FC2ブログ

正直どうでもいい

こんな名前ですが好きな漫画の感想をかくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]武士だからこその意地が己を変えていく! 『ムシブギョー』3巻

ムシブギョー 3 (少年サンデーコミックス)ムシブギョー 3 (少年サンデーコミックス)
(2011/01/18)
福田 宏

商品詳細を見る

   蟲奉行所 月島仁兵衛、推して参る!!!

サンデー超・クラブサンデーにて連載していた「ムシブギョー」もこれにて終了。
現在は週刊連載に格上げされ、少年サンデーにて「常住戦陣!!ムシブギョー」とタイトルを変えてリニューアル連載が始まっています。
この旧連載版は現連載版のプロトタイプ的ポジションになってしまいましたが、だとしてもやはり面白いものは面白い!
作品としては物語が完結しないまま連載終了してしまったことはやや残念ではありますが・・・週刊で仕切り直しという珍しい事態になったので仕方ないでしょう。
イレギュラーな展開に見舞われた「ムシブギョー」ですが、一応の総括がされる第3巻です。



この巻ではムシブギョー中最長シリーズとなった白榊編(全3話)がメイン。
仁兵衛が見せる「武士の意地」と、果てないほど遠くに感じる無涯への憧れが描かれました。
迫力あるアクションも良いのですが、特別強いわけではないけれど持ち前のド根性で常に戦場に立ち続ける、彼の心意気がカッコいいですよね、この作品。キャラの内面で魅せる漫画。
青臭いんだけど貫くことは非常に難しい理想を信条にして生きる武士・仁兵衛。
この作品はやはりこの主人公だからこそ面白いのだなぁと改めて感じました。
男の子らしい無手っぽさも、ブレない想いも、素直な性格も、痛快
しかし無涯は本当モテモテですね。男にもモテる男w

第13話は奉行所から出られないと言う謎の少女と仁兵衛が出会うお話。
20110126200024.jpg

手袋で守られた細くやわな少女の手。傷の付いた無骨な少年の手。
本来交わるはずのなかった2つの世界を象徴する描写ですが、なんとなしに少女の手を掴む仁兵衛にはニヤリとさせられますねぇ。いーい具合に空気が読めてなくて!
彼といるうちに些細ですが少女の表情にも変化が生まれていくのもグッと来るというもの!
そしてそんな少女の意外な正体とは一体・・・?
手渡された鈴、そしてお勤めである「御籠り」の意味など、詳細が気になるエピソードでしたが何も語られぬまま終了。現在連載中のリニューアル版でいつか語られることとなるでしょう。
個人的にも無表情っ娘は好みなので気になるキャラクターです。



そして最終話『Record of MUSHIBUGYO』は「ムシブギョー」の〆。
意図的にシチュエーションを第一話と似せることで、仁兵衛の成長を描いています。
似通った構図を使用していたのも狙っていたのでしょうね。
第一話と最終話で主人公の変化を明確にさせる演出です。
上京したてで右も左も分からず、自分が付いていながら蟲に手も足も出ず、守るべき人を攫われ、蟲奉行メンバーに救助されてしまった第一話仁兵衛。
けれど今は違う。

20110126200005.jpg

今度こそ、守り抜く。
多数の蟲を1人で切り捨てていく仁兵衛!たった一匹に後れを取った昔とは違うのです。
また蟲退治が終わってからも上手く一話との対比がされていました。
第一話序盤では江戸の住民たちに馬鹿にされ、話も聞いてもらえなかったかれですが・・・
それが今では新聞記事に掲載され、その活躍に湧き立つ大勢の住民たち!
仁兵衛は本当に江戸に迎え入れられたのだなぁと笑顔になれましたね・・・。
そしてそれに一役買ったのが新聞屋の娘、お園。
周囲の人間に女だから・子供だからと認められず、それを覆そうと奮闘する姿は、これもなんとなく初期の仁兵衛を思い起こさせます。そして彼女もまた、現在の陣兵衛と同じくどんどんと周囲から評価を得ていくようになります。仁兵衛の生き様が繋がっていったのでした。
このエピソードで「ムシブギョー」は終了。いい区切りだったと思います!
あとは週刊連載の方で。



以上、旧連載版「ムシブギョー」3巻でした。
物語の締めが難しい状況にあったこの作品ですが、その中でしっかりとこの作品らしさを見せつけてくれましたし、主人公の・仁兵衛の成長とその志の高さと気持ちよさ、そしてそれがどんどん人に伝わっていく様子等、上手くまとまっていたと思います。
しかしこれが掲載されたころは移籍の情報は出てなくて、本当に焦ったものです・・・。
すでに始まっている週刊連載の方がどれほどこの旧連載版に沿った内容となっていくかはまだ分かりませんが、今のところこの旧連載版をより膨らませたものとなっており、ほぼ筋書きは一緒なようです。少年サンデーでの連載を読んで気になった方は、こちらの旧連載版の単行本を買うと内容先取りが可能かも。
しかし週刊連載の方が凄く丁寧に物語を進めていっているので、そちらの進行が待つ方がいいような気も・・・?リニューアル連載というのはそこらへん旧連載版を勧めづらくて辛いです・・・。
どちらにしても大変面白い作品なのは変わりありませんが!
なお3巻の巻末オマケにはこの作品のメインヒロイン達の描き下ろし入浴漫画が。
お春ちゃんのおっぱいは素晴らしいものですが、火鉢ちゃんの身体のラインも実にナイス!

まっすぐで熱い展開とキャラクター。カッコ良いアクション。デカくて恐くて気持ち悪い敵。ザクザクした勢いの良いポップな作画。心地良い少年漫画イズムが詰まった作品だと思います。
少年サンデーに移ったことですし、この作品の発展がとても楽しみです。
堂々、常住戦陣。

『ムシブギョー』3巻 ・・・・・・・・・★★★★
「常住戦陣!!ムシブギョー」の前身作。爽快な漫画でした。週刊連載にも期待大!

≪ [本]19歳天才少年が女子高教師!“才能”を巡る学園ラブコメ 『やさしいセカイのつくりかた』1巻ホーム[本]ざわめく心。ダンスで味わう青春の苦味と感動! 『BUTTER!!!』2巻 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

楽園に花束を

プロフィール

漣

Author:漣
「さざなみ」と読みます。
漫画と邦ロックとゲーム。
好きなのは思春期とかラブコメとか終末。

連絡先。
omuraisu0317あっとyahoo.co.jp(あっと→@に)

ツイッター
ツイッターのログ

Twitter

基本毎日います。記事にしない漫画感想とかもたまにつぶやいてますので、宜しければどうぞ。

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

カウンター

カレンダー

月別アーカイブ

07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。