事情により別の牧場に引き取られしまいました。それが今回、清晴の牧場に戻ってきたのです。
しかし返ってきたウシハルは・・・

20101024211432.jpg

なぜか女の子になっていました。
(手がひづめなのがポイントですね。)

けれど周りの人たちはノーリアクション。
清晴だけ、ウシハルが女の子に見えているのです。
周囲は平然と牛としてウシハルを扱いますが、女の子に見えてしまっている
絶賛思春期満喫中の清晴は、器用な対応ができるはずもなく・・・!
加えて女の子に見えてもウシハルは牛。乳牛です。
というわけで彼女が乳搾りされるのは当然であり、それも清晴限定でエロシーンになります。

20101024211409.jpg (クリック拡大)

※普通の乳搾りです。



にしてもウシハルちゃん、すんごいセクシー。
むちむちな体つきややや厚めの唇、あどけない表情・・・昂る。
そんな女の子が全裸で、無邪気に自分の近くで遊んでいる環境!
基本エロいことばかり考えてるような男子中学生はもうたまりませんよ・・・!
清晴君も、1巻収録話だけで結構マズいことやっていますw
ウシハルにスク水を着せたり、黒のブラを着けさせたり。
「背中」の良さに目覚める若干フェチっぽいエピソードもあれば
縛られてるウシハルを見て緊縛趣味を開拓してしまったり
練乳を舐めるウシハルに興奮して、練乳を彼女の顔にかけまくったりと
ストレートに性欲を表現したシーンが多いです。
というかウシハルちゃん自体がそもそもストレートなデザインですし・・・。

20101024211436.jpg
ウシハルちゃんまじ背中美人。

けれど、ただ欲望に忠実なだけが思春期ではないですよね。
タダで胸をもめる!と喜びながらも乳搾りは頑なにやろうとしなかったりと
エロいことへの興味はたくさんあるのにヘタレな所が
いい具合にリアルな中学生という感じで、可愛いかったりするのです!
そして「R-中学生」とセットで読むと、作者がどんなキャラが好きなのかもなんとなく分かる・・・ような気がしますね。主人公の男の子とか。
空気読めないぽっちゃりハゲのエロ中学生が今作にもいるというw

単行本ラストのオチが結構衝撃だったので、今後の展開がかなり楽しみ。
ウシハルの「人間の少女」としての幻想は、清晴に限ったものではなかったのは
なかなか面白い方向性に持って行くなぁと・・・!
今だからこそ見ることのできる、思春期の妄想力あってこその存在なのか。
ということはしばらくたったら見た目普通の牛に戻り、少年はかすかな切なさとともに一歩大人になった…みたいなちょっと甘酸っぱいラストシーンを想像してしまう・・・!



まとめー。
ゴトウユキコさんと言えば、結構露骨なエロネタをやってくれる作家さんですが
この「ウシハル」でもその方向性は変わりませんね。
ウシハルが絞られ縛られもう大変なことになっておりますよ、素晴らしい!
でものほほーんとしてるウシハルの様子は、エロさ抜きでも魅力的です。
清晴とじゃれあってる彼女の楽しそうな笑顔は本当に可愛い。魔性の雌牛。
単行本の構成も良いですねー。
短編をいくつも重ねていくタイプの単行本で読みやすいです。
こういう構成はさらっと何度も読み返せるので、個人的に好きなのです。
2巻発売を楽しみに待っていたいと思います。

『ウシハル』1巻 ・・・・・・・・・★★★☆
お牛さんむちむち擬人化?漫画。結構まったり、大分刺激的。

≪ [本]秘密のカイカン・・・傷だらけの僕らの思春期。 『R-中学生』1巻ホーム[本]男子も女子も揃いも揃ってバカばっか 『男子高校生の日常』3巻 ≫

Comment

乳牛はね
乳を出すために妊娠してるんですよ
ウシハルはすでに・・

コメント返信、

>>当リス借り 様

おいやめろ

(コメントありがとうございます!)

いつの間にかむんくろに載ってるんだな

こちらでコメントするのは始めてかな?

いつも面白い漫画紹介ありがとうございますm(_ _)m

正直この漫画雑誌では飛ばしてたし、単行本も絵で敬遠してたけど
ここの感想を読んで買ってみると非常にストライクでした。

やっぱ漫画は作画だけで判断するのはダメですね・・・

コメント返信

>>白崎社様
いつの間にかMOON CHRONICLEさんでも取り上げていただけました。
世の中何が起こるか分かりませんよホント・・・!
まぁ忘れ去られて荒野になっても更新します。


>>キャま様
おお、キャまさんコメントわざわざありがとうございます!
このブログがきっかけで読んでくれたのならそれは大変嬉しいことです。

自分も、理由もなくなんとなーく真面目には読んでない作品が、恥ずかしながらあります・・・。
絵の力は大きいもので、そこは残念ながらしょうがない気も・・・
しかしやはり、自分も本当に内容の良い作品を見つけていきたいものです。
んでまぁ、内容が良いと思った作品をたくさんブログに取り上げていきたいなと。
キャまさんの更新も、いつも楽しみにしています!

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。